実戦詰将棋
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

実戦詰将棋

2018-10-16 20:45



    先手番です。
    実戦ですが、詰将棋として成立しうるおしゃれな手(初手ではない)
    により後手玉は詰んでます!

    初手は53飛車成ですね。猛者は73合いゴマと金引きの両方で考えてみてください!
    詰み筋は複数あると思いますが、おしゃれな手でつましてください(笑)

    なおこの時の私の心境は
    「金か飛車くれ~~~、金か飛車くれ~~、どうにかして金か飛車をゲットできそうな手順ないか~?受けてもと金作られるから無理か~、銀2枚で金と交換できたりしないっけ?あ~つまね~、とりあえず王手の53飛車なり!」

    で、答えの一例ですが

    ①合いごまの場合
    実戦はこちらでした。
    こっちの方が簡単だと思います。
    95桂で詰んでます。

    73合、95桂、同歩、82金、93玉から、94銀、83角、94銀

    実戦はこれで詰まんしたんですけど、なんで詰むのかよくわかりません。
    でも、こういう桂馬うって歩を上にあげると詰むって結構ありますよね。

    ②金引きの場合
    こっちだったら絶対無理だった気がする。
    少なくとも2パターンありますが、
    おしゃれな手はいきなり75桂!と、82金から85銀!

    75桂はまだ理解できるけど、85銀は天才!!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。