シェアハウスの解消
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シェアハウスの解消

2020-01-22 23:57
    2018年2月末から会社の先輩とシェアハウスを行っていたが
    今年2020年2月23日にて終了することにした。

    2018年3月で自分が前に住んでいた社宅の家賃半額補助が切れるのと
    先輩がその時住んでいた社宅の家賃が高すぎて首がまわなくなっていたことが重なり、
    「じゃあ、いっそシェアハウスでもするか」と冗談から始まった。

    この社宅は会社がアパート管理・所有しているわけではなく
    レオパレスと法人契約?をしていて、入社2年までは会社が
    家賃を半額補助してくれるというものだった。
    (家賃6万の場合給料から3万円引かれて支給される)

    3月に近づくにつれて冗談の「シェアハウス」が現実味を帯びてきて
    ノリと勢いでシェアハウスを開始してしまった。

    このシェアハウスいいところは
    ほぼ制限や節約なしで電気・ガス・水道・ネットを利用できて
    家賃が10万でも折半で5万で済むのでいいところに住めちゃうのだ。

    現在居住のマンションは3DKで8万円、駅徒歩5分
    オートロックドアとかなりいい環境。
    もう動きたくない

    でも住んでいていやなのはお互いの生活音丸聞こえなところ
    自分が寝ようとしているときに、料理されたり洗濯機回されたりで
    寝れないのである。

    2年間一緒に住んで不満も多かったけど感謝することもある。
    でも、もう二度とシェアハウスなんかやらないだろう。

    次に借りる住まいはもう決まっていて、2DKで6万くらいのアパートで、
    今住んでいる場所から徒歩3分位の距離なので引っ越しは楽ちん。
    でもマジ糞ボロボロ、貧困節約生活に逆戻りである。

    このシェアハウスについて書きたいことが山ほどあるけど
    書ききれないのと、文章をまとめるのがめんどくさいのでここまでにする。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。