NAMAROIDの使い方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NAMAROIDの使い方

2016-01-13 18:36
  • 166
※「Early Access 3」バージョンの内容です。

ダウンロードしたファイルを解凍してください。


この中の「NAMAROID.exe」が本体です。
その他の実行ファイルについてはおまけのページを参照してください。

メインウインドウ

NAMAROIDを起動するとこのウインドウが表示されます。

①マイクの選択
 音声認識に使用するマイクを選択してください。
②マイクの音量ゲージ
 ①で選択したマイクの音量が、
 ⑤の開始ボタンを押して音声認識状態にすると表示されます。
 通常は緑色で表示されますが音量が高すぎると赤色で表示されます。
 話す度に赤色になるようならマイクの音量を調節してください。
 たまに赤くなる程度なら問題ありません。
③音声認識された文字
 音声認識された文字が表示されます。
④話者ボタン
 各ボタンに話者(SofTalkやVOICEROID)を設定し、音声認識された文字を発音させます。
 各ソフトウェアが起動していないとボタンが赤く表示され、使用できない事を表します。
 使用可能な状況でボタンを押すと緑色になります。
 もう一度ボタンを押すと青色になり、ミュート状態になります。
 この状態だと音声認識されても無視されます。
 Shiftキーを押しながらボタンを押すと複数選択できます。
 ただし、ボタンに設定した話者が同一の場合は複数選択できません。
 ボタンはショートカットで押すこともできます。
 「Ctrl+Alt+キーボード上部の1~6」または「Ctrl+テンキーの1~6」で通常選択。
 「Ctrl+Alt+Shift+キーボード上部の1~6」で複数選択。
⑤開始ボタン
 このボタンを押すと音声認識を開始します。
 NAMAROIDを起動してから始めてこのボタンを押すと、音声認識を受け付けるまで多少時間がかかります。
 PCの負荷が高いと自動停止します。
⑥停止ボタン
 このボタンを押すと音声認識を停止します。
⑦Ctrl+Enterで発音するモード
 ここをチェックすると音声認識してからCtrl+Enterを押すまで発音しなくなります。

音声認識までの流れ
  1. ①で使用するマイクを選択
  2. ④で使用する声(SofTalk、VOICEROIDなど)を設定して起動しておく
  3. ⑤の開始ボタンを押す
  4. ④で設定したボタンを押して緑色にする
  5. マイクに向かってしゃべる

ボタンの設定メニュー

各ボタンの上で右クリックすると、ボタン設定メニューが表示されます。

設定
 ボタン設定ウインドウが開きます。
 SofTalkやVOICEROIDなど、話させる対象の設定をします。
字幕設定
 字幕設定ウインドウが開きます。
 画面に表示する字幕のフォント、大きさ、色、表示位置などを設定します。
画像設定
 画像設定ウインドウが開きます。
 画面に表示する画像を選択します。
フィルター
 フィルター設定ウインドウが開きます。
 音声認識された文字を特定の文字に置き換える設定をします。
ファイル再生
 ファイル再生設定ウインドウが開きます。
 特定のキーワードが音声認識されると、mp3などのオーディオファイルが再生される設定をします。

ボタン設定


①話者選択タブ
 発音させる対象を設定するタブを選択します。
 SofTalkを使用したい場合はSofTalkのタブで各種設定し、⑨の選択ボタンを押すことで設定が完了します。
 VOICEROID、kyokoの場合も同様です。
 対応VOICEROIDはEX版のみ(琴葉 茜・葵 以外)です。
 kyokoとはIntel® Perceptual Computing SDKでインストールした日本語の音声合成エンジンです。
②名前入力ボックス
 メインウインドウのボタンに表示される文字を入力します。
③話者選択ボックス
 SofTalkの場合は、女性01、女性02など。
 VOICEROIDの場合は、弦巻マキ、結月ゆかりなど。
 使用したい話者を選択してください。
④SofTalk直接指定
 SAPISpeech Platformの音声合成エンジンを指定します。
 harukaやmisakiなどを使いたい場合はここで指定してください。
⑤音量スライダーなど
 音量や速度などを調節します。
⑥スライダー初期化
 ⑤の各スライダーを初期値に戻します。
⑦音声テスト
 各種設定の効果を確認できます。
⑧ボタン画像
 メインウインドウのボタンに表示する画像を選択します。
 NAMAROID.exeがある場所に「ボタン画像」フォルダが作成されるので、そこに画像ファイルを置いておくと選択できるようになります。
 対応形式は「bmp」「jpg」「png」です。
 サイズは自由ですが、一般的なPC環境では「50x50」にリサイズされます。
 背景が透明なpng形式を推奨します。
⑨選択ボタン
 設定が終わったら押してください。

字幕設定


①字幕を表示する
 ここをチェックすると音声認識された文字を画面に表示するようになります。
 設定画面では文字の表示テスト、及び、位置調整用の字幕が表示されます。
 ここでは字幕の背景が青の半透明になりますが、実際に表示される字幕の背景は透明となります。
②フォントボタン
 ボタンを押すとフォント選択ダイアログが表示されます。
 OpenTypeのフォントは使用できないので、TrueTypeのフォントを選択してください。
③文字の色ボタン
 ボタンを押すとカラー選択ダイアログが表示されます。
 文字の色に設定したい色を選択してください。
④縁取りの色ボタン
 ボタンを押すとカラー選択ダイアログが表示されます。
 文字の縁取り色に設定したい色を選択してください。
⑤最大幅スライダー
 文字を表示する最大の幅を設定します。
 幅を超える文字数になると改行して表示します。
⑥表示位置の基準ボタン
 文字の表示のされ方を設定します。
 画面の中で、文字を表示したい位置に合わせるとうまく表示されます。
⑦字幕の位置調整ボタン
 ボタンを押しながらマウスを動かすと字幕の位置を調整できます。
⑧OKボタン
 設定が終わったら押してください。
⑨最低表示時間
 字幕を最低限表示する時間を設定します。
 単位はミリ秒です。
⑩1文字あたりの表示時間
 字幕を表示する時間を設定します。
 ここで設定した時間に文字数を掛けた時間で字幕を表示します。
 その時間が⑨に満たない場合は⑨の時間で字幕を表示します。
 例:
 最低表示時間 2000
 1文字あたりの表示時間 250 
 「あいうえお」という字幕を表示する場合
 250×5文字=1250
 最低表示時間に満たないので2000ミリ秒表示
 「あいうえおかきくけこ」という字幕を表示する場合
 250×10文字=2500
 最低表示時間以上なので2500ミリ秒表示
⑪テスト用文字
 ⑫の字幕テストに使う文字を入力します。
 何も入力しないとテストできません。
⑫字幕テストボタン
 現在の設定で⑪で入力した文字で字幕を表示します。
 表示のされ方や表示時間の調整の確認などに使用できます。
⑬合成用字幕を表示する
 配信ツールなどでクロマキー合成するための字幕を別ウインドウで表示します。
 ①で設定する通常の字幕が有効でなくても使用できます。

字幕の位置設定の補足

表示位置の基準ボタンで
左上を選択すると、文字はの位置からに伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。
上中央を選択すると、文字はの位置を中心に左右に伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。
右上を選択すると、文字はの位置からに伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。
左下を選択すると、文字はの位置からに伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。
下中央を選択すると、文字はの位置を中心に左右に伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。
を選択すると、文字はの位置からに伸びていき、最大幅を超えるとに伸びていきます。

字幕の注意点
字幕自体はクリックできない仕様となっております。
なので、ゲーム画面などにかぶせて表示しても誤クリックする心配はありません。
ただし、字幕の位置を変更したい場合は字幕設定ウインドウから行わなければいけません。

画像設定


①キャラ画像を表示する
 ここをチェックすると③で選択した画像を画面に表示するようになります。
 基本的にメインウインドウのボタンの選択に関わらず、常に表示します。
 ただし、話者が同じ設定のボタンが複数ある場合は、選択しているボタンの画像、もしくは最後に選択したボタンの画像が表示されます。
 画像の表示位置は画像をドラッグして調整してください。
②マウスが重なった時に非表示にする
 ここをチェックすると画像にマウスを重ねると画像が非表示になります。
 マウスを画像が表示されていた場所から離れると再表示されます。
 ゲーム画面などに重ねて表示する場合に隠れている映像を見るため、及び誤クリック防止のための機能です。
 ただし、重ねるウインドウによっては上手く機能せずに点滅状態になることがあります。
 チェックしていても「Ctrl+Alt」を押したままマウスを重ねれば非表示にならず、画像をドラッグで移動できます。
③画像の選択
 NAMAROID.exeがある場所に「キャラ画像」フォルダが作成されるので、そこに画像の名前(画像ファイルの名前じゃなくても構いません)のフォルダを作成し、そこに画像ファイルを置いておくと選択できるようになります。
 対応ファイル形式は「png」のみとなります。
 専用フォーマットで作成したアニメーションする画像も使用できます。(詳しくは後述)
④OKボタン
 設定が終わったら押してください。
⑤合成用ウインドウで表示
 配信ツールなどでクロマキー合成するためのウインドウとして表示します。
 最前面固定ではなくなり、②の設定は無視されます。
⑥背景の色ボタン
 ⑤で設定した合成用ウインドウの背景色を設定します。

フィルター設定

※フィルター設定は全ボタン共通となります。

①キーワード設定
 音声認識された文字に「変更前」に設定した文字があった場合、その文字を「変更後」に設定した文字に置き換えます。
 その後、各ソフトウェアに文字を送り発音させます。
 「変更前」の項目に同じ内容のものを複数設定することはできません。
 「変更後」の内容は同じ内容のものでも設定できます。
②選択している行の削除ボタン
 ボタンを押すと選択している行を削除します。
③OKボタン
 設定が終わったら押してください。

ファイル再生設定

※ファイル再生設定は全ボタン共通となります。

①キーワード設定
 音声認識した文字が「キーワード」と同一の場合、「再生するファイル」で設定したファイルを再生します。
 「再生するファイル」には再生したいファイルのファイルパスを設定します。
 右の参照ボタンを使用すると簡単に設定できます。
 「キーワード」には同一のものを設定できません。
②選択している行の削除ボタン
 ボタンを押すと選択している行を削除します。
③テスト再生ボタン
 選択している行のファイルを再生します。
④停止ボタン
 再生しているファイルを停止します。
⑤OKボタン
 設定が終わったら押してください。

ファイル再生の注意点
再生時間の長いファイル(音楽ファイルなど)を停止したい場合は「ストップサウンド」と音声認識させることで停止します。

広告
他156件のコメントを表示
×
治りました!ありがとうございます
21ヶ月前
×
結月ゆかりさんのVOICEROID+EXをダウンロードしたのですが、ソフトを起動しても開始されないのですがやり方を教えていただいてもよろしいですか…?
20ヶ月前
×
>>170
状況がよくわからないのですが…
この記事にある「音声認識までの流れ」でいうと、どの段階まで進めてますか?
20ヶ月前
×
棒読みちゃんだと異常なく使うことができています。
ゆかりさんのを使おうとすると異常のまんまです・・
20ヶ月前
×
>>172
アンチウイルスソフトを停止して試してみてください。
20ヶ月前
×
大変すばらしいソフトを作成していただきありがとうございます。

画像設定で話者が同じ設定のボタンが複数あるのですが、
ともに設定した画像が常に表示されており切り替わりません。
PC自体の接待がどこかおかしいのでしょうか。

他は正常に稼働しておりますので今は画像1枚で利用させていただいております。
よろしくお願いいたします。
5ヶ月前
×
返信ありがとうございます。

はい、VOICEROID2の琴葉葵・茜を使用しております。
画像の切り替えはできるようになったのですが、
葵と茜が同じ話者扱いなのか次は残らず消えるようになりました。

度々申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。
5ヶ月前
×
>>176
あ、琴葉姉妹は苗字と名前の間にスペース入るんでしたね。
ちょっと仕様を考えなおします。
5ヶ月前
×
>>176
32bit
https://drive.google.com/open?id=1Nwu6iLKq8rmf88wE3G2e5lgvCfUpofCB
64bit
https://drive.google.com/open?id=1lUd0TFoyYQWP304JRH7oJ77diRSgd1TS

注意点
VOICEROID2の話者はプリセット名の最初の「-(マイナス)」までとしました。
「-」の前後に半角スペースが入っても大丈夫です。

「結月ゆかり」と「結月ゆかり - 2」は同じ話者と判定されます。
「結月ゆかり」と「結月ゆかり 2」では違う話者と判定されます。
5ヶ月前
×
御返信ありがとうございます。

問題なく動くようになりました。
このような素晴らしいソフトを作成してください、修正も大変早く尊敬の極みです。

ありがとうございます。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。