俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命 感想

2020-04-10 04:38
  • 1
いつだって、好みドストライクの作品に出合えることは稀です
どこかしらに綻びというか、受け入れられない箇所ってのはあるものです
僕の場合、他の人よりもそれが少し多いってだけで、他の人にとっては良い作品なのかもしれません。知らんけど
何が言いたいかと言いますと、まぁ、面白かったけどなぁ…。ってだけです。結論先に書いていいのだろうか

そんなわけで俺の姿が、透明に!? 不可視の薬と数奇な運命(http://hulotte.jp/product/invisible/)の感想です

※物語のネタバレを含む可能性があるので見るなら自己責任でお願いします


待雪亜芽:うん、よかった。よかったけど、ツンとデレの割合がそうじゃない。あと変態度合い
好きか嫌いかで言うとすごく好きなんだけど、85点くらいなんですよねぇ…
こう、なんだろ。しっかりとしてる人の抜けてるところとかって結構可愛いじゃないですか。僕的にはもう少しそれが見たかったなと思います
あと、二人きりの時に甘えてくるのはすごくいいんですけど、なんでそんなに変態チックに甘えてくるんでしょうか…?度が過ぎるとさすがに引く
何よりも、こういうゲームやっててセフレ関係を感じるのはすごく嫌だ。そこは良くない
CGの肌色成分が多すぎて困るのもどうなんだろう。とりあえずの軽いノリで脱がすのもダメ。そういうのは安直というか、「こうしときゃいいんだろ?」的な感じがして腹立たしいとさえ思う
他のルートでもこの子は脱いでる印象の方が強い。なんか…違うんだよ、そういうのは
僕が知らなかっただけでもしかしたらこれ抜きゲーだったのかもしれない。だとしたら知らぬ間にパンドラの箱を開けていたことになる。それは…ちょっとやだなぁ


四葉琥珀:そうそう、そうだそうだ。こういう感情の起伏が乏しい方が僕は好みなんだ
こういうキャラは決まって見せ場で決まって激昂したりするのがお約束なんですけど、そういうのも好みです
まぁ、総じて非の打ちどころはあんまりなかったです。あーでも、あの中途半端すぎる終わり方だけはどうにかならんかったのだろうか…


綾目七夕莉:強い。あらゆる意味で強い
先輩キャラっていうのはどうしても僕にとって微妙ポジションに収まりがちなのですが、そんなことありませんでした
無邪気に振舞っているキャラっていうのはそれだけで一定の地位を築けるから得ですよね。…いや皮肉じゃなくて
話の内容も程よい甘さ加減でしたのでいいと思います。これくらいがマジでちょうどいいと思いますとも、ええ


高城冬羽:うーん、なんというか…。特記するようなことが特にないです
ふっつーに良かったから普通に良い感じでしたね。とでも書いておけばいいでしょうか。ぶっちゃけ他のキャラに比べて面白さの起伏に欠けるというか、なんというか
でもやっぱり、くそ真面目なシーンで本番入るのはどうなのかなって思いました。おもったより長いし
…ってかよく見たら使えるCGが無いんですけど。それは…ちょっとなぁ…


葛ノ葉チトセ:チッ…、そこそこ可愛いし面白かったじゃないかよ…
設定が大して重要でもなかったわけですし、むしろ重要なのは根幹だったからそこはまぁ、よしとしましょう
この子だけの話じゃないんですけど、結局問題なのは皆気の持ちようというか、心の在り方の話なので、あの言葉がふっと頭をよぎりました。心ひとつで世界は変わる的なやつ。なんかのキャッチコピーだったような…。どうでもいいですけど
総じてツッコむところはあんまないです。いいんじゃないですか。丸


おまけ(ハーレム):なんでおまけ同然なのにこの気合の入りようは何なんでしょうか
破壊力というか、インパクトがヤバいです。あと実用性
まぁ…正直な事を言うとね、良かったんですよ。あんまり複数人でやるの好きじゃないんですけど、これはいいなって思ってしまいました
事後の展開の投げやり感も実は嫌いじゃなかったりする。ま、おまけですしね、これくらいでいいんですよ。多分



まとめ:普通に話面白いし、ヒロインは可愛いんですけど、圧倒的に主人公のキャラクターが良くない。これ、ノリとかキャラが学生時代にクラスに一人はいる下ネタを喚き散らすウェイ系思春期男子なんですよ。そこが本当によろしくない。ここ最近やったゲームの中で一番感情移入できなかったレベル
でもなぁ、なんでかこういう奴に限って楽しい学生生活送ってたりあっさり彼女作ったりしやがるんですよね。意味が分からない。少なくとも僕がヒロインの立場だったら関わりたくない
別にね、陽キャなのはいいんですよ。僕にもそういう知り合いがいるっちゃいますから。問題なのは下ネタを喚き散らすところ。それは生理的に無理
何より一番腹立つのはこういうのを見せられると自分の人生がどうしようもなく劣って見える事。この劣等感、たまりません

エロに一途なのはどんな作品でもそうなのですが、それの出し方は大いに工夫してほしい
まぁ…要は僕がこいつ嫌いってだけの話です。他意はない

そこを除けばまぁまぁいい作品だと思います。キャラの可愛さ、話の面白さ、実用性。別段特記することはない水準だと思います。…割とライターさんの知り合いが出来てから誰に見られてるかわかんないから結構オブラートに包んだのはここだけの話です


広告
×
ごきげんよう!そして初めまして!と言えば実況動画で既によろしくお願いした気がするけど。
失礼な真似したら、まず謝るわ、こういうのは自分は下手です。

早速ネタバレ感想
前作より短い気がするわ、サブヒロイン√はハーレム√でまとめられて、実質なし、若干物足りないというか、想像空間が多いし、若干の考察もやれる。

私は、冬羽→会長→琥珀→亜芽→チトセの順です。
冬羽√と会長√の最後は同じオチでした、できり琥珀√も同じと思った、嬉しい意味ではずれ。
チトセ√後、全ルートもう一周した方で、各ルートのチトセの悲痛が心に一気に染渡る。

自分はチトセが一番お気に入りですね、病んでる部分もあり、かわいい顔で悪魔の囁きが上手すぎる、癖になるわ、他√で晴季をNTRやがった、Hulotteにして斬新です。
でもやはり各ルートでもうちょっと絡んでほしい、前作の白亜みたいに、登場率が少ない。
でも泣いた部分もあった、琥珀√で晴季は前向きになった原因でチトセとの繋がりを失った、
ここで悲しい想像してしまった、最後の電話まできっとチトセはずっと晴季を触れようとした、話を掛けようとした、最後は諦めて、薬を回収し、晴季の部屋の隅っこに座って泣いている、救われない絶望感がすごい。
そのヘン亜芽√と会長√も大差ない。
亜芽√は本当によかったね、晴季と亜芽、対なる天気の名前ですね、
でもエンディングはかなり気になる、意味深だ、
晴季はまだ完全に元に戻ったじゃない、心はまだ晴れていないような、
FDがあればそこを補完してほしい。

主人公に関してまぁ仕方がないわ、あんな重い過去や傷を持つと普通ならもう自ら命を絶つレベルだ、実際晴季もそういう考えもあったかも、そこはチトセと同じだから、似た者同士は惹かれあう。
個人的に既に強いと思うよ、自分じゃ無理。

ハーレム√はまぁカオスしかないね、というかチトセは普通に見える、夢オチならなんでもいいや。
琥珀なに自棄になっている、会長に男として扱われない要くん、亜芽2号と化した冬羽。
「変な薬を兄さんに渡さないでください」の亜芽とチトセのやりとりは本編にいってほしいわ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。