英語の試験を比べる人はバカ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

英語の試験を比べる人はバカ

2018-10-11 12:30
    たまには英語について書こう!

    日本で有名な英語の試験としてはTOEICや英検等がありますね。
    で、それらの試験を比較して
    「この試験は意味ない、この試験は最高」
    とか、躍起になって言う人いますよね。

    そういう人はバカですね。

    根本にたちかえりましょう。
    人が言語を話す、もしくは母国語を自然に覚える一番の理由はなんですか?

    言語の試験で点をとるためですか?
    言語を使ってコミュニケーションをとるためですか?

    さらにいうとね

    あなたがなんかの試験で満点取ったとしましょう。
    それは社会に貢献しますか?

    つたない言葉でも、それで誰かを道案内できたら
    それは社会に貢献してますよね。

    「おれはOOで何点とった」、意味ない。
    「おれは英語で100人道案内した」、意味ある。

    言いたいことは
    1. 試験自体には目安としての意味がある。
    2. が、あくまで目安なので、それを最終目標かのように比較する行為はイミフ。
    3. さらにいうと、それぞれの試験にそれぞれの目標、長所短所がある。ある試験の価値は、それを受ける人によって変わる。
    4. 英語力についての最重要事項は、「試験の点数」じゃなくて「なにができるか」。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。