【生放送】OBS + PITACoreBox でのニコ生配信
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【生放送】OBS + PITACoreBox でのニコ生配信

2018-02-11 11:33



    ディスプレイ一つしかないので滅茶苦茶カツカツな放送時

    自枠で使ってるOBSとPITACoreBoxでニコ生配信を行う方法をざっくりと。
    何か変更があったら随時更新していきます。


    [使うもの]

    1.PITACoreBox
    2.VTF氏改変簡易インストール版OBS Studio
    3.棒読みちゃん


    [VTF版OBS Studioのインストールと設定]

    ページ最下部のDownloadバナーからダウンロードできます
    Zipファイルなのでとりあえず解凍して中のOBSStudio簡易インストーラを起動



    インストール先を指定しインストール
    完了するとデスクトップに起動用のショートカットが作られますので起動します



    デフォルトだとシーンのとこには何もない状態だと思います
    画面レイアウトもちょっと違うと思います
    とりあえずシーンの下の+を押してシーンを作成します
    シーンは画面の構成設定のようなものなので配信内容によって使い分けられます

    そして上メニューのプロファイルから新規でプロファイルを作成します
    こちらは主にビットレートや配信サイト等の設定でこちらも使い分けが可能です

    上記が完了したら上メニューのファイル>設定から設定を開きます



    配信種別をニコニコ生放送にします(VTF版は最初からプラグインが同梱されています)
    3つありますが特に気にせずに一つ入力して下さい(一番上推奨)
    また、映像ビットレートを自動調節のチェックを外します
    自動で配信開始と枠移動を行うのチェックは任意で(起動時にそのまま開始するかどうかの違い)

    セッション取得方法は

    ・メールとパスワードでログイン
    ・ブラウザから読み込み

    の2つが簡単だと思うのでどちらかを選びます
    入力、もしくはブラウザの指定が終わったら確認ボタンを押します
    成功と出たら下の適用を押します

    出力に移ります



    出力モードを詳細にしてエンコーダはx264
    ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用するにチェック
    出力をリスケールのチェックを外します

    ビットレートは音声タブで設定したビットレートと合わせて2000を超えないように設定します
    1000前後か1500前後、回線が弱い場合はそれ以下と環境に合わせて設定して下さい

    レート制御はCBR、VBRのどっちでも多分大丈夫だと思います(よく色々な解説サイトで見るのはCBRの方)
    CBR時のバッファサイズはビットレートと同様か二倍が妥当
    プリセットは medium もしくは slow にします(ここは負荷と相談で slowのほうが大 )
    可変フレームレートはチェックを外します
    プリセットはffmpeg向けの設定ファイルが使用できます
    ffmpeg プリセットで調べると色々と出てくるので使いたい場合は探してみてください

    以前は画質を良くしたいのなら必須でしたが、
    新配信になってからはビットレートが盛れるようになったので使用しなくても特に問題ないと思います。




    トラック1だけ設定しておけばOKです
    64~128あたりが良いと思います
    映像ビットレートと合わせて2000を超えないように注意

    終わったら適用を押して音声へ



    サンプリングレートは44.1khz チャンネルはステレオ、モノラルのどちらでも
    (ステレオの場合は実際の音声ビットレートが設定の二倍になるので2000超えそうな場合は見直します)

    デスクトップ音声デバイスは2つ
    マイク音声デバイスは3つまで設定できます
    使用するデバイスを割り当てます

    適用を押して映像へ



    キャンパス解像度は1920×1080もしくは1280×720
    出力解像度は▼を押さずにクリックして直接800x450と入力します

    終わったら適用を押してOKを押します
    ひとまずこれで基本設定完了です

    設定を閉じたら




    使用するサウンドデバイスの歯車マークを押して
    プロパティを選択します。
    デバイスのタイムスタンプを使用のチェックを外します(音ズレ防止)

    また、下のツマミを弄ると音量を下げることができます
    緑のメータを見ながらバランスを整えてください

    次にソースの下の+を押してソースを追加します



    範囲指定キャプチャ、ウィンドウキャプチャ、ゲームキャプチャのいずれかを選択
    OBSのウィンドウキャプチャはウィンドウ内部だけを取り込める上、
    ウィンドウの上に別のウィンドウが重なっていても指定ウィンドウだけを表示し続けます

    ただし chrome系ブラウザ と Microsoft Edge はハードウェアアクセラレーションを有効にしているとキャプチャできません(真っ黒になります)
    chrome系ブラウザの場合の対処はこちら
    Edgeは面倒なので別のブラウザを使用するか範囲指定キャプチャの使用を推奨

    とりあえずウィンドウキャプチャを例にして説明します



    ウィンドウキャプチャでfirefoxを取り込むとこんな感じになります
    ソースを右クリックすると色々なメニューが出てきます

    名前を変更でソース自体の名前を変更
    変換で大まかなサイズの変更等を行えます

    またプレビュー画面上の赤丸をドラッグすることで直感的に変形させることができます



    Altキーを押しながら赤丸を引っ張るとトリミングが行なえます
    緑の線になっている部分がトリミングされているところです
    また、ソース名の目のアイコンはソースの表示と非表示の切り替え
    その横の鍵のアイコンで変形のロックを行えます
    (色々追加しすぎて別のソースを誤ってクリックしちゃうような時に使います)

    終わったら後は任意でその他色々なソースを追加して画面を作っていきます
    HTML5コメジェネを使用する場合は 製作者さんの解説ページ(※) を参照
    (※コメジェネの設定が終わっている場合は手順8まで飛ばす)




    放送に使う画面ができたらとりあえず一旦OBSを終了させます


    [PITA Coreboxの設定から配信まで]

    起動するとログイン画面が出てきます
    次回以降は基本自動ログインとなるので初回のみです






    成功すると右上のテレビマークが点灯し自分の名前が表示されます
    設定を行います



    配信常駐機能 > 外部エンコーダ > OBS Studio にチェック
    コメジェネを使用する人は外部連携のコメントジェネレーターにチェックを入れます






    インストールしたobs64.exeを指定します
    コメジェネを使う場合は配信常駐機能 > コメントジェネレーター でhtmlコメントジェネレーターの場所を指定します

    棒読みちゃんは起動していたら自動でPITAcore側が検知するので設定する必要はありません
    枠を取ってみます



    枠取り構成の横の+を押します
    項目名(枠取り設定名)であって放送タイトルじゃないので注意


    枠取りの設定を入力します
    番組説明は改行タグを入れる必要はなく、そのまま入力した通りに反映されます
    設定が終わったら閉じます

    尚一番上の配信中の番組情報を更新するボタンを押すと、
    配信中の自枠の設定が入力した内容に変更されます

    予約枠を作成したい場合は



    ここをクリックすると選択した項目名の入力が最初から入力された状態で、別ウィンドウで枠取りページが開かれます

    とりあえず枠を取ってみます



    枠取りボタンをクリックします
    隣のドアのようなアイコンは自動延長/自動枠取りの有効と無効を切り替えます
    有効にすると終了5分前に30分自動で延長します 任意で切り替えてください

    エンコーダーパスの指定が間違っていなければOBSが自動で起動します



    配信が正常に行われていればOBSの右下に緑色のメータ(ビットレート表示)が出ます
    もし失敗する場合はOBSの配信を停止してOBSのニコニコの設定を見直して下さい




    リスナー視点で確認したい場合は左下のプレーヤーから映すことができます



    棒読みちゃんの有効やコテハン自動登録はここから
    ただし、あくまでコテハンはPITAcore側への反映だけでありコメントジェネレーター等に反映させる場合は@つけての登録が必要です




    コメントビューワー側でユーザーを右クリックするとNG登録や色等の設定と、
    URLコメント等のコピーを行うことができます
    コメント内にURLが含まれている場合、既定に設定されてるブラウザでURLを開くことができます

    最低限の事はこれで以上です お疲れ様でした






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。