5/30 テストサーバーアップデート【Planetside2】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5/30 テストサーバーアップデート【Planetside2】

2020-05-30 15:54

    原文:https://forums.daybreakgames.com/ps2/index.php?threads/test-server-update-may-29-2020.254570/#post-3553222

    テストサーバー限定の変更

    ・新要素を試せるようにするためにメリットをオフライン時にも付与します。

    ・近々のアップデートでA7やLoyaltyを確保できる方法を導入します。


    コロッサス戦車

    ・コロッサス重戦車がテストサーバーで用可能になります。VRトレーニングルームでは資源の消費なしに使用することができ、トレーニング以外の実際の戦場ではWar Assetから建造することで使用することができます。(ただし、この戦車に関しては未だ調整中ですので何か変更すべき点にお気づきの方はぜひお知らせください。)

    ・コロッサスは重厚な戦車で複数人で搭乗することができますが、最大限の力を発揮するためには味方からの支援が必須となります。

    ・テックプラントとワープゲートにある専用のターミナルから呼び出すことが可能です。


    標準走行モード

    ・コロッサスは主砲を担う1人の運転手に加えて、主砲を囲むように四方に備え付けられている副砲を担う4人の合計5人が乗車することができます。

    ・個々のプレイヤーはそれぞれでコロッサスを自由にカスタマイズすることができ、メリットを消費することで好きな副砲や装備をつけることができます。


    スカイランスモード

    ・コロッサスは展開することでバスティオンの弱点を地上から打ち抜くことのできるスカイランス砲台モードに切り替えることができます。

    ・スカイランスモード時のコロッサスはバスティオンの船体を貫通し舟艇だけでなく反対側の甲板側の弱点も打ち抜くことができるようになります。

    ・展開時は特別な照準が表示され、運転手の視点ではどの距離からでもバスティオンの弱点を確認できるようになります。

    ・コロッサスのすさまじい威力の砲撃は敵だけでなく自分にもダメージを与えてしまうため、味方による修理支援が必須となります。

    ・さらに、展開中はコロッサスの周囲にコーチウムを利用した防衛用バリアが出現しバスティオンもMauler砲からの集中砲火から身を守ることができます。

    ・バリアを張るためのコーチウムはANTにより補給することが可能です。



    アウトフィットに関する変更

    アウトフィット活動履歴

    ・新しくアウトフィットの欄に「Logs」のページが追加されました。ここでは新規メンバーの加入やWar Asset作成、拠点の確保など自分のアウトフィットに関する出来事の履歴を確認することができます。」


    拠点強化モジュール

    ・Outfit Armoryに新しいWar Assetを追加しました。拠点強化モジュール(Facility Modules)は複数個あり、使用することでそれぞれ別の効果を発揮します。

    ・効果はその拠点がある地域全域に渡り、車両の生産コストの削減、タレット強化、その地域での歩兵の体力回復促進などができる他、リベレーターやMBTなどテックプラントでしか生産できなかった車両を生産可能にするなど様々な恩恵を得ることができます。

    ・また、これに伴い既存の拠点ごとの恩恵は拠点強化モジュールに含まれることになります。



    バスティオンに関する変更

    ・バスティオンの弱点は体力 15000/シールド 5000から体力17500/シールド 2500へと変更になります。

    ・バスティオンのシールド再起動までの間隔が12秒から20秒へと変更になります。

    運営からの一言: この変更によりバスティオン運用時には細かいダメージに対して気を払わないと破壊されやすくなるでしょう。



    メリット専用装備に関する変更

    ・Aux Spitfireは使用不可能になり、代わりにOrdnance Dampenerが使用可能になります。

    ・Ordinance Dampenerは使用することで周囲の歩兵に1段階目のFlak Armorを付与し、MAXには1段階目のOrdnance Armorを付与することができます。

    ・Flash XS-1は他のメリット専用装備と同様に設計図を購入し、再補給はロードアウトから行うという形をとるようになります。



    歩兵に関する変更

    新武器

    NS-66 Punisher(帝国共通SMG)

    ・パニッシャーは近距離戦での運用を想定して作られた次世代型のPDWです。備え付けのアンダーバレルを使用することで、破片手りゅう弾や各兵科限定の特殊弾薬を撃つことができます。

    兵科専用特殊弾

    インフィルトレーター:EMP弾
    → 設置物を破壊し、HUD表示を見づらくします。

    ライトアサルト:Impulse弾(衝撃弾)
    → 使用者と敵を衝撃でノックバックさせます。

    エンジニア:Enhancement弾(強化弾)
    → 周囲の機械系設置物の体力を増加させ、かつ、一定時間回復させます。

    ヘビーアサルト:Havoc弾(混乱弾)
    → 一定時間、周辺の機械系設置物の回復を不可能にします。

    メディック:Cleanse弾(浄化弾)
    → 味方を回復し、速度低下や盲目、コンカッションなどの状態異常を解除します。


    NS-06 特製仕様Thumper(帝国共通ヘビーウェポン)

    ・Planetsideシリーズを祝福して特製仕様のグレネードランチャーThumperが登場します!

    ・対歩兵用の破片手りゅう弾が初めから搭載されていて、その他にも多様な特殊弾を使うことができます。

    ・このThumperでのキルはExceptionalⅢのディレクティブとしてカウントされます。


    その他調整

    NS-30 Tranquility(闇商人限定バトルライフル)

    ・換装画面においてスカウトライフルではなくバトルライフルという区分になります。

    ・直撃ダメージ:75mで280、150mで250から15mで280、150mで225へ変更になります。

    ・速度低下効果は別のTranquilityやコンカッショングレネードと重ね掛けすることはできなくなります。

    運営からの一言:この変更によってセミオートのスナイパーライフルと差別化するために長距離での有用性を下げることを一番の目的としています。


    NSX Tanto(帝国共通カービン)

    ・腰だめ撃ち時のCoF(弾の散らばり具合)が0.24から0.12に変更になります。

    運営からの一言:Tantoの腰だめ撃ちが弱体化された当初はその制度が明らかに回りより抜きんでたものであったが、修正や新武器の登場でそれほど突出したものでもなくなったため弱体化前の仕様に戻す形をとりました。


    NSX Daimyo(帝国共通スナイパーライフル)

    ・スカウトライフルではなくスナイパーライフルという区分に変更になります。

    ・最大ダメージが225から325に増えます。

    ・最小ダメージが250から175に増えます。

    ・ヘッドショット倍率が5倍から3.5倍に引き下げられます。

    運営からの一言:ヘッドショット倍率の引き下げに伴い、頭だけでなく胴を撃っても十分なダメージが入るよう全体としてダメージ量を調整しました。この変更後は最大ダメージ距離では胴体3発で敵を倒すことができるようになります。


    Hunter QCX(帝国共通サイドアーム)

    ・Explosive Bolt(爆発矢)のダメージ耐性が3(将来的に無くなる耐性)から34(歩兵用ロケットランチャー用耐性)へと変更になります。

    ・爆発矢の直撃ダメージは450から300に引き下げられます。

    ・爆発矢の最小爆風ダメージは10から50に引き上げられます。

    ・爆発矢の最小爆風半径は0.35mから0.5mに広がります。

    ・爆発矢のダメージの距離減衰はなくなりました。

    ・爆発矢はCoFが広がらなくなる代わりに弾倉の容量(マガジンサイズ)が1減ることになります。

    ・煙矢が使用できなくなる代わりに、敵に延焼ダメージを与える焼夷矢を使用可能になります。

    運営からの一言:クロスボウのアタッチメントをいくらか整理しました。まず、爆発矢が特定の対象に対して異常なほど大きなダメージを与えており、それにより本来の機能を凌駕するほどの武器となっていたため修正しました。それに加えて、スモークの過剰連続利用に終止符を打ち、他のアタッチメントを使うよう促すべくスモークは廃止しました。


    アンダーバレルグレネード(アンダーバレルアタッチメント)

    ・弾の装填速度を4秒から5秒に伸ばしました。

    運営からの一言:すでにこの装填時間は他の武器で設定されており、それらと調和をとるためにこの変更を行いました。この変更により他のアンダーバレルグレネードランチャーと同じ装填時間になります。


    リコンデバイス(インフィルトレーター専用ツール)

    ・同時に使用できる弾数が20から6に引き下げられました。

    ・サイトを覗きながら撃ったとしてもミニマップ上で位置が表示されることはなくなりました。

    ・車両の下にリコンダーツを重ねてもその車両を浮かすことはできなくなりました。


    Infradine(闇商人限定消費アイテム)

    ・継続時間が20秒から30秒に延長されました。

    ・消費ネナイトが3から25に引き上げられました。


    コンカッショングレネード(ヘビーアサルト専用)

    ・効果が重複することはなくなったので、コンカッション効果時に操作が左右反転することはなくなりました。


    Revenant(インプラント)

    ・ランク5まで強化時の効果が以下のように変更になります。:味方蘇生時にその味方を透明化させることができる。


    Failsafe(インプラント)

    ・全ての段階での仕様間隔が20秒から12秒に変更されました。


    Survivalist(インプラント)

    ・ランク5時のリロードスピード短縮の効果はなくなりました。

    ・ランク5まで上げると、シールドが壊れた際に6秒間体力150を回復するようになります。

    ・足が速くなる効果はダメージを食らうとなくなるようになります。




    その他変更など


    ・1人称視点でのヘビーアサルトのシールドの見た目に関しての若干の調整を行いました。これは派手で細かい模様の弾を発射するような武器をサイトを覗いて撃った際にフレームレートが落ちるという現象に対処するためです。

    ・建築物を設置する際にどこに接するかの指標が再度表示されるようになりました。

    ・建築拠点のシールドを敵車両は再び通過できなくなります。

    ・テックプラントにおいて、2か所のジェネレーターがどちらも破壊された際にゲートがきちんと消滅するようになります。

    ・クラッシュ関係の修正と安定性の向上を色々と行いました。

    ・エサミアのEisaテックプラントを確保時の獲得EmpireStrengthの数が25から20へと引き下げられました。

    ・各国の言語に対応できるようにチャット欄の文字のフォントを変更しました。

    ・ディソレーションのRelic拠点それぞれにきちんとした名前が付けられました。

    ・ディソレーション拠点内の設置物の中に当たり判定がおかしいものがあったので修正しました。

    ・換装画面での武器検索のフィルターが正常に応答していなかったので修正しました。

    ・設置物を使用時に消費されるべきものが消費されずに設置可能であったバグを修正しました。

    ・闇商人が本来何も売っていなかったとしても、前回話しかけた時に最後にみたアイテムを再び売ろうとしてくるバグの修正。

    ・ハラッサーとフラッシュに装着可能なDaredevil Chassisを闇商人から購入することができるようになります。

    ・闇商人から購入した武器のアタッチメントを解除するにはA7が必要になります。

    ・押したところで何も反応がない“Go to Koltyr”のボタンを削除しました。

    ・戦闘中にフェニックスミサイルがゲームを宣伝することがあったバグの修正。

    ・例のサンクチュアリの吹き抜け階段でイライラした感じに足をパタパタと鳴らし貧乏ゆすりしていた警備にそれをやめるように言っておきました。あいつのことだよ、あいつ。

    ・ゲートキーパーのエフェクトの出どころを修正しました。

    ・味方の回復経験値は拠点確保のスコアに関係なくなります。

    ・キャプチャポイントにいることで得られる経験値は拠点確保のスコアに関係なくなります。

    ・ハラッサーのステルス強化時の必要サート数が適切でなかったため修正しました。

    ・War Assetのオービタルストライク説明文で表示される最大所持数が間違っていたため修正しました。

    ・「LithCorp」と名前の付く拠点の大文字小文字の振り分けは左の通りに統一されました。

    ・「アウトフィットからの本日のお知らせ」に関する様々な問題の修正を行いました。

    ・Chameleon Module使用時に適切な効果が得られていなかった問題の修正。

    ・NSO以外のMAXの小銃耐性が本来80%であるのに75%に引き下がっていたバグの修正をしました。

    ・Citadel Shieldの耐久を6000から10000に引き上げました。

    ・Citadel Shieldの頂点に何か物を置くことはできなくなりました。

    ・Defectorの二番目の換装画面に気味の悪い人の顔面が映りこむことはなくなりました。

    ・War Asset使用時に警告が表れることはなくなりました。

    ・MAXがバスティオンの操縦やインターセプターを操縦することはできなくなりました。

    ・Multer砲にやられた場合、専用のアイコンが表示されるようになりました。

    ・インターセプターの1人称視点と3人称視点での弾の出どころが同じになりました。

    ・インターセプターを1人称で運用時に武器を動かせたバグを修正しました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。