うつ病の薬が変わりました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うつ病の薬が変わりました。

2019-03-08 18:44

    箇条書きにします。変わったところを赤色にしました。


    ・ゾルピデム酒石酸塩錠10mg 寝る前に1錠


    ・パキシルCR錠25mg 寝る前に2錠


    ・バルプロ酸Na徐放B錠200mg 寝る前に1錠


    ・トリプタノール錠10mg 1日2回朝夕2錠ずつが1日朝飯後3錠、夕食後2錠に変わりました。


    ・クロチアゼパム錠5mg 1日2回朝夕1錠ずつ


    ・レクサプロ錠10mg 夕食後1錠が0錠になり消滅。


    次が精神科以外の薬で


    ・エピナスチン塩酸塩錠20mg 寝る前に1錠(蕁麻疹の薬)


    ・酸化マグネシウム錠330mg 朝夕1錠ずつ(便秘薬)


    ・レバミピド錠100mg 夕食後1錠(レクサプロ錠10mgの服用後の胸焼けを防ぐ薬。つまり0錠になったのでいらない。)


    最後にドライアイと眼精疲労の目薬


    ・ジクアス点眼液3%


    ・ビタコバール点眼液0.02%


    ・ヒアレイン点眼液0.3%


    以上。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。