Cataclysm:DDAのサウンドパックの設定
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Cataclysm:DDAのサウンドパックの設定

2020-08-15 14:03

    Cataclysm:DDAのサウンドパックについてメモを残しておきます

    現在私が使っているサウンドパックはOtopackというサウンドパックを
    使わせて頂いてます、基本的にサウンドパックはどれも大体同じ形式になっていますので、
    設定ファイルやBGMの追加、見方に関して、ざっくりですがここに残しておきます




    まず、これがOtopackのサウンドパックの中身です。
    色んなファイルやらフォルダがありますね。

    このフォルダの中に効果音やBGMファイル、
    (効果音やBGMファイルはoggファイルです)
    それとどの効果音をどのアイテムを使った時に
    流すのかを記載したjsonファイルがあります。

    では次に実際設定されているファイルを見てみましょう





    ちょっと例を出して見てみましょう
    これを見て下さい。
    同階層に『3006』というフォルダと『3006.json』ありますね。

    Otopackでは
    『3006』というフォルダに銃の発砲音の効果音のファイルがあり※







    ※1『3006』というフォルダ内


    『3006.json』でどの銃にどの効果音を設定するかを記述しています。
    ※3006というのは銃の口径ですね、このファイルでは
    30-06口径の銃に関する設定を記述していることになります

    では、実際どのように設定されているか見てみます。




    これが『3006.json』の中身です
    分かりやすいように1セットぶんのみを抜粋しました
    ここではブローニングBLRというライフルの設定が記載されています。
    ※variantという項目がアイテムのIDとなっています

    上の赤い枠が通常の発砲音

    次のオレンジの枠も発砲音ですが、こっちは正直まだよくわかってないです。
    どなたかご存知でしたら教えて頂けると助かります。
    他の銃も大体設定されているので、追加する場合は
    一緒に追加しておけば問題無さそうです

    最後の緑の枠がリロード音ですね

    こうやって分割するとそこまで難しく感じる事はないかと思います

    自作したmod武器に効果音を付けたい場合、
    種類(近接、遠距離(銃なら口径))に沿った設定ファイルを開き、
    最後の行に追記してあげればいいだけです。

    次にBGMについてちょっと解説します





    Otopackでは『music』フォルダの中に
    『musicset.json』とBGMのoggファイルが入っています。

    oggファイルは流れるBGM本体
    musicset.jsonはどの曲を流すかを設定しているファイルとなってます。


    では『musicset.json』の中身を見てみましょう





    このオレンジの枠が流す曲とその設定ですね
    fileは音楽ファイル、music/ファイルを拡張子付きで設定してあげましょう
    volumeは音量、ここは実際流して調整するといいですね

    曲を追加したいときの流れとしては
    ①追加したいoggファイルをmusic下に配置する。
    ②musicset.jsonを開き、一番最後に追加したファイルを記述する
     別に最後でなくてもいいですが、追加が分かりやすいので一番後ろがいいでしょう


    書式やコンマなどに気を付けて、最初のオレンジの枠部分をそのままコピーして
    張り付けて、ファイル名とvolumeを変えてやればOKです

    かなり端折った書き方でしたが、
    ある程度の手順は書けたかと思います

    以上


    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。