熱中症対策してますか? その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

熱中症対策してますか? その3

2014-08-15 02:29

    そのぶん明日から夏のコミックマーケットという事をTLでみかけたので、
    夏コミとは切っても切れない熱中症対策について、また書いてみます。

    まず前回までの復習をざっくりとしてみましょう。
    すごく暑くて体温が上がる→体温を下げるために汗をかく→でもまだ暑い
    →どんどん水分を消費する→水分足らずに体温下げられずダウン

    大体こんな流れなので、水分や塩分等を補給することで対処するのですが、
    体温上昇を抑えたり、効率よく下げたり出来れば、水分などの消費を抑えることが出来ます。
    その1つとして衣類について少し触れてみます。

    まず私がこの季節真っ先に準備する物は、スポーツウェアブランドの機能性アンダーウェアです。
    私は主にアンダーアーマーヒートギアを使用していますが、
    汗を効率よく吸収発散し、少ない汗で体温を下げられるので、体力の消耗も押さえられます。
    安価な速乾性シャツと比べ高価で手を出しづらいですが、その分性能が段違いです。

    次に、直射日光を遮るものも大事です。
    いくら汗で体温調節をしようとしても、直射日光を浴び続けることで太陽の熱を吸収してしまい、
    発汗のみでは対応出来なくなる事もあります。
    まずは帽子を被りましょう。
    日本人は基本的に黒髪なため熱を吸収しやすいので、帽子の有無でかなり差がでます。
    帽子の色は黒などの濃い色を避ける事と、一見涼しそうに思えるメッシュのボールキャップも
    メッシュ部分が日光を遮ってくれないので避けた方が良いです。
    ちなみに、麦わら帽子は非常に高性能でオススメです。
    頭頂部は細かく、側面は荒く編み込んでいるため、上からの日差しを遮りつつ、
    通気性を確保しています。

    そして、直射日光を浴び続ける場合は、半袖などで肌を露出するよりも、
    通気性の良い作りの長袖の方が、身体への負担が少なく済みます。
    バイク用ウェアのメッシュジャケットは、日差しを遮りつつ風を通すので、
    炎天下でバイクに乗っていても快適なほどです。(半袖だと日差しで体力消耗します)
    ただ、汗の乾燥を妨げたり熱が籠もっては意味が無いので、素材、作り、色などはよく選ぶ必要があります。

    今回はざっくりでしたが、服の作り、素材、色で暑さは変わってきます。
    外出時は適切な服を選ぶようにしましょう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。