【第0~2話コメ返信】宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル ゆっくり実況プレイ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第0~2話コメ返信】宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル ゆっくり実況プレイ

2015-10-31 23:30



    【はじめに】

     唐突に始まった動画投稿。普段ニコ生を見に来てくださっている皆様には申し訳ない限り。
    許してください何でもはしませんから!
     ただ言い訳をさせてもらうと、実は相当前(それこそ1年以上前)からヤマトのゲームを動画投稿する構想は練っていて、あとはソフトを入手するだけ、という状態ではあった。別のモノを買うついでにAmazonで探してみたら無事見つかったので購入して早速録画を始めたって感じ。
     MHX発売の11月28日までには『遥かなる星イスカンダル』は終わらせる構想でやっているけど、万が一間に合わなかったら並行してやっていくことになる。頑張らなきゃ。

    【主なポイント】

    ・淫夢ネタをなしにした理由
    →個人的には淫夢ネタ好きなんだけど、あれは面白く作れるひとと面白く作れないひとで大きく差がでてしまう素材な気がする。
     私は自分で面白く作れないタイプだと思っているので、早々になしで行くことを決めた。淫夢ネタありのヤマトプレイ動画を見たい人は自分で作って、どうぞ。

    ・「第○話」と「前半・後半」の違い
    →まず「第○話」を編集して、動画の長さや画質、容量(100MB)を考慮して、前半・後半に分けたりしている。
     第2話で大体25分くらいまでは画質を維持したまま100MB以内に収められることがわかったので、第0話は分割なしでも大丈夫だったかもしれない。

    ・撮り溜め・編集ペースについて
    →撮り溜めは相当先の方まで進めてしまっている。第3話編集時点で現在アルファケンタウリ宙域(太陽系の次のマップ)をクリアするところまで進めている。
     編集はだいたい次の話の完成が見込めた段階で投稿する形。いずれも失踪常習犯の私なりにちゃんと完走したいという努力、ということにしてください…。

    ・作品の内容解説について
    →個人的見解が多数含まれているので、実際の設定と矛盾していたりすることがあるかも。原作の詳細な設定はそこまで詳しくないので間違っていたら罵倒してやってください。

    【各話共通】

    ・ゆっくりの読みがガバガバ過ぎ
    →気がついたら直したり辞書登録してるけど、確認してても結構見逃し、聞き逃しがあるせいでどうしてもガバガバになっちゃう。
     辞書登録は随時やってるから少しずつマシになっていくはず…。

    【コメ返信@第0話】

    ・(PS2三部作)完走したらやって欲しいな(ちらっちらっ)
    ・今から待ちきれませんね(チラチラ)
    →暗黒星団帝国三部作に関しては既に完成度の高いプレイ動画があるのでどうしたものかと悩んでいるところ。次の『さらば』は確実にやるつもり。

    ・(『新たなる』『永遠に』に関して)ひどいってのはあんまりだろ
    →ここ、確かに最初は「ひどい」って記述していたんだけど、ちょっと言いすぎだと思ったので字幕を変更していた。しかしゆっくり音声の方を変更し忘れるというポカミスをやらかしてしまっていた。不快になった方には申し訳ないかぎり。
     改めて確認すると同じミスをここだけではなく数か所でやらかしている。基本的にこの動画シリーズでは「字幕」と「ゆっくり」は違う内容を発言しない方向性。内容が違った場合はミスなので、字幕のほうが正しい内容、ということで理解して欲しいな。
     まあただ、あの2作品についていい印象を抱いていない、というのが事実であることも認めておく。

    ・さらばからじゃね?(綺麗な総統)
    →個人的に『さらば』のデスラー総統は綺麗になったとか誇り高い武人となった、というよりも、雪や古代の姿に毒気を抜かれた印象のほうが強かったので。しかも重傷を負っていたし。
     上述の通り、個人的見解なのであまり気にしないでください。

    ・HHEM村の住人だったか
    ・ガミラスにHHEM村民はフヨウラ・・・
    ・ガミラスに下品なゆっくりは不要だ
    →デスラー総統という格好のツッコミ役が居るのでここぞとばかりに…。あまり多用しすぎてもアレなのでほどほどにはするけど。

    ・彗星帝国やディンギルの方々の大量虐殺は許されたんですかねぇ・・・?
    →彗星帝国ガトランティスやディンギル帝国は地球人に対しても完全に絶滅戦略で、同じようなことをやっているので、多少はね? ガミラスは乗組員(古代)が激しく後悔しているので載せなくても良かったかも。
     その点暗黒星団帝国は地球に対する所業よりもヤマトのもたらした破壊と殺戮のほうが数段デカいので許されない。銀河2つまとめて破壊はねぇ…。

    ・(『完結編』がガバガバな件で)Ⅲが余計だったんじゃっないかなー・・・
    →調べてみると『ヤマトIII』側の設定が変更されて2203年になったようだけど、まあ先に『ヤマトIII』があったんだから『完結編』側がまずいんじゃないかなと思ってる。
     個人的に『ヤマトIII』は設定は相当美味しかったんだからしっかり52話見てみたかった。出渕監督、頼みますよー。

    【コメ返信@第1話】

    ・逆に太陽系出てからすこし間延びするから編集大変ですね がんばってください!
    →応援ありがとうございます。間延びするとはいってもイベントにかかる時間が相対的に減るから、移動や戦闘の時間が長くなる→ゲーム的には面白いけど動画的には微妙、となる。
     やってる分には面白いし、編集するにもバッサリカットするなり早送りするなりすればいいから、そんなにしんどくはないと思う。アルファケンタウリ宙域は2話くらいで終わってしまいそうだ。

    ・(実写版に関して)アニメの実写化は酷評が当たり前のようになってるから…
    ・どうしてもメディアが変わると同じ表現はできないからね、同じじゃないと嫌な人はメディアが違うだけで叩く
    ・実写はな・・・・なぜ初代とさらばを混ぜ込んだのかが分からん
    →確かに設定変更は大胆にすぎるけど、一方愛がない作品だったかというとそうは思わない。
     むしろあの設定変更はデスラー総統を伊武さんにやってもらうためだけのものなんじゃないかと勝手に想像してしまうくらいには愛がある作品なんじゃないかなぁ。そういえば波動砲が封印されてしまうのも『2199』と共通だよね。
     第1作と『さらば』を混ぜ込んだのは、西崎Pの反応が芳しくなかったらしいことから1作限りの企画であることが決まっていただろうことは容易に想像がつくし、第1作から登場する乗組員の名シーンを集めたら必然的に『さらば』を混ぜることになるだろうから個人的には納得できた。

    ・(ガミラス人の肌色に関して)2199はその設定のおかげで色々できたってのもある
    →『2199』で一番良かった設定変更じゃないかなぁと思う。この設定によってヤマトの物語は地球人とガミラス人、そしてスターシャだけの物語ではなく、他の多くの種族とのかかわり合いが物語に登場するようになった。それを体現したのが同作の森雪だったわけで。
     だからこそ、25話のデスラーの急襲に対して「愛しあうことだってできた」という雪さんのセリフが非常に説得力を持って登場するわけで。原作では古代のガミラス星殲滅後のセリフだけど、良く改変してくれたと思う。

    ・(ガミラス人の肌色に関して)でもこっちの方が異星人ぽくていいけどな...皆人間みたいとは限らないからむしろ昆虫とかタコ星人イカ星人みたいでも良かったww
    →それをやったのが上記の実写版なんじゃないかなぁと。人間と人間の戦いこそが原作のヤマトなら、敵が人間じゃなかったらどうだろうか、という1つの「if」として。

    ・(宇宙に)高さの概念があるなんて銀英伝より上なんだな
    →銀英伝という作品は知らないんだけど、ヤマトの世界の宇宙に上下があるとよくネタにされることについては、PS2『イスカンダルへの追憶』で「指揮系統の統一には上下の概念は必要」と説明されてた。非常に納得したのを覚えてる。

    ・お前のゆっくり漢字の読みgbgbじゃねーか!!w
    ・(「弾速」のゆっくりの読みが)たまはやしww
    ・たまはやし(意味深)
    →我ながらなぜ気が付かなかったのか…。ゆっくりの読みに関しては上記も参照。

    ・(超大型ミサイルが)仮に直撃しても原型留めてる気がする・・・
    ・でも第三艦橋は壊れる
    ・そして翌週には直っている
    一連の流れに爆笑。でも超大型ミサイルが直撃するとヤバいのは第4話でお話できると思います。

    ・(ガミラス巡洋艦級に対して)動くと当たらないだろ!?
    ・するっと避けたなw
    スタッフをぶん殴りたい要素筆頭。次点はブラックタイガーの照準(自動で狙ってくれない)。

    ・(手動砲撃について)格好良い主砲で格好良く敵艦隊を全滅させるゲームってことですね
    ・射程内まで持ち込めばそのまま瞬殺かよwwww
    ・大和型でそれはチートにも程が有るわw
    →まあガミラスの主戦力の巡洋艦級には通用しにくいし、多少はね?
     火力が欲しい場面はちらほらあるので、そこで自動砲撃だけでどう立ち回るか、というのは見どころになると良いな、と思う。

    ・連続ワープはまだムリだw
    →真田さんのHP4と引き換えに出来たりする。まあマップ内最大6ヘックス飛ばせるだけだから長距離ワープとは言いがたいけどね。

    ・(ヤマトの艦載機について)これからは航空戦艦の時代…?
    ・やはりこれからは航空戦艦の時代か
    ・航空戦艦ってやつだよね
    →実はヤマトの作中では「航空戦艦」という言葉は出ていなくて、相当するものとしてガミラスの「戦闘空母」がある。それに倣って戦闘空母という言葉を使ったけど、航空戦艦のほうがそれっぽいね。
     パイロットフィルムの話題も出していたけど、初期設定ではコスモゼロ=宇宙零戦が主要艦載機という話は確からしい。

    ・(HP消費に関して)SNDさんは過労死かw
    →ヤマトの頭脳だけど虚弱体質が玉に瑕ってことか(白目)

    ・結構艦載機に撃たれてたけど殆ど損傷してないじゃないかw
    →機銃しか撃ってこない艦載機はぶっちゃけ痛くもなんともないっていう。後々登場する雷撃機は結構ヤバいけど。

    ・(シュルツについて)こいついつも驚いてんな
    →その場では驚くけど速やかに本星に報告したり次の手立てを考えるあたり有能ではある。悲しいことに、その想定を遥かに超える性能をヤマトが持っていたのが運の尽きだけど。

    ・(火星着陸に関して)そんな乱暴に降りたら第三艦橋がもげるw
    ・第三艦橋壊れちゃ~う
    ・どの破損箇所よりもないがしろにされる第三艦橋さん
    →逆に考えるんだ。ドリフトしなかった分まだマシだと考えるんだ。…まさか『2199』で戦艦ドリフトがまた見られるとは思ってなかったよ。
     冥王星での活躍にご期待ください(活躍するとは言っていない)。

    ・主人公は真田さんでいいと思いますw
    ・2見る限り戦闘面もかなり有能な技師長
    →真田さんとアナライザーが居ればヤマトの危機の8割は突破可能。だけど主人公になるかというと真田さんは「俺はそんな柄じゃない」としれっと逃げそう。

    【コメ返信@第2話】

    ・大帝の場合…ズォーダーかな?
    ・艦橋にそんなもん降ったら雨漏りじゃないですかー!やだー!
    →ゆっくりだけでなく変換もガバガバだった模様。お兄さん許して!

    ・移動しながらだと回復しないの?
    ・星間移動中は時間が加速されるから、待ってるより発進して回復させたほうがいいゾ
    ・修理は星間移動中にすると早くてオススメだゾ

    →確かにヤマトの修理は航行すると加速するんだけど、乗組員の回復は航行してもあまり加速しない。つまり、
    修理すると真田さんのHPが減る→エンカウントして損傷すると修理する→HPが万全じゃない真田さんのHPが更に減る→(以下ループ)
     となるので一々止まって回復せざるを得ない。エンカウントしそうにない場所だったらいいけどね。

    ・(浮遊大陸基地のミサイル迎撃について)あれ?ミサイルは機銃で結構撃ち落とせた気がするけど・・・側面向けてないせいかな?
    →テストプレイの時はそうしてたんだけど、あまりに撃ち落とさないので今回は正面向いて被弾自体を減らすことに。本当にパルスレーザーはガバガバ。

    ・南部「いいじゃないか!星の1つや2つ!」
    →広告を出してまで主張しなくても良いんじゃないですかね…。
     あ、広告ありがとうございます。


    コメ返信は以上。
    今後共よろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。