ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

未来聖典 第一章 解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

未来聖典 第一章 解説

2018-03-06 01:20
    13:出エジプト記/ 16章 13節
    夕方になると、うずらが飛んで来て、宿営を覆い、朝には宿営の周りに露が降りた。
    14:出エジプト記/ 16章 14節
    この降りた露が蒸発すると、見よ、荒れ野の地表を覆って薄くて壊れやすいものが大地の霜のように薄く残っていた
    15:出エジプト記/ 16章 15節
    イスラエルの人々はそれを見て、これは一体何だろうと、口々に言った。彼らはそれが何であるか知らなかったからである。モーセは彼らに言った。「これこそ、主があなたたちに食物として与えられたパンである。
    16:出エジプト記/ 16章 16節
    主が命じられたことは次のことである。『あなたたちはそれぞれ必要な分、つまり一人当たり一オメルを集めよ。それぞれ自分の天幕にいる家族の数に応じて取るがよい。』」

    あー、日本聖書協会検索ページより抜粋です。
    もしも現代に聖書の中の奇跡が起こったら面白いかなーなんて思って書き始めた小説ですね。
    うずらの飛んできた後・・・うん・・・?なんて考えたりしますがね。
    ・・・なんですがコメつきませんねー・・・。
    ・・・だれも読んでないんでしょうねー・・・。
    まあ不定期で、この聖書という本を景石の気分次第で持ち上げたりディスったりしてみようという企画です。
    まあそれほどネタもたまってないんですがねー・・・。困りましたねー・・・。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。