• 『谷の底で咲く花は』は呪いと決意と祝福の歌である

    2019-05-23 07:35


    前回の記事は感情のままに書き殴ってしまったので大分乱文ですね。
    今回はちゃんと精査しましたよ。
    できてるかどうかは君の目で確かみてみろ!




    というわけで記念すべき白菊ほたるのソロ曲『谷の底で咲く花は』は、
    やはり過去と現在と未来の三点で歌われる曲だと思うのです。



    根拠としましては歌詞の最後、世界を素晴らしいと認識した後の
    嵐の夜が去った世界を思い、「わからないよ でもここで咲く」の辺り。

    率直に言えば、曲が終わった後、
    「うぉおおおお!俺が迎えにいくぞおお!うぉおおお!ほたるううううううう!」
    ってなったんですよね。
    つまり、私にはデレマスの事務所に来る前の白菊ほたるを思い出した訳ですよ。
    いや来る前に具体的にどうだったかは知らんけど。
    まぁ、端的に言えば前回の記事で言ったとおり
    「過去のほたるが憧れを抱いても自らの不幸でどうにも出来ない絶望を呪って歌う」
    という認識だったんですね。



    しかし、この歌を「デレマス事務所に来たほたるが歌う決意の歌」という認識の人も居て、
    まぁ、当然と言えば当然、なんでわざわざネガティブに捉えなあんのや。って話。

    とはいえ、やはり自分の直感は信じたい、けれど現在と捉えるのも間違いとは思えない。
    ならば、ひょっとして、更に押し進めて未来で歌う可能性も存在するのでは?
    という考えが浮かんだ訳ですね。

    では、『谷の底で咲く花は』を分解して理解しましょう。




    まず歌詞を、

    谷の底で毒の身を呪い「生まれ変わり日向で咲くの」と歌う一番。

    渡り鳥が嵐を告げ「待ちわびた瞬間なのに震えていた」と歌う二番。

    嵐の夜が明け「空を見上げ思う これが希望」と歌う三番。

    そして、世界が変わっていく中「わからないよ でもここで咲く」と歌う四番。

    に別けます。




    大体なんとなく、一番が過去であり、二番が現在、三番が未来を歌っている感じがしますが、
    そこで不思議なのが四番の立ち位置。
    これ、過去現在未来のどこでほたるが歌うかでまるで意味が変わるんですよね。


    まず、この歌を過去のほたるが歌う場合。
    大方の見方は前回の記事と変わりませんが、
    一番を主軸とし「ほたるがデレマス事務所に来る前の過去の歌」とした場合、
    一番は生まれ変わるしか活路を見いだせない絶望。(既知)
    二番は生まれ変わる為に乗り越えなければならないだろう試練への不安。(未知)
    三番は生まれ変わったとき見えるだろう景色への憧れであり儚い希望。(未知)



    そして、四番に視点が『過去』つまり「ほたるが事務所に来る前」に戻り、
    「いっそ全てを諦めて終えられれば楽になれるのに、
    どうして希望を見ているのか」と苦しみながらも、
    「毒の身のままでも、それでも私はここで咲くしかない」という憧れに縛られた呪いの歌になる。

    つらみ。

    だが、それは既に過去の話。
    現在のほたるはデレマス世界にきてアイドルになった。




    それじゃあ次は視点を現在に置いてこの歌を歌うとどうなるか。

    一番は既に為った再生への回顧。(既知)
    この辺りはデレステのストコミュが一番分かりやすいですね。
    ただ、デレステだと「これから再生するぞー!」っていう比較的前向きさのある感じですが。
    二番を主軸として歌う、つまり『現在』の“アイドル”という望んだ存在になれたはずなのに、
    実際は──あるいは思っていたとおりそこは嵐のような世界であり、
    臆して震えてしまう恐怖。(既知)
    三番は恐怖を感じつつも何時か見た憧れに手が届くという可能性を見る、か細いが確かに見える希望。(未知)



    そして四番で『現在』のほたるに戻ると、
    アイドルの世界を知り、厳しさや無情さを知ってもなお、
    やはりそれでもアイドルでありたいと願う決意の歌になるんですね。




    最後に未来です。
    『未来で歌う』ってなんや?とお思いでしょうが、
    単刀直入に言えば「アイドルを辞めた後で歌う」歌になるんです。
    その視点を持って見ると、



    一番は、不幸という毒を呪い、生まれ変わるしか無い絶望を抱いていたという事実。(既知)
    二番は、なんとかアイドルになれたものの嵐のように激しくただ翻弄されるだけだった思い出。(既知)
    三番を主軸──つまり『未来』のほたるがここを歌うと言うことは、つまり、
    「それら全ては今、私がこの素晴らしい景色を見る為にあった」という肯定。(既知)
    これが希望だとハッキリと確かに言えるようになるんです。



    そして四番。
    未来にアイドルを辞めたほたるが何を思うかというと、
    確かな希望を得て不幸な過去を肯定できるようになった彼女には
    世界が変わろうとも、
    自分が変れなくても、
    『白菊ほたる』という花《アイドル》がファンの心に強く残るか、
    それとも一時の娯楽として消費され枯れ果てようとも、
    最早関係なく、
    ただただ「でもここで咲く」と自らの将来を祝福する歌になるんです。
    少なくとも俺には笑顔でそう言ってのけるほたるの顔が見えた。




    この『未来』に考えが至ったとき、ちょっと泣いた。
    ちょっとだけだぞ!




    しかし問題はこの『未来』は「絶対に」と言えるぐらいには来ないと言い切れてしまう。
    なぜならこの『未来』は「ほたるがアイドルを辞めた」時間軸であり、
    別の言い方をすれば「ほたるが自らの不幸を肯定しきれた」瞬間であり、
    その時が公式で来るのか?という疑問。




    まぁ、ありえないんですよね。
    だって、“不幸である”事、
    それは白菊ほたるというアイドルの重要なファクターなのですから。







    そしてデレマスの世界は「アイドルを辞める」という事を許さない。




    これは同時にどんなに保有するエネルギーがすり切れようとも
    「アイドルであり続けなければならない」魔法(呪い)でもあるんですね。
    つまり『未来』が「置き去りにされ忘れ去られるだけの花」となる可能性も存在してるんです。
    むしろそっちの公算の方が高い。



    決して届かない未来に希望を抱かせるなんて残酷な世界と思うじゃん。



    でもこれはあくまでも『システム』の話。そういう『物語』ではない。
    そもそも『物語』がデレマスには存在していない。



    つまり、ガラスの靴を見つけたのなら後は届けるだけなんだ。


  • 広告
  • 『谷の底で咲く花は』は呪いの歌である

    2019-05-16 10:38

    いきなり何を言っているんだお前はと思う人は多いでしょう。
    でも私の考えからすると、そうなってしまうんです。
    そして『呪い』は解かなければならない……。


    まず始めに、
    『谷の底で咲く花は』で毒毒言ってるから皆それを毒だって思ってるし、
    そういう前提で言ってるけど、
    私はそれを自ら生まれ持ってしまった体質・あるいは身を守る術である毒ではなく、
    ほたる自身が自ら課してしまった呪いと捕らえています。

    てゆうか毒自体、本来は使い方次第で薬にもなるモンなのよ。


    そもそもほたるの不幸とは良くある「間の悪い出来事」であり、
    偶然それが重なった結果、自らを「そうである」と定義づけしてしまったこと、
    それ自体が不幸の始まりなのです。


    さて話を戻します。

    まず、なぜ『谷の底で咲く花は』を呪いの歌と感じたかというと、
    それが現在《いま》を歌ってるようにはあまり思えなかったと言うこと。

    そして、ほたるの不幸、それは自らに掛けた呪いであると言うことを踏まえると
    『谷の底で咲く花は』という歌詞全体は
    「不幸体質であってもこれからアイドルになろうと、
    であろうとする覚悟を決める歌」ではなく、
    「デレマス事務所に来る前に波瀾万丈遭った時代を──自らを蔑み呪った歌」
    というある意味余計酷い状態のネガネガ曲になります。

    そう、この曲”自体”に救いなんて無いんですよ。



    まず、歌詞始めから眠りにつくまで。

    これは「不幸体質だ」という自らの呪いのせいで何をも諦めてしまい、
    日々眠りについていた時の心情を歌ったと考えられます。

    ここ、デレステでの楽曲およびストーリーコミュで使われた部分なんですが、
    思えばミスリードの塊みたいなもので、
    デレステコミュだと「ここから『アイドル・白菊ほたる』は生まれ変わる」
    ように見えるんですよね。
    事実それで間違いないという。思考の落とし穴。始点の誤認。
    これの延長で考えると、この歌の本質が呪いであるとは思い至らないでしょう。
    そして厄介なことに「デレマス事務所に来てから歌う楽曲」でも確かに間違いでは無い。
    いや、むしろ私の考えこそ天邪鬼な発想と言えるでしょう。

    でも今のデレマス君、マジで性格悪いからなぁ……。

    さておき。

    そして次に来るのが嵐です。

    ”渡り鳥”というほたるの側に寄り添わないものが
    「嵐が来る」と言って轟音と稲光を纏ったものを無責任に呼び寄せます。

    これ「ライブの歓声と照明」の暗喩で、
    何かの切っ掛けでアイドルのライブを見てしまったんですよね。きっと。
    (モバのぷちコミュだとテレビだと語っている)
    あるいは事務所に始めて入った時に舞台袖とかで目の当たりにしたとか。

    ともかく、そこでほたるは美しい世界を見せられ正真正銘の毒にあてられたんですよ。

    アイドルという名の毒。
    諦められなくなってしまう不幸。


    そうして”嵐”が去り、アイドルへの想いだけを募らせて
    毒を抱えたまま待つしか出来ない自分を呪う歌なんじゃないかって思うんです。


    普通なら諦めて終わるだけだったのに、
    「自分もアイドルになれるかも知れない」という可能性に賭けてしまう。
    それも元々ほたるは芯の強い子だったから。

    無自覚な強さで進んでしまう不幸。


    半端な希望は絶望より性質が悪いってね。



    そう思い至ると最後の「わからないよ でも ここで咲く」は
    夢を抱えて待つという前向きな意思などではなく、
    どこにもいけない絶望を抱えて、それでも希望を持ち静かに終わりを待つ、
    どちらかといえば後ろ向きな言葉になってしまう。

    これだけ聞くとまるで救いの無い歌だし、
    「おまえ本当に担当か?」と疑問を呈されても仕方ない。
    しかし実際に『谷の底で咲く花は』というのは
    見せかけの希望を歌っているに過ぎないと考えられてしまうのである。





    本当に、本当に救いようのない歌である。





























    だが俺達は──





















    いや俺は知っている。



    この歌が歌い終わった後、



    暗転した後、



    彼女の元へやって来るやつを。



    俺は──そして白菊ほたるは知っている。


























































    この『谷の底で咲く花は』は過去を歌った曲である。
    だからこそ現在《いま》歌えるのである。
    過去から蝕んでくる毒を呪いを不幸を『歌』としてパッケージングして
    白菊ほたると切り離せるようになったのだから。


    『谷の底で咲く花は』に救いは無い。
    救われなかった過去を歌った楽曲だからだ。



    しかし、今は違うのだ。
    大事なことは谷の底《かこ》にはなく、外の世界《いま》にあるのだ。


























    そして現在《いま》が過去に、未来が現在《いま》になり『12時の魔法』が解けた時、
    多分、これがガラスの靴の欠片の一つとなる。

    それは過去を呪う歌としてではなく、
    連なる時代の大切な一篇として祝福するための歌として。
  • しぶくぼシリーズEX03『大事な事一つ』椎名法子がドナ神様に出会う話

    2019-03-28 10:581


    あたしにはお母さんしかいない。

    それが“当たり前”じゃないって事に気付いたのは
    あたしが小学生になってしばらくしてからだった。


    あたしはドーナツが大好きだ。

    いつも仕事で遅くなるお母さんだけど、
    いつもドーナツを一つ、おやつに買ってきてくれる。
    いつもあたしはそのドーナツを半分にしてお母さんに渡そうとするけど、
    いつもお母さんは困った顔をして「全部法子が食べて良いよ」って言ってくれる。

    そんなお母さんがあたしは大好きだ。


    もうすぐ中学生になるっていう時に
    あたしはついお母さんに
    「どうしてうちにはお父さんが居ないの?」って聞いてしまった。
    その時のお母さんのとても悲しそうな顔は今でも忘れられない。
    きっとずっと忘れられない。


    その日のドーナツは美味しくなかった。


    夜、お母さんはずっと泣いていた。
    あたしが寝付いたと思ってるのか、1人でずっと泣いていた。

    法子はもう中学生だから、あたしはもう子供じゃないから、
    うちが貧乏なのも、お父さんが居ないのは人には言えない理由があるのも、
    なんとなく分かってたんだ。

    でもあたしは理由を聞いちゃったんだ。
    お友達が小学校の卒業旅行にお父さんとお母さんと一緒に行く事や、
    お父さんからプレゼントしてもらった話を学校で聞いちゃったから。

    「どうしてあたしにはお父さんが居ないんだろう」
    ずっとずっと聞きたくて聞けなかったそのモヤモヤを。
    辛くても辛くても黙っていたその事を。

    布団に潜り込んだあたしは凄く後悔した。
    大好きなお母さんを泣かせた事、
    大好きなドーナツが美味しくなくなった事、
    法子が居るせいできっと貧乏なんだって事、
    全部全部後悔した。


    もういっそドーナツに産まれれば良かったんだ。

    そうすれば──






    気付いたらあたしはふわふわした空間に居た。
    モコモコの、これはきっと変な夢。

    「法子……法子や……」
    ふいにおじいちゃんみたいな声がした。
    でもあたしのおじいちゃんは随分前に死んじゃったって聞いていたから、
    もしかしたらここは天国か地獄なのかもしれない。
    そう思って声のする方を向いたら、
    ドーナツにおひげが生えた不思議なモノがそこにあった。

    「ワシはドーナツの神様じゃ」
    いくらあたしでも「あ、これは夢なんだな」っていうのは分かった。
    でも言わずにはいられなかった。
    「ドーナツの神様なら……あたしをドーナツにしてくれる?」
    「残念じゃが、ワシにそんな力は無いんじゃよ」
    「そう、なんだ……」

    「悲しい事があったんじゃな」
    「分かるの?」
    「ワシはドーナツの穴から全てを見ておるよ。
    じゃから今回だけ特別にワシが法子に会いに来たんじゃ」
    「どういうこと?」
    「ワシはドーナツの穴から見る
    法子が美味しそうにドーナツを食べる姿が好きなんじゃ。
    じゃから法子が悲しみの雲に隠れてその輝きが喪われるのは嫌なのじゃ……」
    「でもあたしはもうドーナツを美味しく食べられそうにないよ……」
    「何故じゃ?ドーナツはいつでも美味しいぞ」
    「でもこんな気持ちじゃ美味しく食べられない……」
    「法子や、広がる雨雲に気持ちを閉ざしてはダメじゃ。
    その向こうに輝く太陽を忘れてはいけないのじゃ」

    「法子や、ドーナツを嫌いになったか?」
    「ううん」
    「法子や、お母さんが嫌いになったか?」
    「そんなことないよ!」
    「そうじゃ、その気持ちを──大事な気持ちを忘れてはならないよ……。
    そしてワシが今回お主に伝えたいのは
    『ドーナツを愛してくれてありがとう』それだけなのじゃ」
    「え? それだけ?」
    「それだけじゃ。世界にはその気持ちだけでいいんじゃよ」


    「法子や、ドーナツの穴は決して無ではない……、
    ドーナツの力を信じるのじゃ……、
    そう……ドーナツの持つ……輪の力を……────」













    目が覚めると隣にお母さんが居た。
    何年ぶりだろう、お母さんと一緒に寝たのは。

    でも、そうだ、そうなんだ。
    あたしはお母さんが好き。
    あたしはお母さんがくれるドーナツが好き。
    一緒に食べるドーナツが好き!

    それは、それだけはきっとずっと変わらないんだ。

    気付くとカーテンの隙間から朝日が差し込んでいた。
    見慣れた部屋なのにいつもと違う感じがした。

    なぜだか急にお腹が空いたから、
    昨日の夜に食べ残しちゃったドーナツをパクッと一口。

    それはいつもと同じ、美味しいドーナツだった。



    「アイドルになりたい?」
    「うん!
    アイドルになってドーナツの良さをもっと皆に広めたいんだ!」
    「でも、うちにそんなお金……」
    「大丈夫!
    このオーディションに合格すれば
    レッスン代とか要らないんだって!」

    その後、あたしはどうしてドーナツアイドルになりたいのかを
    真剣にお母さんに話した。
    お母さんはあたしの持ってきたパンフレットをしばらく見た後、
    少し考え込んだ。
    それでもダメって言われたらしょうがないけど、
    きっと別にアイドルにならなくたって、
    あたしとお母さんを繋いでくれたドーナツの輪は広げられる。
    でもアイドルになれば、凄く沢山の人に輪を繋げられるから、
    どうしてもあたしはアイドルになりたかったんだ。


    そしてお母さんはあたしの目をじっと見た後、
    「法子に夢が出来たのね」って言って笑ってくれたんだ。