あにまる☆ぱにっく 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あにまる☆ぱにっく 感想

2020-01-05 04:09
    物にもよりますが、僕は大体1週間でゲーム1本クリアします
    で、そこから感想ブロマガ書いたりユーザーアンケート送ったりします
    ちゃんと落ち着くのはだいたい10日くらいでしょうか
    何が言いたいかというと、年末は1本終わらせるのが限界ということです

    と、いうわけであにまる☆ぱにっくhttp://quincesoft.jp/product/anipani/index.html)の感想です

    ※物語のネタバレを含む可能性があるので見るなら自己責任でお願いします


    白藤友菜:は~可愛い…可愛いなぁ…ばっかりでした
    それしかないんだけどそれがすごくいいです。マジで
    何ていうかな、今までの人生の中で異性と付き合ってる知り合いにめぐり合えていないので、将来は結婚したい、なんてお話の中にしか存在しないと今でも信じています。そういうのはサンタと同等の希少価値があると思っています
    しかも、過去に親に聞かされた話のせいで、大切な人に気持ちを伝えるという行為そのものに対して嫌悪感があります。一種のブロックワードのようなもので、その言葉を聞くたびに気分が悪くなる
    …でも、もしも今後僕の人生の中で誰かに言葉を伝えることがあるならば、その時は自分の言葉で自分の気持ちを正直に伝える、というのをやってみたいものですね


    森乃ひなた:全体的に軽い。なんかこう、正直イチャイチャってもっと甘いものだと思ってました
    でもその軽さも悪くないと思っている自分がいます。騒がしいのが欲しくなる時だってたまにはあるので、そういうのもいいですね
    あとは…うーん、そんなに言うことは無いですかね。自分が消極的かつ、楽できるなら楽したいタイプなので、向こうから来てくれるならウェルカムです
    必要に迫られれば自分から行動するのもやぶさかではないですけど、どちらかというと僕は告白とかはするよりされる方が好き。ってこれ大分前にも言った気がするな…


    木咲栞:優しい…可愛い…好き…
    なんでしょうね。僕って思った以上にムッツリな娘好きなのかもしれないです
    告白シーンも好きです。人間不信な僕は若干疑ってもしまいましたが、正直ちょっと申し訳ない気持ちになった。真剣な気持ちを馬鹿にしたり笑ったりするのって愚かな行為なんだなと再認識しました
    ただまぁ、欲を言うなら、もうちょっと強めに求めてきてくれてもいいんですよ…?


    水奈月瑠音:もうね、ヤバかった。可愛すぎる
    真にヤバい状況になると語彙力が無くなるのはみんなそうだと思うのですが、今の僕が正にそういう状態です
    話の内容はまぁそこまでではないとは思いますけど、僕は元々そういうの気にならないときは気にならない質なので
    別にね、重かろうが軽かろうが僕は気にしません。そもそも一緒にいてくれるってだけでありがたいですから
    僕ってもしかしたら人より変わってたり、コミュ力低かったり、そういうのが好きなのかもしれません。まるで自分自身みたいですが、不思議と嫌じゃありません
    惜しいところも無いわけではないですが、それを差し引いてもお釣りがくるくらい可愛かった。瑠音と栞を足して二で割ったら完ぺきな僕の理想のヒロインです




    まとめ:思った以上にいいキャラゲーでした。満足満足。なのでここで書くことはあまりありません

    ただまぁ、アフターのエロシーンが全体的に特殊だったのはちょっとリアクションしづらかったです。そこは確かに残念だったかも(使えないとは言ってない)

    あにまる☆ぱにっく体験版実況part1

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。