夏の風物詩
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏の風物詩

2014-07-01 18:20
  • 13
出先から帰る途中、小さな神社でお祭りをやっていた。





時刻はまだ夕方前。日差しはきつく、境内の中もうだるような暑さ。
小さな神社だけれど、屋台の数は結構なものがあり、その種類も豊富だった。

すごく良い。

健康志向が叫ばれる昨今、「もうその色は毒なんじゃないか?」というレベルにまで達しそうな、青色、紫色をしたチョコバナナ、
パックからはみ出すぐらい、なんならはみ出しているほど盛られた焼きそば、
祭りの終わりごろには値段を変えるのであろう、300円の文字の「3」の部分だけ変えられるようにしてあるタイプの値札、

全てが、すごく良い。

売り手側も堂々たるものだ。

暑いのだろう、耐えかねてゴロンと寝そべり、商売する気持ちがまったく感じられない人もいるし、
女子プロレスラーみたいな金髪の女性が、恐らくは対戦相手が来ないのであろう、何をするでもなく鎮座している。
舐めた客がいようものなら、すかさずパイプ椅子でドグシャっとやりそうだ。

眉毛が消えかかってますけど、ひょっとして未来からやってきてるのかな? そして本来ならこの祭りで父と母がキスをする予定だったのに、上手くいってないのかな? と想像を掻き立てる元ヤンと思しき女性もいれば、
「トルコアイス」を売っている、恐らくはトルコ人なのだろうけれど、そしてきっとトルコ人であるがために嫌々ながらも借り出されてしまい、店の商品とはまったく別の物をモリモリと食べている外国人の姿もある。

とても良いです。
これぞ日本の祭り。

店先に景品がズラリと並んだ、クジを引くやつとか、まだあるんだなぁ。
「ハズレ無し!」って書かれてるけど、クジを引いた後に店員さんが店の中から取り出すやつ、それを僕らは「ハズレ」って呼ぶんだけどね。
吹くとピーヒョロと鳴って、丸まった先端が伸びる笛とか。

「なんだよこれ店先に置いてないヤツを出すの卑怯だろ!」

と言ってやりたい気持ちになるけど、
超コワイ店員が「はいコレ」と当然のように渡してくるその圧力に押されて、
なんも言えないんだよね。

そして、そうなるとは知らず、果敢に挑戦する子供の姿。

恐らく彼はこのすぐ後に、ガックリとうな垂れながら「これならチョコバナナ(毒色)を食べれば良かった……あるいはこれを憎いあいつに食べさせて、恐らくは致死量を超えているであろう毒素によっての毒殺を目論めばよかった」と思うことだろう。

そうやって大人になっていくんだろう。

君がたった今、比喩ではなくドブに捨てた300円は、とても重要な300円だ。
生きていくうえで大切なものを手に入れたんだと思いなさい。
あと、その「ピーヒョロ」、実は結構楽しいから、10分くらいはいけるぞ。
ただ、あんまり強く吹き過ぎるとすぐ駄目になるから、それだけ注意な。


いやぁ、祭りは良い。

ほとんどの人が日ごろ、この神社に参拝になんて来ないだろう。
そして、その神社に纏わる様々な歴史だったりを、知らずに帰っていくんだろう。

それで良いのかな、と思いもするけど、
それで良いんだろうな、とも思う。

そう言えば、もうすぐ地元でも祭りがあるみたいな看板が出てたな。
久しぶりに行ってみようか。


一人で。


その暁には、全力で「ピーヒョロ」してやろう。

先端を吹き飛ばすほどの勢いで。

狙いは当然、目の前でイチャつく浴衣姿のカップルだ。
俺の怒り……いや、これは神の怒りである。

そんな神こと俺が裁く!
逃げろ逃げろカップルども!
これが祭りじゃ! 日本の祭りじゃ!
あっはっはっはっは!


はぁーぁ…。

ため息が出ちゃう。自分のアレさ加減にため息が出ちゃう。

でも、口に「ピーヒョロ」を咥えているから、
正確には「ピヒョ~…」としか出ないけどね。


ピヒョ~……


夜の祭りにひっそりと響く、夏の風物詩。
広告
他3件のコメントを表示
×
幼児に渡すともれなく涎塗れになって帰ってくるよねアレ
72ヶ月前
×
鉄塔さんと祭行ったら楽しそうやなw
72ヶ月前
×
なんとも言えないテンションの文体なのにお祭りの懐かしさを思い出しました。
72ヶ月前
×
子供の頃は屋台の型抜きでお小遣いを稼いだなぁ・・・またやりたいな
72ヶ月前
×
なんでこんな無駄に良い文体なんだw
72ヶ月前
×
この郷愁感、堪らんですね。。
地元帰ってお祭り行きたいw
72ヶ月前
×
読んでいてなぜかドキドキしました。
72ヶ月前
×
今は松坂牛?の串焼きがあったり変わりましたねー。懐かしいなーピーヒョロw
72ヶ月前
×
「吹き戻し」っていうんだっけか…ぴーひょろw
72ヶ月前
×
長いです
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。