ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

co3818278 への関わりと姿勢について~マリオカートシリーズRTAツアーも含め~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

co3818278 への関わりと姿勢について~マリオカートシリーズRTAツアーも含め~

2020-01-26 01:57

    ※ご意見は本記事のコメントまでお願いします。外部には持ち込まないでください。



    ・第7回マリオマザーシップタイトルRTAリレー(運営)
    ・カービィシリーズタイトルRTAリレー(運営)
    ・マリオカートシリーズRTAツアー(主催)
    ・カービィシリーズタイトルRTAリレー2(運営)

    とこちらのコミュニティに顔を出しております。
    大会を主催した際に様々な攻撃を受けましたが、私はどちらかと言うとあなたと同じ側だと思います。
    結論から言えば、「ニコ生マザーシップ」にいい顔はしていませんので。



    2013年11月、第3回マリオマザーシップで採用された『ルイージマンション』の解説として応募したことから関わりは始まっていたと思います。
    2018年の第6回では同タイトルの解説に加え中間企画の問題作成協力をしました。その縁で、以前から関わりのあったマリオマザーシップ運営のかた(主催のかたではない)よりお誘いを受けて第7回では運営に参加しています。
    日本に殆どいない『ルイージマンション』のRTAプレイヤーで、それも世界記録を持っていたような人間なので、当該タイトルへの人員というところからスタートしています。大会の詳細を現在でも閲覧出来るかはわかりませんが、どの回でも『ルイージマンション』の解説に私がいます。

    さて、この第7回大会から本部となった co3818278 で開催されているニコ生マザーシップタイトルRTAリレー。当該大会を批判するつもりは毛頭ありませんが、選定作品に統一性等が全く感じられず私にとって「コンセプト・テーマが不明なもの」に映っており、視聴すらしていません。

    では何故このコミュニティに協力しているかというと、自分の実績を認めてもらった上で誘われているのだから、参加して良いものにしよう!との考えからです。一銭にもなりませんが、能力を買ってもらったのが嬉しいんです。単純なんです。
    (※前掲・レアなタイトルの元世界記録保持者に加え、2015年には大会を主催した)

    但し、それはそれ、これはこれ。ごちゃまぜの大会はやはりよくわからないものにしか見えません(個人の感想)。手放しにこのコミュニティを礼賛しているわけではありません。

    次は「マリオカートシリーズRTAツアー」の話です。
    なんでここのコミュニティやねん、にお答えします。
    2013年夏頃、「GC マリオデカスロン」という大会を、当時最大級だったマリオのコミュニティで計画・告知しました。
    しかし殆ど応募はなく、これまでの大会に参加してきたような方々に直接声をかけても反応はありませんでした。
    私は、このコミュニティでは新規性のある大会は受け入れられないんだと判断し、当該コミュニティでの大会企画をこの段階で諦めましたそのコミュニティでどんな大会が盛り上がってきたのかは、私より皆さんのほうが詳しいと思います。私はそれまで一切関わっていないので)。
    勿論計画した大会が完璧だったとは言いません。奇抜すぎたのかもしれません。そして私がマリオ勢ではなかったというのも原因だったのかもしれません。ですが結果としてこのような後味が残りました。

    このような過去があった上で、自身は関わらないものの盛り上がっているらしいニコ生マザーシップが開催されており、そのリレーの雑多な部分から多方面のクラスタより認知されているであろう co3818278 を選びました。
    人数が集まるかどうかは過去の経験から非常に危惧していた問題なので、単一の趣向(=マリオ)を持ったユーザーが多い場よりは、異なる趣向を持ったユーザーが多数参加しているこちらのコミュニティのほうが開催の見込みが高いと考えました。
    応募状況の伸び方から判断して締め切ったため結果的に2走は発生してしまいましたが、ご参加いただいた方々には本当に感謝しております。

    この考えを敢えて悪く言ってしまえば、 co3818278 を盛り上げるためにその特性を利用させていただいたという形になりますね。
    そんなに大会をやりたいのかよwとなるかもしれません。やはり、同一系統の大会をそのシリーズを扱う場所に持っていってダメだった過去から、前述の特徴があるこの場所を使わざるを得ないと考えているからです。自分自身、マイナーなRTAをプレイする交友の狭い人間のため、1から場を作るのは大変に困難を極めます。だったら、縁あって携わることの出来たこのコミュニティを使ってみようというわけです。

    ちなみにこの大会に関して、 co3818278 の主宰のかたや関係者のかたからの圧は一切ありません。全て私がそうしたいと言ったんです。大会略称を含め。
    その他大会での定義は知りませんが、マリオカートのものではマザーシップタイトルとはテイルズシリーズにおいて用いられる、シリーズの中心、いわゆるナンバリングタイトルに相当することを典拠にし倣う形で用いました。
    なので勿論プレイ出来ないアーケード版や、簡易な移植となってしまっている GBA のおまけコースを、この定義に含まれていないという意味でも採用していません。
    後出しかよwと思っていただいてもいいですが、私は初めてマザーシップを冠した大会に関わった際にこのことは調べました。そして、意味を知っているからこそニコ生マザーシップに懐疑的でもあるということを述べておきます。

    以上、私の co3818278 に対するスタンスについてです。

    まとめますと
    ・コンセプトが見えない大会は好かない(個人の感想)。
    ・過去の経験と縁から、マリオカートの大会ではこのコミュニティを使った。
    ・但しそれは場の特性を利用しているだけであり、1つ目の項目から場を礼賛はしていない。
    ・運営などの協力を要請された場合は、自身を買ってくれていると判断し参加している。
    ・関与する大会は関与する大会、しない大会はしない大会、と別物で考えている。

    になります。
    4・5番目に関しては、もう私がそういう人間であると理解していただくしかありません。これに関する説明は本題から外れますので。

    ニコ生マザーシップの運営協力をするか?と問われたら、それは NO ですね。
    マリオメーカー2のコース投稿はするかもねくらいで、ガッツリ大会に関わる気はありません。やはり自分にとっては首を傾げるものですから。

    最後になりますが、主宰のかたが過去に別の大会で競技辞退?をしていてどうこうという点について(詳しくは知らない)。
    現段階では、それはそれこれはこれ、人間・協力する大会・しない大会・場所を全て別物として考えています。初めて関わった時には知らなかったのもありますし、私を含め大会運営に大きな支障があったわけでもなく、それ以外での繋がりが無く糾弾する理由も無いので、co3818278 に参画するかという点では今は特に何とも思っておりません。例えば、ある会社の社長が交際相手を刺してしまって逮捕されたとしても、一般的に会社やその社員に責任があるようなものではない、みたいなものです。

    ※ご意見は本記事のコメントまでお願いします。外部には持ち込まないでください。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。