• 配信たん2 include nPackage

    2020-09-14 00:00286
    配信たん2 include nPackage

     このツールは、車載生放送に於いて全てを自動化し、走行中でも安全に生放送が出来るようにと、らいか様 が製作された「配信たん」の改良許可を得てニコニコ生放送に対応させたものです。
     視聴も出来るので、コメントビュアーとしても利用出来ます。車載に限らず様々な用途にもご利用下さい。
     外部配信ツール(N AirXsplitOBS Studio)の利用が必須になりました。
     基本的な操作はほぼ左クリックのみで行えます。


    ※動作環境がWindows10 64bit (1903) 以上になりました。
    ※32bit版の開発は終了しました。
    



    ※Windowsタブレットで画面スケーリングが100%になっていない場合、表示が崩れる事があります。
     Windowsの設定-システム-ディスプレイの「テキスト、アプリ、その他の項目のリサイズを変更する」を100%にして下さい。その上で拡大したい場合はその下にあるディスプレイの解像度を変更してください。/ ar1242983



    ※N Air、OBS Studio、Xsplitとの連携は、ホットキーなどの設定が必要です。
    ※基本的にOBS Studioをメインにサポートします。(非アクティブ化が可能)

    • 外部配信ツールのホットキー設定 / ar1682656
    • 初めてのOBS導入手引書 / ar1441882

    導入方法

    ・予め上記を参考に外部配信ツールの導入を済ませておいてください。
    ・ファイルをダウンロードしたら、「Broadcast2.exe」でインストール後、スタートメニューから起動して下さい。
    Microsoft Edge WebView2 Runtime のインストールが自動で始まります。
    ・起動するまでに少し時間がかかります。その間は配信たん2を起動しないで下さい。


    ・インストールが完了したら、配信たん2を起動してください。
    ・ログインIDとパスワードを入力します。



    ・ログインしたらメイン画面左上にある枠取りボタンを押します。


    ・初回延長時間や起動時にウィンドウを開く設定などが画面内でできます。
    ・放送詳細入力画面で情報を入力したら、番組作成ボタンを押すと配信開始します。
    読み上げ機能も搭載しているので、コメントはHikariちゃんが読み上げます。

    メイン画面のお気に入り機能について(放送詳細・コミュニティなどの切り替え)
    ・自分の放送に接続した時(タイムシフトでも可能)に、タイトル右横の☆マークがアクティブになります。
    ・☆マークを押すとタイトル+放送番号がタイトルプルダウンメニューに登録されます。
    ・次回の放送よりプルダウンメニュー選択してから次枠取ボタンで枠を取ると、過去の放送詳細を引き継いで番組を作成できます。
    ・選択した状態でDeleteキーを押すとリストから削除されます。


    ※経過時刻をクリックすると延長できます。



    基本的な操作方法について
    配信たん2には様々な機能が付いています。あらゆる環境、用途に合わせてご利用下さい!

    メイン画面のメニュー



     メイン画面上部には配信に使う基本的な操作をボタン一つで出来るようになっています。
     アイコンの上にマウスを乗せれば、説明が出ます。

    N Air・OBS・Xplit アイコン / 外部配信ツールを開始・停止します。
    枠取り / 枠取り画面を表示します。画面内で他の人の放送やタイムシフトに接続すれば視聴も可能です。
    次枠取り / 起動直後か放送終了後に押すと、前回の放送内容を引き継いで自動で枠を取ります。
    自動次枠取り / オンにしておくと、放送終了時に自動で次枠を取ります。
    無料延長 / オンにしておくと、無料延長が可能な条件が揃っていれば無料延長を試みます。
    リロード / 配信ツールを再接続します。
    タイトル / お気に入り内容を選択すると番組詳細を引き継いで次枠を放送します。
    放送番号 / lv番号またはURLを入力してEnterキーを押すと、その放送に接続します。
    お気に入り / 接続している自分の放送詳細をタイトルプルダウンメニューへ登録します。
    ウィンドウ / ドラココなう!や受信たんなどを別ウィンドウで開きます。
    読み上げ / コメントを読み上げるかどうかを切り換えます。
    配信停止 / 放送中の番組を終了(/disconnect)します。
    設定 / 設定ウィンドウやコマンドパネルなどを開きます。


    もっといろんな機能を付けたい!
    配信たん2にはたくさんの機能が備わっています。細やかな設定で自分にあったスタイルに!

     設定画面から様々な機能を追加して、より楽しく、便利に。また、配信たん2の画面上で右クリックでメニューを出して、画面モードの切り換えなども簡単に。


    配信たん2 設定詳細 / ar630529
    ・車載に特化している為、GPSロガーを必要とする項目が多いです。
    Android搭載のGPS機能を利用出来るようになりました!
    GPSロガーをGPSセンサーにする / ar1739019


    メイン画面以外にも、こんなウィンドウ達が!
    各ボタンや設定項目によって、さまざまなウィンドウが表示され、配信をサポートしてくれます!

    ・通常配信や不測の事態にはここで対応


    コメントビュアーを別ウィンドウで表示!


    ・ドラココなう!の地図で友達の位置を確認!


    ・自分の放送画面を確認!


    ・自動進行するアンケートや動画再生支援でコマンド入力を簡単に!


    ・目的地の簡単な登録、GPSの非送信エリアの登録などはこちらで!


    ・画面モードを切り換え!


    ・設定次第で様々な組み合わせが可能になっていますので、いろいろ試してみて下さい。

    搭載機能の詳細情報

    内部処理に利用しているAPI群のご紹介
     住所取得、高度取得、最寄り施設情報取得
      Yahoo! https://developer.yahoo.co.jp/
      Google https://developers.google.com/
      ・Maps JavaScript API
     最寄り駅情報
      HeartRails Express https://express.heartrails.com/api.html
     逆ジオコーディング、ダム情報
      農研機構 https://aginfo.cgk.affrc.go.jp/
     ゲレンデ情報
      SURF&SNOW https://snow.gnavi.co.jp/
     天気予報・周辺情報
      Yahoo! JaAPAN https://www.yahoo.co.jp/
     Voice Text Web
      https://cloud.voicetext.jp/webapi
     占い
      【PR】原宿占い館 塔里木
      powerd by JugemKey
     ニュース
      Powered by News API


    動作に問題が発生した場合
     こちらの修復方法を試してください。

    利用解析について
     放送開始すると、ニコ生とドラココなう!で公開されている情報が収集され、一般公開されます。
     https://dorakoko.com/Log/


    動作推奨環境
     Windows10 Home (April 2018 Update) 以上必須
     .Net Framework 4.8
     ニコニコ生放送のアカウント


    御礼
     配信たん2の開発にあたりご協力頂きました、配信たん製作者・らいか様をはじめ、配信主様に感謝致します。多大な時間と労力、無駄に流れた予約枠、予期せぬトラブルに見舞われても冷静に対応して頂き、ここまで成長致しました。今後ともこれに懲りず、よろしくお願いします。


    ご協力のお願い
     Amazonでのお買い物の際は、下記リンクをご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。Amazonアソシエイトプログラム

     時々「お金を取ればいいのに」とのご意見を頂きます。基本的には無料でご利用頂けますが、気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。アマゾンギフト券を wangdora@outlook.jp 宛にお送り下さい。Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス


    Since 2014/07/07

  • 広告
  • 自動タイトルカウントアップについて

    2020-08-08 07:45
    まず、タイトルに「$Count」を含む番組名で枠を取って下さい。


    枠が取れたら、メイン画面のお気に入りボタンを押し、タイトルプルダウンメニュー内に「$Count」を含むタイトルが登録されたことを確認し、配信を終了してください。
    ※ここで配信した番組は毎回使いまわす為、消去しないで下さい。



     配信たん2の設定、ウィンドウ、枠取り画面の「自動でカウントアップする」にチェックを入れます。
    次枠時のカウントを入力します。ここのカウントは、次枠取りをする毎に数値が増えます。
    タイトル内の「$Count」を置換します。


    タイトルプルダウンから$Countを含むタイトルを選択し、新自動次枠取り機能をオンにした状態で、次枠取りボタンを押すと、タイトルがカウントアップされて開始します。


  • 棒読みちゃんプラグイン 音声認識

    2020-06-06 00:00
    棒読みちゃんプラグイン 音声認識

     Google Chromeの音声認識APIを利用し、マイクで喋った言葉をテキストとして棒読みちゃんへ送信するhtmlソースとプラグインです。
    ※ご自分でSSL対応サーバーへの設置が必要です。


    とりあえずどんなものかを体験してください。

    ・棒読みちゃんが起動している事を確認してください。(Ver0.1.11.0 Beta12以上必須)
    ・Google Chromeで下記のアドレスへアクセスします。
     
     https://wangdora.ojaru.jp/
    ・マイクの利用許可を押して、マイクに話しかけてください。
    ・話した言葉を棒読みちゃんがそのまま喋ってくれます。

    ※上記アドレスはしばらく使うとエラーが出るので確認程度にご利用ください。
    ※無料レンタルサーバー(忍者ツールズ)に設置したものです。

    使い方

    ※棒読みちゃん Ver0.1.11.0 Beta12 以上はこちらをご利用ください。

    ※棒読みちゃんにプラグインを設置しなくても良くなりました。

     Downloadボタンより、Speech.zipをダウンロードして解凍してください。

     ダウンロードしたzip形式ファイルはセキュリティロックがかかる場合があります。
     下記を参考に解除してください。
     https://ch.nicovideo.jp/Wangdora/blomaga/ar1799424

     サーバーへ「index.html」を転送します。
     Google Chromeから、SSL経由(https)でindex.htmlへアクセスするとマイクの許可を求めてくるので許可。


     マイクに向かって喋ると、テキストに変換されて棒読みちゃんへ送信されます。
     ローカル環境でも動きますが、毎回マイク許可を求められるのでサーバー運用したほうが良いです。

    注意事項
     ※HTTP通信でポート50080を利用します。
     動かない場合は棒読みちゃんの基本設定-アプリケーション連携のHTTP連携がTrueに、ポート番号が50080になっているか確認してください。htmlの記述を書き換えることで変更できます。


     ※スピーカーから音声を出力している場合、マイクが音声合成の音を拾ってループする事があります。
      ヘッドホンなどを利用して下さい。



    棒読みちゃんにプラグインを置くバージョン

    ※棒読みちゃん Ver0.1.11.0 Bata12以下の場合はこちらをご利用ください。

     サーバーへのindex.html設置は必要です。上記を参考に。
     棒読みちゃんのインストールフォルダへ「Plugin_BymChnWebSocket.dll」をコピーします。
     棒読みちゃんでプラグインを有効にすれば利用可能です。


    OBS Studioの字幕にも送信するバージョン

    ※棒読みちゃん Ver0.1.11.0 Beta12 以上

     index.htmlとobs-websocket.jsをサーバーに配置します。
     下記のアドレスでobs-websocketをインストールしてください。
     https://github.com/Palakis/obs-websocket/releases
     OBSのweb-socket設定の「システムトレイ通知を有効にする」のチェックを外してください。
     ソース追加で「テキスト(GDI+)」で追加、必ず「Speech」と言う名前で作成。
     index.htmlへアクセスして喋るとOBSの字幕が変更されます。


    参考
    https://github.com/ryujimiya/Plugin_BymChnWebSocket