ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ポケットモンスターシリーズ6世代7作RTA 24:24:09 レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケットモンスターシリーズ6世代7作RTA 24:24:09 レポート

2017-03-20 22:59

    3/19の11時ごろから、サファイア~Xまでの全7作品をぶっ続けで行いました。

    達成当時のニコ生記録です。当初の目標が24時間半を切ることだったので、ある程度満足しています。ということで、各作品のプレイ状況についてレポートにまとめていきたいと思います。

    感想
    やってみた率直な感想ですが、「ただただ長かった」その一言に尽きます。栄養補給を各作品ごとに行っていたためか眠くなることはなく、最後まで意識だけははっきりとした状態でプレイできたのですが、疲労は着実に蓄積しており、後半は思考・判断能力の低下、軽度の体調不良などに悩まされることになりました。正直XY辺りになると、早く終わってくれることだけを切に願っていたように思います。放送しているときにも言いましたが、少なくとも当分こういった企画はやらないと思います。(一応誤解のないように言っておくと、達成感はあるし、時間設定の最適化など、普段考えないような要素もあって面白かったです。)

    各作品のプレイタイムと状況
    以下では、作品ごとのプレイタイム(ROM交換、時間設定などのインターバル含む)、プレイ状況などについて記述していきます

    RS タイム2:25:52(目標-4:08)
    ミズゴロウ+カイオーガ 秘密瞑想電撃波チャート(後トウキ)

    最初の作品ということもあり、元気な状態でプレイできていたように思う。
    ミズゴロウはレベル5時点でA13C10S10、レベル6時点でA15あり、カイオーガは控えめCS高個体と共にいい個体を引き、乙やリセ(厳選時は除く)をすることなく通しきれたのが大きかった。マッドショットを5,6回外したり、無駄トレに3,4人当たったりはしたものの、目標より早かったうえに自己べまで更新した。GBA作品の通し回数はそれほど多くないのを考えるとできすぎた結果だった。

    FRLG タイム2:33:52(目標+3:52) ゼニガメ身代わり先マチスラプラスありチャート
    3,4回のリセの末、無邪気A9C11S9の個体を引く。序盤はかなりスムーズに進めることができたのだが、マチスで個体の低さが災いして、ライチュウが水の波動+メガトンキック、水の波動+激流水の波動を両方耐えてくる上にオボン込みでソニックブーム+電撃波2回を耐えられない状況に陥ったため、数回のリセットを強いられる。さらにイワヤマトンネルのフシギダネ相手にはっぱカッター急所をくらい、なおかつかみつく2耐えされたのが原因でハナダまで戻される。その他低個体ゆえの軽微なロスがかさみ、目標タイムよりも遅れてしまった。

    DP タイム4:31:49(目標+16:49) パール 猿パルキアチャート
    戦犯区間その1。一発目でせっかち個体を引いたので採用したのだが、A11C10(S13)ということでかなり弱く、乱数の所でことごとく耐えられる(ある程度なら想定範囲)。
    また、操作ミスによって草結びをビッパに覚えさせてしまい、仕方なく怪力を採用、トバリ前ギャラドス、マキシなどに苦戦しながらも強引に突破した。
    以降所々でB下降や有効急所が原因で乙ったりしながらもなんとか進めたのだが、
    アカギ直前(リセしたらマーズジュピターのダブルからやり直し)で岩雪崩の覚えさせ忘れに気づく。リセを渋って特攻したところ、B下降低個体のせいかドンカラスのドリルくちばし一撃で落とされたり、ギャラドスに対して大文字を3連で外したりと大苦戦。ギャラドスがギガインパクトを連発してくれたおかげで奇跡的に勝てはしたものの、元気のかけらを使い切ってしまった。
    パルキアは個体値高めだったこともあり、ほとんどロスすることなく突破できた。
    この区間で何度となくリタイアを考えた。

    HGSS タイム3:02:50(目標-7:10) ソウルシルバー ひきゃくチャート
    ヒノアラシは1リセで性格おとなしい、A10C12S12の高個体を引く。
    Aは低めだったが乱数耐えされることはなく、ヒノアラシ区間ではキズぐすり不足に悩まされはしたものの、ハヤトとツクシ以外に苦戦することはなかった(ハヤトはこちらの傷薬が切れるまで粘られ、ツクシは一リセ)。
    ひきゃくチャートのため、コガネ以降はひきゃくを使用したのだが、それ以降はほぼチャート通りに進み、操作ミスで数回無駄トレにあたった以外に大きなロスはなかったため、かなり速いタイムが出た。

    BW タイム3:43:56(目標-6:04) ブラック ポカブチャート
    ポカブは1リセで意地っ張りA13S10という高個体。S個体値も高めで、四天王のコジョンドやシンボラーに先手を取ることができた。C下降低個体によって序盤の火の粉の確定数が少しずれはしたものの、個体に困ることはほぼなかった。
    ケンホロウ相手にエアスラ急所+怯みを引いたり、ラストNでゼクロムにレシラムを乙らされてからのアバゴーラの滝登り急所乙などを引いたものの、リセにつながるような箇所(コーン、アロエ、カミツレ、ヤーコン、チェレン)はすべて一発突破しており、なおかつ無駄トレにあたらなかったのでかなりスムーズに進めることができた。
    結果好タイムで走り切ることができ、この時点でダイパでできた借金が4分弱にまで縮小され、目標の24時間半が見えてきた。

    BW2 タイム3:49:58(目標-10:02) ホワイト2 ポカブ単騎チャート
    このゲームは経験が浅い上に難易度高めということもあり、乱数調整を使用。タイマーズレによって2回リセットを挟んだものの理想個体のポカブを入手する。
    以降リバースマウンテンのダブルバトル、ホワイトキュレム、レンブのローブシンなどに苦戦はしたものの、リセすることなく走り切ることができた。
    結果としてこの区間は目標よりも10分以上早いタイムとなり、ここまでの6作品全体で見ても目標タイムを下回ることができた。

    XY タイム4:15:32(目標+0:32) X 
    しあわせタマゴカモネギルチャブルルカリオチャート(ローキック穴を掘る採用)
    タイムだけ見ると大きなロスはしていないように思えるが、それはホルビー(カモネギ交換用)とルチャブル(しかもAS高個体)をともに3ツモ以内で捕獲するという豪運があったからで、実際はかなり大きなミスをした戦犯区間その2である。
    時間設定を間違えて1時間遅くしてしまった結果、ハートスイーツが1個しかもらえず、マッサージも1度しか受けられなかった。とりあえずフクジまで進めてからしあわせタマゴを貰えるかどうか試してみたが案の定もらえず、仕方なく近くのトレーナーを倒して経験値を稼ぐことに。結局10分以上格闘した末にルチャブルを36レベル(通常+2レベル)まで上げてなんとかしあわせタマゴを貰って進めた。
    戦闘面ではフロストケイブのヘルガーに波動弾を耐えられたり(1/16)、回復を忘れてドクロッグの泥爆弾+不意打ちを食らったりして乙ったりしたものの、総合的にはかなりスムーズだった。
    また、チャンピオンロード直前でダブルバトルのトレーナー(無駄トレ)にあたり、PPの関係でインファイトを撃たなかった結果かなり苦戦した。今思えばリーグ前のポケセン回復でPPを補うことにしてPPエイドを使用し、インファイトを撃った方がよかった。
    正直ホルビー・ルチャブルのツモが早くなかったらやめていた可能性すらある。

    総評
    やはり自己べも速く、得意意識のあるDP、XYで思うようにタイムが出なかったのが悔やまれる。HGSS、BW、BW2がかなりスムーズだったのに救われて、なんとか目標の24時間半切りは達成したが、DP、XYのミスがなければ24時間を切ることも可能だったので、キリよく24時間を切って終わりたかったというのが本音である。


    体調変化について
    24時間も続けてゲームをすると体調に支障をきたすようで、XY直前に朝食をとっていた時に顎に痛みが生じ、食事のせいかXY序盤は軽い腹痛に悩まされた。
    また、XYのドクロッグ乙やダブルバトルのプレミなどに表れているように思考・判断力が低下しており、XYプレイ時はほぼ常時ぼーっとしているような感覚だった。
    また、ヒャッコクジムの仕掛けで足場の色の緑と青の区別がつかず、半ば道に迷いかけたりもしたので、目にも負担がかかっていたということに初めて気づいた。
    長時間ゲームをプレイするときは目を休めるようにしよう!(当たり前)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。