JTのタバコのショートピースとチェ・シャグの手巻きタバコのg単価計算してみた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

JTのタバコのショートピースとチェ・シャグの手巻きタバコのg単価計算してみた。

2019-03-12 19:16

    JTのサイトに成分表が記載されています。

    https://www.jti.co.jp/tobacco/responsibilities/guidelines/additive/brand/index.html

    これを見るとわかるんですが、


    ショートピース
    1本あたり0.9867g、つまり1gあたり25.3369819円。

    チェ シャグ
    ペーパーが50枚付属されているのでペーパー代は除くとして、
    25g入りで580円。つまり1gあたり23.2円。
    ショートピースの1本の0.9867gをチェで詰めて作った場合、1本あたり22.89144円。
    そこにピュア レギュラーメンソールフィルターを使うとすると、200個入りで380円。
    200本作ったとして、チェが1本あたり0.9867gで1本あたり22.89144円。
    4578.288円。
    ショートピースは1本あたり25円なので200本で5000円。

    5000円ー4578円=422円チェ・シャグのほうがお得という事になった。


    ちなみに、手巻きタバコの場合は、ショートピース1本分の0.9867gという量を使いません。


    普通にレギュラーフィルターで巻いた場合、およそ0.5g程度しかシャグを使いません。


    んで俺はスリムフィルターで巻いているので更に量が少なく、およそ0.3gしか使わないのです。


    つまり、上記の計算以上にチェ・シャグはコスパに優れていると考えられます。


    で、ここからはJTのサイトhttps://www.jti.co.jp/tobacco/responsibilities/guidelines/additive/brand/index.htmlで調べた内容をキャプチャしたものとなります。

    ただ、2018年1月1日現在のものであるため、アメスピオーガニックミントが発売される前の為、存在しません。(追記:JTにこの件を問い合わせたところ、2019年の5月下旬に追加されるそうです)

    ちなみにこの記事を書いたのが2019年3月12日です。1年以上前の情報なのですが、上記のサイトが最新かどうかは分かりませんのでご注意を。あと、俺が気になったタバコのみキャプチャしたので、それ以外はご自分で上記のサイトでお調べください。この記事はあくまでも保存用ですので順番がめちゃくちゃになってますがご了承ください。




    バイオレット(沖縄限定)

     


     峰(みね)(免税店限定)

     

          

    ウルマ(うるま)(沖縄限定)   

    ゴールデンバット   

    ナチュラルアメリカンスピリットウルトラライト   

    ナチュラルアメリカンスピリットオーガニックリーフワン

    ナチュラルアメリカンスピリットメンソールライト

    ピースリトルシガー

    ホープ(10本入り)

    ナチュラルアメリカンスピリットペリックボックス

    ナチュラルアメリカンスピリットペリックブレンド(手巻きタバコ用シャグ)

    しんせい

    エコー

    ハイライトメンソール

    わかば

    アンバーリーフ25g(手巻きタバコ用シャグ)



    ロングピース(20本入り)


    ナチュラルアメリカンスピリットターコイズ


    缶ピース(50本入り)

    ハイライト



    ナチュラルアメリカンスピリットオーガニックブレンドターコイズ(手巻きタバコ用シャグ)


    ナチュラルアメリカンスピリットオリジナルブレンド(手巻きタバコ用シャグ)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。