ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

AI美空ひばりの歌声を聴いた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AI美空ひばりの歌声を聴いた。

2019-10-10 23:33
    最初に言っておくが、
    特に美空ひばりのファンでもないし、
    生前の歌声はそんなに聴いてない。
    それでもこういう技術には興味があるし、
    その未来に希望を持っているからこそ、
    聴く価値のある歌声である、ということは言える。

    楽譜を渡されて、それをどう歌うか、というのは
    本当に個人個人の想像力が問われる。
    単に「歌い方を真似る」というだけでは
    成立しないと思われるが、
    聴いた限りでは、相当に訓練されたAIだな、
    というのがよくわかった。
    ファンが涙を流すほどというのもわかる気がする。
    特徴をよく掴んでいるとかそういう話ではなくて、
    単純に、そこら辺の歌い手より断然上手い、と思った。
    彼女の特徴は私など語れるほど聴いていないので、
    そういう感想になってしまうが、
    言葉の伝え方、抑揚、揺らし方など、
    むしろ我々が学ぶべきことの方が多いんじゃないかと。
    聴いてて、「ああ、うん、そうだよね」と
    思わず頷いてしまうくらいの説得力があった。
    秋元氏の歌詞は少々「ずるい」とも思ったが(笑)、
    機械に歌い方を教わる時代になってしまったかと、
    まあ確かに名歌手の歌声の再現だったからではあるが、
    我々には少しキツイ一撃のような歌声であった、
    くらいは言ってもいい気がする。
    それでもよく聴くと単語の中で時折声の質が不自然に
    変化したり、逆に似たようなフレーズの歌い方がそれぞれ
    変化が乏しかったりと、まだまだ発展の余地がある。
    バックバンドの変化とかコンサートの雰囲気によって
    歌い方が変わる、という要素はAIにはまだ厳しいだろう。
    まあそれはそっくりそのまま我々の歌い方にも
    当てはまることだよね(笑)。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。