[MMD艦これを追う]③ 紙芝居MMDドラマの登場~創作者はそこに希望を見出した~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[MMD艦これを追う]③ 紙芝居MMDドラマの登場~創作者はそこに希望を見出した~

2017-12-21 12:20
  • 2

第11回MMD杯以降、MMD艦これには様々な制作者が集まり、自分たち独自の世界観で艦これの世界を作っていくようになります。

ゲーム本編では夏の大規模なイベントも終了し、遂に日本を代表する戦艦「大和」が登場したことでさらに多くのユーザーが艦これに注目するようになりました。
後はゲームがひと段落付いたことで動画を制作する人達にも余裕が生まれてきたのですね。


この間にもMMDモデルでは島風と並んで強い話題性を持った金剛や那珂が登場し、敵の深海棲艦にも初期の雑魚敵イ級や敵の中では人気のあったヲ級なんかが登場しました。




また、かわいらしい容姿で人気の暁型姉妹もモデルが揃い、多数のダンス動画が作られています。



さて、敵味方が揃ってくるといよいよ艦娘モデルを使って戦闘する動画も登場します。

しかし・・・。

モデルに艤装がまだついてなかったり、登場していない艦娘モデルがあったりとこれだけ優秀な素材があっても足りない部分を探せばきりがありません。
でもそこは素材過多と呼ばれるMMDの世界。
代わりに何か別の世界で代用できるものを持ってきたりして、ゲームでイメージする海戦の枠を越えた自由な発想で様々な動画が投稿されています。
特に「艦CORE」と呼ばれるアーマードコアというゲームの要素を足した動画はここから16年にかけてたくさん投稿され、双方のファンから評価される人気ジャンルとなりました。


今思えば、以降MMD艦これにおいて多種多様な戦闘方法が編み出されていったのはこのあたりの動画が人気を博したからかもしれません。


MMDは本来モデルを使ってダンスをさせるツールなのですが、このように戦闘や日常的な会話のやり取りを作ることのできる自由度があります。
これらをさらに組み合わせると、物語を作ることだって可能です。前回紹介した「艦これ MMD」なんかがそうですね。

こういった動画を見て思った方もいたのではないでしょうか。
「MMDがあれば自分でも物語が作れるのではないか」

かくいう自分もそんな人間の一人でした。絵も描けなければ、小説も見てて拙い文章力…。
そんな自分でもMMDならば同人誌やpixivなんかで見るような物語を作れるかもしれない…。

しかし、実はこれとんでもない間違いです。
MMDは確かに簡単に3Dモデルを動かせる便利なツールですが、普通のモーションを作るだけでも小一時間どころか、こだわれば丸一日以上かかったりするのです。やっとこさモーションが完成しても、なかなか理想の動きが作れません。

ここまで時間がかかるのにアニメや映画のような物語なんて夢のまた夢…のはずでした。

そこへ、ある動画が登場します。

「辺境ちんじふ騒動記」―略して「へんじふ」。
この動画、本編のストーリーは全部静画を組み合わせて作られています。
俗にいう「紙芝居」というスタンスを取った動画なのです。
しかも本編を見ればわかるように、背景をあえて使わず、モデルにポーズをとらせ、そこに台詞を入れるという非常にシンプルな工程で作られています。
しかも話の内容が面白いという事で、多くの視聴者に支持されました。

つまり、「モーションを作れなくとも静画の組み合わせでストーリーを作ることができれば、MMDで物語を作ることは十分可能である」という事が判明したのです。


こうしてMMD艦これでドラマを作る難易度は格段に下がります。完成までの時間が短いという事はそれだけ早く感想がもらえるのでモチベーションを維持しやすいという利点もあります。

これまでなかなか上手にペンやキーボードを動かすことができなかった創作者たちが一斉にMMD艦これの世界へやってくる時は、ここからそう遠くはありませんでした。


広告
×
島風も「へんじふ」もそこまで大きな存在だったのですか。
こりゃ、一年戦争の某技術者のセリフをパロディした
「島風なんていりません、あんな者萌え豚を釣る為のアンコウの提灯に過ぎんのです。エロい人には。連装砲ちゃんが本体だと言う事が解らんのですよ!」
が持ちネタの自分は大バチ当たりですね(; ̄ー ̄A
24ヶ月前
×
>>1
島風は艦これが世に出てきた当初は非常に話題性のある子だったんです。
艦娘が他のソーシャルゲームに比べ抑えたデザインが多い中、一人だけかなり目立つ格好でしたから。「島風の服」なんてタグがあったりもしました。
どこかに各艦娘のイラスト投稿数をまとめた動画がありましたが、そこでも圧倒的だったと思います。
24ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。