ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

棒読みちゃんプラグイン TextConvert
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

棒読みちゃんプラグイン TextConvert

2021-04-04 00:00
  • 5
※ブロマガサービス終了に伴い、下記アドレスへ移転しました。
https://wangdora.rdy.jp/

※上記移転先サイトからダウンロードしてください。
※ブックマークの変更などもお願いします。



 棒読みちゃんが受け取った文字列を置換するプラグインです。
 コマンドを自由に設定、文字をランダム置換、単純置換、正規表現置換で話者の変更などを棒読みちゃんへ送信する前に置換できます。

使い方
 ダウンロードしたzip形式ファイルはセキュリティロックがかかる場合があります。下記を参考に解除して下さい。
 https://wangdora.rdy.jp/?zip


解凍した「Plugin_TextConvert.dll」を棒読みちゃんフォルダへコピーして下さい。
棒読みちゃんで利用を開始後は、その他タブのプラグインで、Text Convertを上部へ移動してください。
上から順番に処理される為、最上部である事が条件です。



メイン画面に赤い「TC」アイコンが追加されます。
アイコンをクリックすると設定画面が開きます。



設定

・上段のコマンドとランダムタグについて
 コマンドは自由に決められます。ここで作成したコマンドを下段の置換後で利用することが出来ます。
 ランダムタグは、カンマ区切りで選択肢を複数指定できます。画像の例一番上の$randomではc)、v)、x)、u)、p)の中からどれか1つが $random と置き換わります。
 カンマ区切りが無い場合は、単純置換になります。置換設定がたくさん増えた時にここを変更するだけで全てが置き換わるので固定されたSE音などを設定すると良いです。(例:$sound / $soundを再生(51.mp3)に設定しておき、下段では$soundを使う事で後から上段のファイル名を1つ変えるだけで下段全てのSEを変更する事が出来ます。)
 また、カンマ区切りであればSEをランダム発生する事も可能です。(例:$sound_random)


・下段の置換について
 検索文字列は、棒読みちゃんに送られてきた文字の中に存在する場合に発動します。

 単純置換
  検索文字列をそのまま置換後の文章に置き換えます。正規表現欄は空欄で構いません。


 正規表現
  検索文字列から正規表現で抜き出した箇所を置換します。置換後は$1から順番に番号が振られます。


 置換後は、コマンドと正規表現の結果を織り交ぜて表記が出来ます。
 また、Shift+Enterで改行を入れることが出来ます。この改行では棒読みちゃんへの折り返し送信時に、行分けします。※話者変更は文章の先頭にあることが条件なので、行分けしてから話者変更コマンドを入れておくことで、文中でもSEを鳴らしたり話者を維持できたりします。

順番の変更
 リストの上部から順番に置換される為、同一の文章を含む場合(例:$soundと$sound_random)は、先に置換されてしまわないよう短い方を下へ移動してください。※下部も同様です。

注意事項
 Voiceroid Talk Plus をご利用の場合は「常に読み上げる」にチェックが入っていると2回読み上げる事があります。
 置換後の文章に検索文字列が含まれている場合や、ランダムタグ内にランダムコマンドや検索文字列が含まれている場合ループバックが発生する警告が出ます。よく確認してください。


画像の例 (下部)

・「再生w(051.mp3)」 というタグは(soundw)コマンドを棒読みちゃん側で独自に追加したものです。通常は「再生(051.mp3)」と記載しても効果音は鳴ります。

「30分経過しました。」と言うテキスト文が来た時、「051.mp3」または「062.mp3」効果音ファイルを再生したあとに、5種類の中からランダムに選出された話者の声で「30分けいかしました。」と返します。「30分」の箇所は10分毎に通知され、文字が入れ替わるので正規表現で抜き出して$1に変換されています。

「室商店に到着しました。」というテキスト文の時は、「062.mp3」効果音ファイルを再生したあとに、$1で抜き出した目的地名称をm)を付けて棒読みちゃんへ送信、さらにv)で「お疲れさまでした。」を送信します。VOICEROIDの話者が混在していても、改行がある事で切り替えられます。

「ゆかり)」を「c)」に変換します。正規表現は空欄です。この時、Voiceroid Talk Plusではc)としてゆかりが登録されていた時、どちらのコマンドでもc)に変換される為、ゆかりが読み上げてくれます。コマンドを複数指定したい場合に利用できます。

・プラグインの仕様上、棒読みちゃんの声質を直接切り替えることは出来ませんが、棒読みちゃんに飛んでくる文字列に必ず検索文字列が含まれていればokなので、例えば、コマンド「$randomtag」、ランダムタグ「y),b),a),g)」、検索文字列「q)」、置換後「$randomtag」とし、飛んでくる文字列が「q)おはよう」である時は、「y)おはよう」「b)おはよう」「a)おはよう」「g)おはよう」のいずれかが返されます。
 この場合、棒読みちゃんが受信するよりも前に常に頭へ文字を付けておく必要がありますし、視聴者がq)を使ってコメントしてもらう事になります。
 コメントビューアなどにはこういった先頭文字付加機能が備わっているものもあります。

・オンラインRPGのコメント読み上げやTwitterなどの文章読み上げなどで、定型文やコテハンによって話者を振り分けるなどにも利用できます。


正規表現についてはこちらをご参考に。
https://wangdora.rdy.jp/?plugin/regular_expressions


広告
×
置換後に同じコマンドを複数配置して、それぞれランダムにランダムタグを選択させたいのですがすべて同じものが選ばれてしまいます。
例えばコマンドが $a でランダムタグが 1,2,3 の場合に置換後に $a$a$a と記述すると 111 か 222 か 333 になります。
これを 123 とか出るようにするのってできませんか?
14ヶ月前
×
>>1
要望ありがとうございます。
再度ダウンロードし、DLLファイルを棒読みちゃんフォルダへコピーしてください。
$a 1,2,3
$b 1,2,3
$c 1,2,3
を作り、$a$b$c で利用して下さい。
また、ランダムタグについてですが、$aの置換後は全ての$aで同じ値であるべきかなと思うので、
例えば $a$b$c$a と複数ある時に、$aには同じものが入ります。
14ヶ月前
×
お世話になります。TextConvertでのコマンドと棒読みちゃん本体にタグ教育されている文章を入れたら2回読み上げられてしまいます。
例:「ぴかアウトAアウト」と入力したら、「ぴかアウト」と「~~(誰かがランダムで)アウト」のようにしたいです。

ぴかアウト・・・棒読みちゃんで(SOUNDW .\pikaout)で教育
Aアウト・・・・TextConvertで$aoutに置換、$aoutは「再生(aout),再生(bout),再生(cout)」にタグ化しています。

これでやっているのですが、実際の音声は
「ぴかアウト(SE)、Aアウト(棒読みちゃんの音声)、ぴかアウト(SE)、~~アウト(SE)」と二回鳴ってしまいます。 ※本来は「ぴかアウト(SE)、~~アウト(SE)」

棒読みちゃん自体に入っているタグ教育をTextConvertに移せばいい話なんですが、棒読みちゃんのSE教育に1000種以上入れているので手間です。これを避ける方法はございますでしょうか?
3ヶ月前
×
>>3
プラグインを通した後に、棒読みちゃん側へ再度送るので、同じ単語があるとループするからでしょうか。
どのみち手間になりますが、別の単語に置き換えて単語を無音化や棒読みちゃん側で置換するなどが必要かと思います。

設定ファイルは全てテキストデータなので、棒読みちゃんの教育辞書の
ReplaceStudy.dic
を、プラグインは
C:\Users\【pc名】\AppData\Local\Fight_Not_Found\TextConvert.xml
をメモ帳で開いて、書式を合わせるように整形してコンバートすれば全行コピーも可能かなと。
3ヶ月前
×
>>5
お返事いただきましてありがとうございます!
早速やってみます!
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。