• トーリ、自分の誕生日祝に“猫の島”へ行くの事

    2017-09-15 22:132
    2017.09.14(木)
    この日誕生日になんとか休みを取った自分は自分への誕生日祝いに宮城県の石巻市へ車を走らせました

    目的地は猫の島田代島への定期便が出ている網地島ライン

    AM9:00ジャスト、田代島仁斗田港に向かって出港!

    船で揺られること42分、無事猫の島“田代島”に到着しました~

    トーリ、仁斗田港に降り立つ


    現在津波に寄る被害の為、船は仁斗田港にのみ停泊します
    そこで早速第一島猫発見~ぬこ(*´Д`)ハァハァ




    仁斗田港に隣接するちょっとした広場にて猫達を発見
    ぬこ可愛いよぬこ(*´ω`*)








    さて帰りの船が出るのは14:12
    それまでの4時間半、ほぼ何も無い島で猫達と戯れるだけで無事過ごす事が出来るでしょうか?(; ・`ω・´)
    まずは看板に従って島の駅“にゃんこ共和国”へ向かってみましょうかねぇ
    しかしどうした事でしょう
    起伏の激しい坂道、そして暑い日差し、汗だくになりながらたどり付いたのは猫神社でした(ぇ
    どうやら自分は下の図の赤い矢印の様に逆方向から回り込んでしまった様です(;´д`)トホホ

    ※上に長く延びている2本のラインはフェリーの移動によるラインですので気にしないでください

    ここが猫神社、とても小じんまりとした神社でした

    取り敢えず参拝参拝


    猫神社ではこの三匹が出迎えてくれましたが撫でようとするとサッと距離を取られて(´・ω・`)ショボーン


    参拝を済ませ一路“にゃんこ共和国”
    今ではここは道の駅ならぬ島の駅になっており軽食が可能
    おみやげコーナーや貴重な自販機もありますよ
    勿論自分で持ち込んだ食事をここでとっても問題ありません

    この島にはコンビニは当然ながらちょっとした売店なんてのもありませんので、自分は予め持参したパンとカロリーメイトをここで食べました(ただしゴミは極力自分で持ち帰る事!
    ついでにトートバックとタオルをお土産として購入
    尚この店に入ると看板猫がお出迎えしてくれますが、この日は暑かったのでこの帽子は猫には邪魔だったのでは?w


    看板猫「この帽子暑いにゃ~」
    店長に撮影許可を頂きました、まぁ猫の島なんで断られる事はないでしょう(*´ω`*)


    にゃんこ共和国内、食事コーナーやお土産コーナーがあります
    画面奥に飾ってある田代島と表記されているタオルを買いました( ・`ω・´)
    他にオレンジジュースを頼みましたがはジャスミン茶もメニューにありました
    ソレ以外が飲みたい人は自販機ですね

    エアコンも利いており、暑い中徒歩でここまで来た自分にはオアシスでした
    ゆっくり休みませていただきました、ありがとうにゃんこ共和国


    店長に聞くとここから仁斗田港へはずっと下り坂ですよと聞かされホッと一安心

    てな訳で猫が多いという仁斗田の集落に向かいます
    道端で出会う猫は片っ端から撮影しましたが“触られるのを嫌がる猫”も結構います
    ギリギリ近づいて撮影はOKでもいざ撫でようと手を伸ばすとさっと逃げる猫も結構います

    なかには一匹「キシャー」と怒った猫も居ました(´・ω・`)ショボーン
    ↓逃げない子

    ↓逃げた子達


    仁斗田に近づくとマンガアイランドの標識発見
    名前で勘違いしがちですが漫画喫茶ではありません、予約必須の宿泊用のロッジです


    猫天国キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    ここに居た猫は全部モフモフしました(*´Д`)ハァハァ
    この日は暑かったんでみんな日陰でグデーっとなってましたな

    おっぱい飲んでる子猫もいましたカワ(・∀・)イイ!!

    背後に映っている人たちは全員外人でした(英語で会話してました)
    中国か台湾の観光客も居ましたし小さい島なのに大人気ですな

    おっぱいちゅぱちゅぱ

    すやすや

    暑い~

    ビローン

    日陰が涼しいにゃあ

    暑いけどカリカリを食べて夏バテ防止

    ( ˘ω˘)スヤァ


    マンガイアランドのロッジ、漫画家がデザインした建物です
    ここに居た猫は全部モフモフ出来きました!

    まぁみんな暑くてグデーンビローンとなってて無抵抗でしたけどねw


    続いて向かうのは島唯一の商店と言われる阿部ツ商店
    ですがここは既に営業していない…と思われます
    そして阿部ツ商店に向かうまでに出会った猫達、全員撫でさせてくれませんでした(´;ω;`)ブワッ




    阿部ツ商店に到着、すっかり放置されて動かない錆だらけのタバコ自販機がポツーン
    以前はこの隣にジュースの自販機があった様ですが今はありません
    もしかしたらにゃんこ共和国にあったのがソレなのかな~とか思ってみたり

    そしてここで出迎えてくれたぬこ、ごろにゃ~んとだみ声で近づいてきました
    勿論もふもふ!

    阿部ツ猫「さぁモフりたまえ」


    阿部ツ商店前の猫とお別れし仁斗田港へ向かいつつ道で出会う猫は撮りつつ歩いていくと…

    田代の小さな歴史館&クロネコ堂…とな!?
    田代島ガイドには載っていないけど入ってみますか!

    このクロネコ堂、中には昔の漁業が盛んな頃の島の人達の古い写真が結構の数展示されてました

    撮影禁止という張り紙がありましたので写真は外観のみです(撮影禁止なのは資料の写真がある為と思われ
    店内ではちょっとした食事がとれます、猫カレーライスやカップラーメン等の軽食、お土産品もいくつか

    「氷」の幕の通りかき氷も食べられます
    持参していたペットボトルの水も飲み尽くしていたのでここで自分は“瓶ラムネ”を一本購入
    「蓋を開ける時だけは店外でお願いします~」とお姉さん
    一度店の外に出てラネムの蓋をプシュー!
    美味い、暑い日に汗をいっぱいかいた後のラムネは美味かった…!
    にゃんこ共和国に続いてここでもしばしまったりさせて戴きました
    ふと時計を見ると13:00、帰りの船が出るまであと1時間12分となってました


    さぁ後は仁斗田港に向かう迄のこの辺の集落にて、猫も多いとの事で撮りまくるぞ~!
    白黒系統の多い田代島の猫達の中で、この子は珍しい毛並みでした

    多分出会った中で1、2を争う美猫(まるで飼い猫
    モフりました(*´ω`*)

    ( ˘ω˘)スヤァ

    島で出会った初めての茶トラ

    猫「あー…好きなだけモフれ…グゥグゥ」

    日陰は寝やすい

    |д゚)チラッ
    「おいカメラかぶってる!」

    俺も写りたかったんだよぉ

    ペロッ

    流石集落、人が多い所は猫も多い


    美猫その2


    ブサイク君w

    ここからは仁斗田港に付くまでに出会った猫達を御覧ください






    猫と戯れる以外どうやって時間を過ごそうかと思っていた田代島での散策ですが、気がつけば船が出る約50分前に仁斗田港に到着
    後はこの港に居る猫達と船が着くのをまったりと待ちました(*´ω`*)






    フェリーが港に付く前に、先に来たのは震災でダメージを受けた港を補修する為に来たダンプを乗せた“艀(はしけ)”でした
    まだまだダメージ残っているんですよね(´'ω'`)
    工事の皆さん頑張って




    そして仁斗田港に石巻行きのフェリーが入港しました
    思い返せばあっという間の4時間半
    さらば田代島の猫達よ、こんな自分の誕生日もいいよね



    普段の一ヶ月分のウォーキングをした気がします、自分にお疲れ様!

  • 広告
  • ニコ生車載枠用のSE一覧

    2016-03-31 09:27
    平成28年2月27日(土)にスマホを購入し、ついに車載枠を始める様になりました
    その際に使えるSE一覧は以下の通りです、今後少しずつ増やしていく…予定(; ・`ω・´)

    PCからの放送と違い 再生(SEのタイトル) ←この様な再生コマンドを使用しますのでお間違いの無いように(`・ω・´)ノ

    SE一覧(50音順)
    1. 再生(DTK)
    2. 再生(TK)
    3. 再生(こっちに曲がるんだぞ)
    4. 再生(だめだ)
    5. 再生(はやくいけ)
    6. 再生(もはやコレまでか)
    7. 再生(わんこそばが)
    8. 再生(イッキ飲み)
    9. 再生(インドーリ)
    10. 再生(オーノー)
    11. 再生(カー)
    12. 生(ゴキゲン)
    13. 再生(シポン)
    14. 再生(スキャットマン)
    15. 再生(チーン)
    16. 再生(チャルメラ)
    17. 再生(トーリ)
    18. 再生(はおう)
    19. 再生(はははふーん1)
    20. 再生(はははふーん2)
    21. 再生(パイレンジャー)
    22. 再生(バニラ1)
    23. 再生(バニラ2)
    24. 再生(パピコ)
    25. 再生(ベイダー卿)
    26. 再生(レロレロレロレロ)
    27. 再生(一関付近まで進軍すべき)
    28. 再生(上げ下げ)
    29. 再生(偽岩手県に入りました)
    30. 再生(偽鳩トーリ)
    31. 再生(前沢町)
    32. 再生(助けてくれー!)
    33. 再生(北斗危機触発)
    34. 再生(厳美渓)
    35. 再生(団子が飛んで来るらしい)
    36. 再生(大笑)
    37. 再生(大都会)
    38. 再生(大魔界村)
    39. 再生(安全第一)
    40. 再生(怪しい建物)
    41. 再生(早いよ!)
    42. 再生(深海魚ですよ)
    43. 再生(盛岡の機関銃)
    44. 再生(雪の進軍)
    45. 再生(知らんな)
    46. 再生(空飛ぶ団子かっこう団子)
    47. 再生(笑)
    48. 再生(笑っちゃ可哀想だろ)
    49. 再生(罠に飛び込む)
    50. 再生(腹が減った)
    51. 再生(自作自演である)
    52. 再生(開けろ1)
    53. 再生(開けろ2)
    54. 再生(開けろ3)
    55. 再生(葛巻ワイン)
    56. 再生(葛巻高原牧場)
    57. 再生(高橋保自動車)
    58. 再生(鳩1)
    59. 再生(鳩2)
    60. 再生(鳩L)

  • トーリ、ふくろうカフェで癒されるの事

    2015-09-07 17:306

    平成27年9月7日(月)
    先月末に開店したばかりのふくろうカフェに行ってきました(`・ω・´)ノ



    月曜日の昼過ぎ14時ちょいと前にもかかわらず店の外に二人待ち状態
    それでも然程待たされずに入店出来ました

    中に入ると4羽がお出迎え( ・`ω・´)
    店員さんの説明で写真撮影はOK!

    ただしフラッシュは厳禁ですのでお気をつけて


    この4羽はケースの中に入っておりお触りは出来ません
    上の2羽の名前もしっかり記憶しておくんだったと後悔
    うろ覚えですが左上はオオフクロウだったかな?
    左下はメンフクロウ
    右下のもっこもこのシロフクロウ以外はおねむ状態でありました

    料金は一時間で大人1000円(税別)でドリンクが1つサービス

    30分毎に追加料金発生、更にドリンクや軽食を追加で頼むと別途料金
    だがしかし、飲み物や食べ物に関わって居る暇なんぞありません
    この店の醍醐味はふれあいコーナーでありますからして(∀`*ゞ)エヘヘ

    店内の奥、ふれあいコーナーに入る前には必ず手を洗います、これ重要ネ!
    ちゃんと液体石鹸も常備されています
    さぁ準備が出来たらふれあいコーナーへの扉を開けませう(`・ω・´)


    ベンガルワシミミズク「おう、よう来たな、まぁゆっくりしてけ」
    あ、はい、ゆっくりしていきます(∀`*ゞ)エヘヘ
    …と言うわけで!

    この日、一緒に連れて行った母親と1枚パシャリ
    母親ご満悦でした、連れて行って良かった(`・ω・´)ウム!



    メンフクロウ「好きなだけモフっていいのよ?」
    はい解りましたっ! もふもふなでなで(*´ω`*)


    アカアシモリフクロウ「別に足が赤くないけどアカアシなんやd…ぐぅぐぅ」
    あ、お休みなさい
    しかしこのあと滅茶苦茶モフモフした



    ナンベイヒナフクロウ、一番活発に動いてました
    自分の人差し指をこの爪でがっちりホールドされて嘴でかぷかぷされました
    痛くはないです、甘咬みって感じでしたカワ(・∀・)イイ!!



    インドオオコノハズクです
    写真じゃ解りませんがここに居る中で一番ちっさいです、手のひらサイズです
    まるでふくろうのおもちゃなのかと思うくらい微動だにしていませんでしたが撫でるとカワ(・∀・)イイ!!
    眉間の当たりをもふもふすると気持ちよさそうに目を閉じていました


    ベンガルワシミミズク「ん、何?なんか用なの?」
    もう一羽のワシミミズク君、隠れていたのでちょっと出てきてもらいまして…


    母親の左腕に鷹匠宜しく腕乗せ体験してもらいました

    自分もやりたかったのですが、このミミズク君イヤイヤしながら中々母の腕に乗ってくれなかったので「これ以上ストレスを与えたくないなぁ」と思い、今回は自分は遠慮しました
    因みにこの場にいるスタッフに頼めば、どの子でも腕に乗せて貰えます
    ちなみにこの子、見た目は大人の猫一匹分くらいの大きさなのですが、スタッフに聞くと体重が約900㌘だそうです
    以前我が家で飼っていた猫がこのくらいの大きさで約3㌔弱でしたから相当軽いですな
    でもまあ鳥なんだから重かったら飛ぶのが大変なのだから当たり前っちゃ当たり前なんですなぁ



    トーリ「腕乗せ我慢した分、モフモフさせて下さい」

    ベンガルワシミミズク「まぁ、しゃーないな」
    次行く機会があったら今度こそ腕乗せじゃーい!


    後ろに名札が見えますが、この子は最初に出迎えてくれたベンガルワシミミズクグレート

    母が腕に乗せたのとは別の子です
    グレート「ゆっくり出来たか?じゃあ、また来いや」
    ゆっくりまったり(∀`*ゞ)エヘヘ出来ましたよ、ホント

    …と言う訳であっと言う間の60分、すっかり和んで癒やされました

    近くにフクロウカフェがあるって方は是非行ってみて下され(`・ω・´)ウム!