• Bloodstained:Ritual of the Night クリア感想

    2019-06-26 22:04



    Bloodstained:Ritual of the Night、本編・マップ・悪魔図鑑コンプリートまでやったのでいったん一区切りとして感想記事を書くことにしました。
    アイテムコンプまでやるとあと10時間くらいかかりそうだったので……w

    PS『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』から始まり、GBA~DSで展開されていた探索型『悪魔城ドラキュラ』シリーズ。そのプロデューサーとして活躍した「IGAAAAAAAAAAAAA」こと五十嵐孝司氏がコナミを離れて作り上げた作品。
    プレイスタイル、ゲームシステムあらゆる面が(特にDS時代の)探索型悪魔城の系譜を強く受け継ぐ作品となっていました。『月下の夜想曲』への明確なオマージュも多かったですね。

    で、主人公の育成システムが凄まじいことになっておりまして。
    このゲームの根幹をなす代物として「シャード」という悪魔の結晶があり、これを取り込むことでその能力を得ることが出来る、『暁月の円舞曲』『蒼月の十字架』のタクティカルソウルシステムのようなものがあります。
    このシャード、「複数重ね持ちすることで強化(最大でグレード9=9個)」「素材を使用してランクを上げることで強化(最大ランク9)」というシステムになっていまして、ほぼ全てのモンスターに存在しています。
    で、ランクアップの方は素材を要求されますが強化幅が大きい…だけでなく、「装備中常時効果を発動するタイプ」の「エンチャントシャード」はランク9まで上げると「スキルシャード」になり、装備していなくても常時効果を発揮し続けるようになります(エンチャント側とも重複するので、両方発動すると2倍の効果になる)。これが凄まじい中毒性で、新しい素材を手に入れるたびにエンチャントシャードを強化できないか模索しに戻ったりと本作の育成の楽しさを象徴する要素となっています。
    『蒼月』『蒼月』のタクティカルソウルシステムは「他の装備の種類が少ない」「ソウルの入手率が低い」という点での批判もあったのですが、今作はシャード以外の装備が充実していること、ドロップ率に対するLCKの影響が非常に大きくなったため、後半でLCK特化装備するとものすごい勢いでドロップするようになったことにより大幅に改善されています。

    あと主人公の強化システムで欠かせないのは「料理」。
    このゲーム、モンスターが落とす素材などを使用して料理を作ることが出来るのですが、初回使用時に永続的に主人公のステータスをドーピングすることができます
    これがまた積み重ねていくと凄まじい効力になりますので、やっぱり素材を集めるたびに戻って料理を作りたくなります。

    ここまで特殊な育成面についていろいろ言及していますが、おなじみの装備やレベルも健在です。やろうと思えば上記のシステムの活用をあまり行わずともクリアできるでしょう(難易度的にもそこまで難しくはなく、NORMALなら『暁月』あたりに近いレベルに落ち着いています)。

    「図鑑」系も異様に充実しており、探索中にドロップアイテムを確認したりすることも容易にできます。とにかく全体的に「快適」の一言であり、プレイしていてストレスになる要素は極力排除されています。シャードの初回取得演出すら設定でカット可能であり、この点については本当に徹底されています。

    ストーリーやマップについては……ネタバレになるので細かくは触れません。
    ただ全体的に『月下の夜想曲』へのオマージュが多いという点は間違いないので、『月下』が好きな人ならば概ね満足できる作品だと思います。
    あとマップのカオスっぷり。まさしく「混沌の産物」。こればっかりは実際に観て驚いてもらうのが一番だと思います。

    あえてケチを付けるとすれば、「革新的な要素には乏しい」という点くらいですが、そもそも「IGAヴァニア」と銘打たれて開発された今作はむしろ伝統的な探索型悪魔城として製作されることこそが求められていた点であり、クラウドファウンディングのバッカーたちの希望でもあったと思います。

    間違いなく「メトロイドヴァニア」ジャンルの大金字塔であり、「王の帰還」というべきIGA氏の最高傑作と言えます。
    悪魔城、探索型ACT,どちらのジャンルにとっても間違いなく損はしない作品であるといえるでしょう。是非多くの方にプレイして頂きたい作品です。

    そしてスタッフロールでみんなで叫びましょう。


    IGAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

  • 広告
  • ダライアスEXTRA 1000万点達成&平成最後のブロマガ更新

    2019-04-30 19:49



    そういや報告記事を書いていなかったのを思い出したので…。
    平成最後のブロマガ更新がめでたい報告になることを嬉しく思います。

    Aゾーンの空中機雷(8000点)を自爆させずに倒せるようにすることが比較的重要。あと銀アイテムの配置をちゃんと覚えること…。この動画のプレイでも8個ほど逃してますが。
    1000万狙いレベルならクジラは粘るまではしなくてOKですが正面である程度ドリルミサイル狙いながら戦ったほうが良さそうです。
    このプレイのあとにも3回ほど1000万点達成してます。1050万までは目指したいけど…1100万は無理かな、うん。

    あと平成最後の買い物報告。



    長年の相棒だったLogicool G430ヘッドセットに別れを告げ、G233を購入。
    音は問題なく出ていたのですがプラスチックパーツにひび割れが入ったりとボロボロになってきていたので、いい機会かなと。5,000円ほど。
    G430付属のUSBデバイスはそのまま流用できるようです。使えなかったら久々にX-Fi Go! Proの出番かなぁと思っていたのですが、まだ引き出しの中で眠ってもらうことになりそうです。

    好奇心に任せて始めたニコ生も元号をまたぐまで続けることになるとは思っていなかったです。
    細く長く、のらりくらりと続けていきたいですね。
    令和もT.Wとco1606611を、引き続きよろしくお願いします。
  • ダライアス(Switch)全ボス撃破感想

    2019-03-22 04:37


    ダライアス、全ボス撃破に成功しました。
    基本的にNEWverでのプレイです。Yゾーンのカトルフィッシュのみパターン都合でEXverになっていますが…。

    ホント30年以上前のゲームとは思えません。
    3画面のインパクトだけに収まらない横STGとしての完成度、優れたサウンド、ボスの存在感などなど…。グラディウスやR-TYPEと並び『横御三家』と称されるのも納得の完成度でした。楽しかった。

    以下、ルート別の短評を。
    ・ストロングシェル(V)
    ボス本体の弾幕が非常に脅威でした。パーツを壊せば攻撃は止むんですが、そのパーツを破壊するまでが厳しい厳しい。
    NEWは開幕張り付きで一気に削れるので大分楽なんですが、それが通用しないEXだとどうなってしまうのやら…。
    ・グリーンコロナタス(W)
    自機狙いを乱射してくる鬼畜。三日月避けがなかなか安定せず、最終的にミス時の耐久低下に付け込んだ形でギリギリクリア出来た感じ。
    Wゾーン道中はウェーブがあれば楽勝なのですが、ボス本体はミサイルのほうが楽という矛盾。ノーミスクリアは遠そうです。
    ・オクトパス(X)
    ボス本体は全く苦戦せず。ウェーブ進行ならおそらく最弱のボスでしょう。
    A-C-F-I-M-R-Xは初心者にもおすすめのルートかも。EXだとMがヤバいことになってるけど…。
    ・カトルフィッシュ(Y)
    ボスはオクトパスの強化版といったレベルで大したことはないんですが、とにかくY道中が鬼畜の一言。複雑すぎる地形で金アームで来ようものなら地形接触即死は免れないというありさま。
    地形の関係でウェーブが欲しいためEXverを選択。F冒頭の赤を取ってレーザーにした直後に自爆するパターンを採用。おかげで青調整が不要となり、Yゾーンにアームを十分抱えて挑めるようになった形です。
    このパターン、OLD/NEWのA-C-F-I-O-T-Yルートでは赤の数が異なるために使用できないため、現状ではNEWでの攻略は全く見込みが経っていない状態です。レーザーでピラニアをアームを残しながら倒すのは今のわたしでは無理!
    ・グレートシング(Z)
    お約束のクジラも本作でデビュー。ぶっちゃけ今作では稼がなければ全然強くない。
    頭の左上に張り付いてショットとボムを連射していればアームが尽きる前に倒しきれます。それを助長するかのようにZゾーン道中は青が6個もある始末。
    A-C-F-J-O-T-Zは初心者の友ルート。ミサイル止めに優しい都市地帯排除仕様。

    正面でドリル弾破壊を狙って粘りまくる稼ぎプレイは…わたしにはまだ早いなぁ。


    とりあえず初代ダライアスはこれで一段落。稼ぎに手を出すのはまだしばらくは良いかなぁ。
    目下の目標はダライアスIIの制覇です。