クトゥルフ神話TRPG シナリオ配布 「混沌とした時代??」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クトゥルフ神話TRPG シナリオ配布 「混沌とした時代??」

2018-04-04 03:03

    Reed me

    このシナリオは技能ロール無しでも攻略出来ます。
    各種判定はKpに依存します。

    基本ルールブックをもとにしていますが、一部判定に差を出しております。
    訂正等は卓に合わせ下さい
    神話生物が出るとは限りません。
    シナリオを楽しみください。
    【はKPのみ把握です、PLが知ってしまうと楽しさ減少?】
    (は例や公開情報 に準ずるものです。)
    <技能のロール>

    推奨人数:24
    時間目安:1時間

    概要:
    探索者たちは日常を行えている
    時代背景は現代日本


    はじまりはじまり。
    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
    混沌とした時代??(作者:時計台)

    Kp:あなた達が今日行った事は何ですか?
    【後々のボーナスに使っていただければ...】
    図書館で歴史・神話のコーナー又それに準ずる事柄
    学校で授業(教科は問わない、歴史や音楽が好ましい)  
    茶屋で団子を食べる
    他色々

    Kp:いつも通りの日常は過ぎ時間は夜。あなた達は眠りにつこうとしているだろう。
    何かすることはありますか?

    Kp:
    あなたは眠りにつけたのだろうか?
    目を開けるとそこは白い部屋、周りにちらほらと人がいるようです。
    ※所持品とかは必要最低限なものになってます。
    【攻撃的な物を弾いてしまっても良いでしょう】


    探索者たちはどのようにしますか?

    Pl:周囲の確認→扉以外何もない事を伝えましょう。(よく確認をしなければ)
    扉はノブのある押戸で中の確認はできない。(自分たちが部屋の中に入らないと情報は得られない)

    <目星>(もしくは扉の差異の確認があった場合)
    1
    つの部屋だけ木の札がある事に気づく
    木の札はネームプレートで

    Cerberus room. と書かれてます。
    木の札:知識ロールの成功で言語判明)

    【習得言語の反映をすると楽しめる?】
    サーベラス(英語)(ローマ字表記)ケルベロス(ラテン語)の部屋。
    (得られる情報はそれ以上ないです)

    間取りの公開

    扉1
    :何もないです
    Plが技能のロールをしたとしても特に何も起こらないでしょう。

    内側:自分たちのいた部屋と変わりのない感じがするただし真ん中に人影が見える
    人影はその装いから女神様と推測できるよ<イメージがわかない人がいれば女神って言っても良い>
    服装はギリシャの女神に相当しそうです。又、背丈もほどほどで身なりもきれいです。
    【女神は話せますが核心は言わない方が良いでしょう】
    「色々とずれちゃっててあなた達が無事に戻れることを祈っているよ。
    私からはこれくらいしか言えないかな
    「猪突猛進に部屋に突撃するのは良くないかもね」【これ以上の発言は推奨しません】

    女神に対するアクション...
    顔を詳しく見ようとすると正気度減少(1or1d6SAN値減少)
    描写:おかしいそこに顔があるはずなのに顔がない、一つしかあるわけがないのに無限と湧いてくる、これは本当に顔なのか、はたして貌なのか...
    矛盾という矛盾に苛まれる不可解な現象に遭遇したあなたはSANチェックです。

    ボディタッチ等を行うと正気度減少(1or1d6SAN値減少)
    描写:予想した感触とは別の感触がする、それは見かけによらずガタイの良い物であったりふとすると柔らかな物、得てして常人にはあり得ないことを理解する。SANチェックです。

    【この部屋に入り浸るようであれば出ていく&何もないことを催促する】
    説に頼み込むと教えてくれるだろう。
    【Kpの判断にお任せします。教えなくても可。】
    又特殊な判定として 水泳及び登攀
    クリティカル、ファンブルで夢の国に...end3へ<直行>

    2
    外側:<聞き耳>とてもきれいな音が聞こえます。

    内側:調理スペース的なところとすぐ理解できる。またきれいな音が聞こえる。
    聞き耳に成功した人はどこから琴の音がするのかはわからない。
    (音の出処を詳しく知ろうとしたものは0or1d2SAN値減少。)
    それは琴だった、しかしおかしい、琴の弦が一切揺れていない
    不可解な光景に遭遇したあなたはSANチェックです。

    目星>(音の出処を探った人)
    竪琴があるよ(持ち運びができそうと直感的に思えた)
    竪琴
    置くことで自動的に演奏される。持ち上げると演奏は止まる。
    Plが置いたり持ったりしたタイミングで描写をしてあげるとなおよい。)

    <聞き耳>蜂蜜のにおいに気づいた。
    調理スペースには小麦粉があります。(自動で見つけたでよいでしょう。)
    <聞き耳>に成功。(戸棚を開ける等の行動宣言)で蜂蜜の発見。
    小麦粉と蜂蜜でお菓子:焼き団子がPC数だけ作れます。
    作成に関してですが特に問わないものとします。
    焼き団子:蜂蜜の香りが食欲をそそる神代のお菓子的な物

    扉3
    外側:<聞き耳>何か獣のうめき声がする...時折寝息のようなのも聞こえるようだ
    うめき声はよりリアルでPC達は嫌悪を抱くだろう0or1d3SANチェック。

    内側:入ったみんな気づくだろう目の前にはこの世の生物とは思えないものが
    文献でしか見ないような様相、三つの首を持ち猛々しい黒い体を持つその獣を。
    1d6 or 1d20SANチェックです
    又、獣の後ろには扉があることに気づくだろう。(発狂者などは除く)
    (間取り1の3の奥に扉がある認識で下図参照)
        

    【会話不可能
    通過しようとすると襲ってくる。いる程度では何もしてこない。
    戦闘しても意味がないです。【There is no point in fighting.

    竪琴を設置or焼き団子の提供。
    【竪琴を設置した場合:首が1つずつ倒れるのを描写するのが良いでしょう。
    焼き団子を供える場合:食べることに夢中でPC達に目もくれないことを伝えましょう
    ただしPC数の半分以上供えないと効果なしとしてください。】

    【ギミック解除です奥の部屋へ催促してください。】

    4
    外側:<聞き耳>何もなし

    内側:本がいっぱい!!
    なんの情報もなしに図書館技能を要求することはできません。図書館は検索をする技能です。
    【これまでに判定やKpに不都合があった場合ここで調整ができます。関連の書籍などを図書館で探させるのが良いでしょう。】

    <目星>ケルベロスの部屋から逃げた後のみ(もしくは図書館技能なしの救済)
    ケルベロスの逸話の知識を得る。
    PCの進行度で情報を提示してください。】
    <図書館>琴について
    琴の演奏によって寝てしまうケルベロスの逸話を知る。
    <図書館>団子について
    ケルベロスは甘いものが大好きで。食べている間に通過できるという事実。
    諺、ケルベロスにパンを与える。

    真ん中の部屋
    最初の部屋。机などもなく本当に何もない。
    最初に目を開けたときにいたのは誰だろうか。(他PC達がいるという意味です深い意味は無いです。)

    3の部屋の奥
    その部屋に入った瞬間視界が暗転する。
    目に見える景色は果たして何なのだろうか?それは時代の断片なのか?
    そんなことを考えていると人影が現れる。
    Kp:君たちは実に****だ(*はロールプレイの総評でも当ててください。)
    人影は女性と見て取れる。

    END1(普通)
    ・扉3の部屋の奥に到達
    Kp:
    「無事に帰れるとはこれは良い。さようなら探索者たち。」
    目が覚めた。普段通りの朝で、それは夢だったのかもしれない。
    シナリオのクリア。

    END2(真実)(特殊1)
    ・ 扉3の部屋の奥に到達
    ・技能ロールなし
    ・女神にアプローチが多い
    ・(部屋にいた女神に気に入られることで発生※ダイスが荒ぶることでも発生)
    Kp:「君たちは本当に面白い!!」
    貌が明らかとなったのか?なったのだろう。違和感しかないが...
    Kp:「実に愉快で愛おしい。」
    合点がいった、その顔は矛盾に満ちているのだと、その表現は狂愛に満ちているのだと。
    Kp:「君たちとはまた会えるね、楽しみだ!この異変の解決はありがたい一歩だ。」
    また暗転した。
    朝が来た。白い部屋で起きたことを克明に覚えている。
    彼女が言うには、又呼ばれる。そのことを自覚して探索者は日常に戻っていった。
    シナリオのクリア。

    END3(不幸)(特殊2
    Kp:
    「愚かながらに面白い。こちらに招待してあげよう。」
    女性の姿が変化する。
    Kp:
    「私が守るその国へ、耐えれたもののみ来るがよい。」
    その姿はおぞましいのか?
    貌は判明することがおろか、何も得ることができない、その巨体は測ることができる、すべてにおいて矛盾に満ちている...並みの者には耐えきれない彼の者の本当の姿を見たあなたは、1d10or1d100SANチェックです。(ニャルラトホテプです)
    結果で分岐

    耐えた場合
    夢の国住人の認定。

    耐えれなかった場合
    ロストのつもりで
    <いずれもKpの判定に委ねます。>

    シナリオを達成できなかった。
    (キャラの途中ロスト。耐久値や正気度の減少により探索続行が不可能の場合。)

    報酬
    シナリオクリア...1d6の正気度回復。
    アイテム「焼き団子」の所持および使用...1d3の正気度回復。
    女神に好かれた...1d4のSAN値回復(現在の最大SAN値を超えて回復)
    女神に好かれる方法...ダイスがあらぶったり、女神の前で跳んだり泳いだり?

    追記(卓次第で採用してはいかがでしょうか?)
    琴は回収不可...アイテムとして存在しないため。
    END3かつ生存...正気度の上限を現在値に固定後その分のクトゥルフ神話技能の習得。

    背景
    ニャルラトホテプの管轄外の現象、今回は彼(女)も巻き込まれた側。
    彼(女)が言った通り、色々とずれた空間である。

    女神様はニャルラトホテプです。
    キャラステータスは公式るるぶの人型形態の参照で。好きに弄っていただいて...

    あとがき
    初めて作った奴を直しなおしで投稿、投稿は初めてなので書式など不安ですが。遊んでいただければ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。