KAKU-tail The@terに参加しました【タイ 2-B】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

KAKU-tail The@terに参加しました【タイ 2-B】

2019-02-23 17:34

    先日行われたイベント、「KAKU-tail THE@TER for 765MILLIONSTARS!!」に参加しました。
    担当アイドルは萩原雪歩で、テーマは"0"という、最初見たときは「バグかな?」とさえ思ったテーマでした。
    参加に際して、Prologue動画の公開の次の日に直前生放送に出演させていただいたのでこの記事で言ってる内容は被ってると思うんですけどそこはまあはい。
    当初、この担当アイドルとテーマを見たときには、暗いテーマで作ろうかと考えてました。
    具体的には、0を「何もない」という解釈で捉え、仮組とかも作ったりしました。
    しかし、去年行ったMR ST@GEの雪歩公演や、動画作成期間中の雪歩誕生日に合わせて身内で行った雪歩誕生日会を踏まえて、僕の動画にとっては珍しい(?)明るい動画になったと思います。
    直前生放送でこれを言った時に流れてきたコメントで「タイさんの動画で明るい!?」みたいなコメントがあったんですけど僕をどう捉えてるのかが分かるコメントでしたね………………(正解です)


    単品動画は以上の動画です。(この記事公開時点では非表示になってるんですけど、2/23 20:00になると公開されます)
    使用曲は、まふまふで「[Nexus]」というインスト曲です。
    全く意図してなかったんですけど、以前参加したMSCVの時も、ストレイテナーのネクサスという曲で参加しているのでなんか"縁"めいたものを感じますね。
    [Nexus]自体は1分50秒程度しか無いので数秒空白が生まれてしまう事になりました。
    2分以内という制約なので2分きっかりでないといけない訳ではないのですが、どうせなら2分きっかりで出したいと思い、この曲が収録されているアルバムの次の次の曲(「立ち入り禁止」)のイントロを数秒ねじ込みました。それがラスト数秒のストロボです。
    結果的に、動画本編のその次を表現できた数秒になったと思いますし、ここがあることでよりこの動画のテーマを際立たせる事が出来たと思います。
    テーマは"0"。どこでどのように消化したか、というのは色々と仕込んでいて、正解を固定したくないため明言は避けたいと思います。どのような解釈で見ていただいたのかも楽しみにコメントを見ているので。(実際、想定していなかった解釈もあったりしたので。0番センターは完全に想定外でした。)

    普段自分は曲先で動画を作ることが多いため、今回のようにテーマを先に決めてじっくりと作ることはかなり珍しく、とても貴重な経験となりました。とてもとても悩みましたが、結果的に、とても自分でも満足のいく動画になりました。
    一参加者として、一視聴者として、とても興奮し楽しかった数日間でした。皆様、見て頂きありがとうございました。参加者の皆様におかれましては、お疲れ様でしたという思いも込めて。

    最後に。
    去年は色々と(私生活共々)大変な一年でした。今年も既に大変な一年となりそうな予感がしています。色々な思いを込めて動画を作っているので、良ければこれからもお付き合い下さい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。