ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ハッピーライヴ ショウアップ! 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハッピーライヴ ショウアップ! 感想

2021-06-16 03:50
    この会社、そんなにマイナーではないと僕は思っています出してるソフトこそファンディスクやコンシューマ版が多々ありますが、それでもそれなりに作品を出している以上それなりの知名度はあるはずです
    なのにどうして…出す作品はみんな名作なのに…

    というわけでそんなFAVORITEの最新作、ハッピーライヴ ショウアップ!(http://www.favo-soft.jp/soft/product/happylive_showup/index.html
    の感想です

    ※物語のネタバレを含む可能性があるので見るなら自己責任でお願いします


    ソフィア・トゥーリナ:最初のうちは、どうも重いなー…と思いながら進めていましたが、いざ終わってみると感動したし、いろんな事を考えさせられる内容でした
    自分も一クリエイターであるので、この話から得られるものも多かったように思います
    実況者として活動して8年、声を大にして"自分にしかできないこと"なんて無いのかもしれない。もしかしたらまだ見つかってないのかもしれない。けど、それでも絶対にそれはあるはず。僕ならそれを見つけて自分の糧にできるはず、自分がやりたいこと、なりたい自分のためになるはず。今ならそれだけは確かに言えます
    簡単じゃないかもしれない、叶わない望みかもしれない。けど、そんなこと、僕がこの活動を止める理由には成りえない
    大丈夫、僕なら絶対にできる。僕の崇拝するあのお方だって、応援してくれているんだ。多分自覚してないだけでもっと応援してくれている人はいるんだ。だから、やり続ける。自分が好きな事を、楽しみ続ける
    話が脱線しましたが、とてもいいお話でした。…ですが、どうも重い、というか展開の進みがスローペースだったのは気になりました。キャラの性格上、仕方ないことなのかもしれませんが
    共感が無いわけではないです。でも。自分の評価は自分が決める事、だと僕は思っているので、僕の性格とは逆なのかもしれなかったかもですね
    でも、今はただ感動と活力をありがとう。そんな気持ちでいっぱいです


    カーレンティア・ヴェリーベル:…え?これでいいの?なんかもう話の本筋がずれすぎて困惑が収まりません
    本来の目的を達成できていないというか、ただ結ばれることだけに最終目標が変わっているというか、あれー…
    ただよくある、身分違いの恋愛物語に終わってしまっている感がどうにも拭えない
    率直に言って納得していない自分がいます。
    あれだ。急に話の方向性がキャラゲー寄りになったからついていけてないのかもしれない
    …そっかぁ、これで終わりかぁ…。みんなと一緒にもっと本番とか旅行とか楽しみたかったなぁ…


    ルー・マオ:"まず自分が楽しむこと"クリエイターとしての最も基本的な事で今僕が若干迷っていることです
    分かってはいるんですけど、如何せん僕の感性が他人とズレすぎていてあんまり受け入れられていないんですよねー…。…直接文字にすると苛立つな。まぁいいや
    だとしても、それでも僕は自分が楽しむ気持ちを忘れないようにします。そもそもそれが出来ないと、あまり良くないことだと思いました
    何でこんな話をしたかというと、彼女のシナリオからそれを強く感じたからです
    後はそうだな、最近八つ橋しなもんお姉さんの評価が僕の中で上がってきています。多分あの人、素が一番可愛いと思う。あまショコのみくりから二連続ですし
    最初の方のぎくしゃくは見ててちょっといたたまれない気持ちにはなりました。でも一皮むけるとなかなかに可愛かったですね。初心な子は好きですよ

    クラリス・クローニャ:真っ先に思った。自分に似ている、と
    もうね、僕こういう自分に似ている娘大好きなんですよ
    不愛想なところとか、不器用なところとか、生真面目なところとか、素直じゃないところとか他にもいろいろ。刺々しいと言えばいいのか、まぁそんな感じです。"まず他人を敵として認識する"のところとかわかりすぎました
    そういう相手の支えになれる事や、両思いでいられることがもうたまらなくいいです。最高です
    多分僕も好きな相手にはこんな感じになるのかなー…とは思いもします
    どの√でも彼女を泣かせてしまうことが僕はとても悲しいです。せめてここからは、この先だけは彼女には常に笑っていて欲しいなと思うのは傲りでしょうか
    ちなみに関係ない話ですが、僕の身長は彼女よりも小さいです

    ペチカ・モニカ:何というか、役者の闇というか、見たくもない一面を見てしまったような、そんな気がします。どうしよう、僕の好きなあの人とかあの人のイメージがめっちゃずれるようなことがあったら、きついなぁ…
    それはさておき、やっぱり目立った良いところも悪いところもそんなにないかなと思いました
    まぁでも、感情に正直なところや、裏表のないところは好きです。綺麗にまとまった終わり方するのもいいと思います
    努力が必ず報われる、なんてのはとんでもない誤解ですが、才能が無い、なんて言葉は少し悲しい気持ちになりました。大したことも目立った活躍もしていないかもしれない、結果が伴わないかもしれない。頑張りを認めてもらえないかもしれない。けどそれでも、そんな自分を肯定してくれる誰かは絶対いる、だから大丈夫。目指すものが変わったとしても、前には進む。多少なりそんな気持ちになりました


    ミヤビ・アサヒナ
    :…え?何これ?いやまぁ、サブヒロインと言えばそれまでなんだろうけど、掘り下げが足りな過ぎて感情移入も何もあったものじゃないです
    いや、可愛いよ。可愛いんだけどさ、絶対もっといい見せ方あったと思うんですけどね…?
    それまでの流れを完全にぶった切っているし、よくあるノーマルEND的な解釈でいいんでしょうか
    何というか、うーん…微妙、かな



    まとめ:ソフィーはとてもいいと思う、けど他のヒロインの掘り下げが全体的に不足しているなと思いました
    体感ですが、プレイ時間もさくらもゆの方が長いと思います。誰だ、同じかそれ以上のボリュームって言った奴
    まぁ、さすがにヒロイン6人もいて全員がそれだけのボリュームにするのは厳しいとは思いますが、それでもなぁ…。単に僕が期待しすぎただけかなぁ…?

    CGの量から見ても何故かソフィーだけ頭一つ抜けて多いんですよ。シナリオも、ソフィーだけ全三部構成の様な感じなのに他ヒロインは二部構成のような、ここまでプッシュしなくてもいいじゃないですか。

    とはいえ、十分面白くはありましたし、プレイ中はかなり楽しかったです。ですけどファンディスクを前提に作るのはどうかなと思います
    ファンディスクのタイトルはそうですね。"ハッピーライヴ ショウアップ! カーテンコール"なんてどうでしょう。完全に僕の妄想ですけど

    ↓ハッピーライヴ ショウアップ!体験版実況part1


    あとそう、既にご存知と思いますが、ニコニコのブロマガのサービスが終了するので引っ越しさせられることになりました。引っ越し先は既にありますが、一応ぎりぎりまではこちらにも同じ内容の記事を投稿しようと思っています。コピペするだけなので苦労無いですし
    多分ですけど8月くらいまで。具体的にはダカーポ4PHの感想まではこちらにも投稿しますが、それ以降は下に記載したURLの方から僕のブログに飛べるようにしておくのでよろしければそちらをご覧ください

    引っ越し先⇒https://takuto-fiction.hatenablog.com/


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。