ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【NovelsM@ster】弟達【ボツネタ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【NovelsM@ster】弟達【ボツネタ】

2014-01-05 23:55

    動画化を断念したボツネタ。

    登場キャラは4名。弟達と姉達。あと何人か。
    IFとIFを掛け合わせた本筋とはかけ離れた短いお話です。

    結構設定にはいい加減な部分があるので寛大な心でよろしくどうぞ。



    ■自宅

    準備できた?

    あぁ、もうとっくに出来てるよ。

    姉ちゃん待ってるだけ。

    うそ!?
    わ、わかった!もうちょっと待っててね!

    、、、相変わらずそそっかしいなぁ。

      ピンポーン

    はーい。

    、、、あ、こんばんは。
    もしかして。。。

    はい、お迎えに上がりました。

    ちょ、ちょっと待ってくださいね。

    急がなくても結構ですよ。
    時間にはまだまだ余裕がございますので。

    姉ちゃーん!
    きたよーー!!

    はーい!!


    お待たせしました。

    いえいえ。
    それでは参りましょう。


    ■自宅

    姉さん、準備まだ?

    も、もう少しだけ待って?

    解ってるよ。早くしてね。
    迎え、着ちゃうよ?

    うん、解ってるわ。

      ピンポーン

    、、、ぴったりね。

    よく間に合ったと思うよ。


    ■とある高級車内

    そういえば、最近よく出てきてるわね。

    まぁ、前は留守番する事が多かったからね。
    で、今日はいつもより人も多いんでしょ?

    そうね。
    うちも珍しく全員来るし。

    でも、プロデューサーは来れないみたいだね。
    え?兄ちゃん来れないの?

    来れても遅刻みたいだよ?
    まぁ、その辺は仕方ないかな。

    それより、あんた大丈夫なの?
    今日はカメラも入るわよ?

    え!?
    が、頑張る。

    まぁ、写っても使われる事は多分ないでしょうけど。

    そういう問題じゃないんだけどなぁ。

    大丈夫大丈夫。普通にしてればいいんだから。

    そういう問題でもないんだけどなぁ。


    ■とある高級車内2

    俺、こんな車初めて乗ったよ。。。

    そうね、私も初めてだわ。

    その割には落ち着いてるみたいだけど。

    ステージとかカメラに慣れると、案外大丈夫ね。

    それより、来てよかったの?

    無理矢理駆り出して言う台詞、それ!?

    あら、そうだった?

    そうだよ。

    「今回は連れて行くわよ。
     絶対に連れて行くから、夕方から空けておいて。」

    って言ったのは誰だっけ?

    仕方ないわよ。そうでもしないと来ないじゃない。

    そもそも、俺を連れて行く必要があったの?

    特にないけれど、何となく?

    姉さん、それはない。

    弟を自慢する機会ぐらい私だって欲しいわよ。

    そんな理由だったの!?


    ■会場

    着いたわよ。

    場所自体は何度も来てるけど、
    新鮮というか何ていうか。。。

    ほら、いいから行くよ。

    はいはい。


    ■会場

    着いたわね。

    うわぁ、、、豪邸ってホントにあるんだ。。。

    そういえば、初めてだった?

    うん。聞いてはいたけど、、、ホントにそうだとは思わなかった。

    信じられなかった?

    そういうワケではないんだけどね。

    まぁ、財閥の令嬢がアイドルなんて確かに珍しいけれど。

    しかも、会場に家を提供って、、、すごいなぁ。

    あの子ならではって感じもするけれどね。
    ほら、行くわよ。

    うん。


    ■水瀬邸

    受付は?

    私が居るんだもん、パスに決まってるでしょ。

    そんな予感はしてた。

    ほら、私達はこっち。
    あんたはあっちよ。

    はいはい。

    終わったらどこに居ればいい?

    そうね、広間の入り口辺りでお願い。

    解った。

    それじゃ、行ってくる。


    ■水瀬邸

    中は中ででかいなぁ。

    ほら、ボーっとしてるとぶつかるわよ。

    うん。
    えっと、受付は、、、

    こっちね。
    すいません、お願いします。

    周りの人がみんな凄い人に見えるよ。

    実際凄いと思うけど。

    そんな中で堂々としてる姉さんも大概だよね。

    さあ、どうかしらね。

    それじゃ、私はこっちね。

    俺は、、、あっちか。

    姉さん、終わったらどこで待てばいい?

    ここでいいんじゃない?

    わかった。
    それじゃ、行ってくるよ。


    ■水瀬邸

    やっぱり早く終わっちゃったな。
    さて、どうやって時間潰そうか。。。

    んー、やっぱりいつもより人が多いな。
    どこかの偉い人っぽいおじさんも沢山居るし。

    兄ちゃんは来るのかな。。。
    ・・・ん、あの人危ないな。

    ぶつかりそうだから避けておこう。

    避けて。。。

    避け。。。

     (ドン)

    あたたた。。。

     ご、ごめんなさい。
     大丈夫ですか?

    こっちは大丈夫ですよ。
    そちらも、怪我とかありませんか?

     あ、はい、大丈夫です。
     ホント、すいませんでした。

    いえ、ただぶつかっただけですし、
    気にしないで下さい。

     あ、ありがとうございます。

    ・・・年、近そうだったなぁ。
    こういうところ、慣れてないのかな?
    、、、慣れてるほうがおかしいか。


    ■水瀬邸

    ホントに凄いところだなぁ。
    今の内に見て回ってみよう。

    何かどこを見ても「豪華」って感じだなぁ。
    ここ、ホントに家なの?
    扉一つ触るのも何か怖いんだけど。。。

    上も凄いなぁ。
    シャンデリアっていったっけ。
    すげぇ、初めて見た・・・。
    よくこんなところに住め、、、

     (ドン)

     あたたた。。。

    ご、ごめんなさい。
    大丈夫ですか?

     こっちは大丈夫ですよ。
     そちらも、怪我とかありませんか?

    あ、はい、大丈夫です。
    ホント、すいませんでした。

     いえ、ただぶつかっただけですし、
     気にしないで下さい。

    あ、ありがとうございます。


    パッと見、年も近そうだったけど、、、
    凄い落ち着いた人だったなぁ。。。
    あの人もこういう家に住んでるのかな。。。


    ■水瀬邸

    おまたせ!!

    あぁ、こっちも今来たところだよ。

    ホント、あんたって正装すると見違えるわよね。

    そいつはどうも。

    まぁ、近々それも私服同然になるんでしょ?

    え?あぁ。
    まだ決まったわけじゃないけど、よく知ってたね。

    バカ。殆ど当事者なのに知らないわけないでしょ。

    あ、確かに。


    まだ時間はあるけど、どうする?
    先に入っちゃう?

    そうね。話すだけなら中でもできるし、そうしましょ。


    ■水瀬邸

    おまたせ。

    大して待ってないけどね。

    そっちの方が大分早く終わると思ってたけれど。

    あぁ。ちょっと散策してた。

    そう。
    あ、そういえば今日カメラも来るわよ?

    え!?
    それは聞いてないよ?

    今言ったからね。

    なんて姉だよ全く。
    まぁいいよ。今更帰るなんて出来ないし。

    まぁ、諦める事ね。
    さ、そろそろ時間みたいだし、
    中に入りましょう。

    はいはい。


    ■広間

    『本日はお忙しい中。。。』

    社長って人前に出ると凄い頼れる人に見えるよね。

    あ!確かにそうかも!

    あんたねぇ、、、まぁ、否定はしないけどね。

    いやあ、面接の時と凄く印象違ってさ。
    何というか、雰囲気が違うよね。

    流石にこんな所でもあんなテンションだったら
    ちょっと引くわよ?

    それでもちょっとなんだ?

    まあ、実際社長のおかげっていう部分は多かったからね。

    確かにそうだよね。私達がこうしてる事もなかっただろうし。


    ■広間

    へえ、社長ってあんな人なんだ。

    、、、珍しく真面目な社長ね。

    え?そうなの?

    いつもはとてもじゃないけど年上っぽくはないわ。

    そ、そうなのか。。。

    妙に子供っぽいというか、軽いのよ。

    親しみやすいとかそういう感じ?

    そうね、少なくともこういうシーンは想像できないわね。

    ちょっと姉さんの職場事情が解らなくなってきた。


    ■広間

    さて、乾杯も終わったけど、どうする?

    特別挨拶しないといけない知り合いもいないし、何とも。

    まぁ、様子見て社長のところには行こうと思うけど。

    そうだね。

    じゃ、それまで一緒に居ようか。

    うん、そうするよ。


    ■広間

    さて、これからどうしようか?

    私は様子を見て軽く挨拶回りでもしようかと思うけど。

    俺は知り合いとかいないからなぁ。

    そうよね。。。
    あら?あれは。。。


    ■広間

    高槻さん。

    あ、千早さん!こんばんは!!

    こんばんは。伊織も一緒なのね。

    成り行きでね。
    ・・・あら?今日は一人じゃないのね?

    ええ、弟の優よ。

    どうも、はじめまし、、、

    「「あ!」」

    どうしたの?

    いや、さっき会ったから驚いてさ。

    さっきはどうもすいませんでした。

    いやいや、ホント、何ともないですから。

    どうかしたの?

    ん?ちょっとぶつかっちゃっただけだよ。

    、、、丁度いいんじゃないかしら?

    そうだね。二人で話、してたら?

    流石に私達の挨拶回りに連れて回るのも悪いからね。

    じゃ、私達は行ってくるから。

    あ、あぁ・・・。


    ホントに行っちゃいましたね。

    何となく予想はしてたけど、早いわ。

    ええと、、、

    如月優です。

    どうも、高槻長介です。

    ごめんなさい、おいくつなんですか?

    今年で18ですね。

    あ、同い年なんですね。

    てっきり年上かと思ってました。

    そんなに見えます?

    いや、何かすごい落ち着いてるなぁと。

    あぁ。それは多分、この家が慣れてるからですよ。

    やっぱり高槻さんもこういう家に?

    いえ、家自体はむしろ逆ですよ。
    この家にはもう何度も呼ばれてるので・・・。

    そうなんですか。。。
    そういえば、高槻さんは進学ですか?

    いえ、就職ですよ。
    丁度行きたい所が好感触だったので。

    高卒で就職って結構珍しいですね。
    確かにそうですね。

    でも、やりたい事やるチャンスだったんで迷ったらダメかなーと思って。
    ちなみに、どんなところなんですか?

    ここですよ。
    え?この家ですか?

    あ、そっちじゃないです。
    主催の会社です。

    ええと、つまり。。。

    はい、765プロです。
    プロデューサー、やりたかったんですよ。

    凄いですねえ。
    でも、何でプロデューサーなんですか?

    んー、憧れじゃないですかね?
    憧れ?

    自分を本当の弟みたいに接してくれた人がいるんですけど、
    その人がプロデューサーなんですよ。
    その人を追っかけたら、同じようになれるのかなーって思ったんです。
    なるほど。きっと凄く良い人なんでしょうね。

    そうですね。
    その分、苦労も耐えないみたいですけど。

    そういえば、如月さんはどうするんですか?
    私は大学ですね。

    もうちょっとしっかり勉強したくて。
    勉強ですか・・・私はどうも苦手で。。。

    ちなみに学科ってなんですか?

    音楽です。
    小学校の時からピアノとギターをやってるんですよ。

    小学校からですか!
    でも、そこまでやってたら相当上手なんじゃないですか?

    実際どうなのかは判らないですが、一応これで食べていこうとは思ってるので
    準備はしっかりしたいな、と。

    僕とは全く逆のタイプですねぇ。

    そうなんですかねぇ?

    僕だったら「また勉強か。。。」ってなっちゃいますもん。

    私もそれは同じですよ。

    でも、どうして音楽なんですか?

    なんか、見た感じ勉強とかも凄く出来そうですけども。

    やっぱり、姉の影響じゃないですかね。

    あの人、本当に歌が大好きで音楽が大好きだから。
    だからああいう風になりたいなあと。

    やっぱり身近な人の影響って強いですねえ。

    高槻さんの話聞いて私もそう思いましたよ。

    ただ、やっぱり苦労の方が多いかもなぁ。

    あー、やっぱりそうですか?

    そうですよー。
    今日だって。。。


    ■広間

    ただいま。

    ホント、そうですよね。
    何か姉っていうだけでやたらと被せられるっていうか。

    無茶振りとか多いですよね。

    ホントそうですよ。

    扱いが酷いですよね。

    ですねぇ。

    みんな「姉って羨ましい」とか言うんですけど、
    「じゃあ、あげるよ」って言いたくなりますもん。

    解るなぁ。
    なまじ姉が有名なだけに余計羨ましがられますよね。

    全くですね。
    ホント、私生活を見せてやりたい気分ですよ。

     そう・・・

    、、、え?

     そんなこと考えてたんだ・・・

    あ、あはは。。。あいさつ回りは、もういいのかな。。。?

     いいのよー、気にしなくてー

     それよりも

     「「後でじっくり、話でもしようね」」

    oh・・・。


    ■?

    で、その後こってり絞られた、と。

    まぁ、自業自得よね。

    ホント参ったよ。。。

    でもまあ、意外なところに友達ができて良かったじゃないか。

    そうだね。

    話は変わるけど、お前らどうするんだ?

    え?あぁ、うん。

    まぁ、私はいいと思ってるわよ?

    え?何が?

    結婚。


    ~おわろう~


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。