ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ファイアーエムブレム0(サイファ)】赤白ツバサ デッキ紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ファイアーエムブレム0(サイファ)】赤白ツバサ デッキ紹介

2016-05-27 17:49
    ※この構築は2016年5月27日現在(4弾環境)までのものでございます。ご了承下さい。

    第5弾の発売まであと1ヶ月程となり、非常にワクワクしております。
    なので今回は第4弾から、幻影異聞録♯FEに登場する織部つばさちゃんのデッキを紹介します。(以下ゲーム中の表記に則ってツバサと表記します。)





    ・4コスト(11枚)
     ペガサスのアイドル 織部つばさ 4枚
     紅蓮の将姫     ヒノカ   4枚
     風纏う神射手    タクミ   3枚
    ・3コスト(10枚)
     体当たりアイドル  織部つばさ 3枚
     天真爛漫な司祭   マリア   3枚
     美声の聖天馬    シグレ   4枚
    ・2コスト(2枚)
     猛き白夜の姫    ヒノカ   2枚
    ・1コスト(27枚)
     夢見る女子高生   織部つばさ 1枚 ※主人公
     幻影の天馬騎士   シーダ   4枚
     解放軍の弓兵    ゴードン  4枚
     白夜の第一王女   ヒノカ   2枚
     歌う天馬武者    シグレ   4枚
     見習い弓使い    エマ    4枚
     ぼんやり弓使い   セツナ   4枚
     前向きな弓使い   キサラギ  4枚


    今回は飛行ユニット及び弓ユニットを理由に、白を混ぜて構築してみました。
    支援30の飛行ユニットが20枚、攻撃の紋章を持つ弓ユニットが12枚投入されており、
    攻撃面は強めにしております。

    メインの動きとしては、《ペガサスのアイドル 織部つばさ》で味方の戦闘力を上昇させ、
    高い支援力で攻撃をガンガン通していくのを狙っていきます。




    この構築になった理由として、スターターデッキ白夜編の《未来を選びし王子 カムイ(男)》との差別化を図ったからというのが一番大きな要因です。その為、カムイ(男)主人公では扱いにくい《紅蓮の将姫 ヒノカ》を採用しました。

    また、ツバサ自身のスキル発動の為には移動が必要不可欠なので、ミラージュシーダや天空の運び手に加えて《美声の聖天馬 シグレ》《風纏う神射手 タクミ》を採用しました。特にハーディン主人公などと戦う際にはシーダが出しにくい為、シグレとタクミは非常に重要になってきます。


    このデッキは5~6ターン目ぐらいで決着をつけることを想定しています。なので、序盤から弓ユニットを出撃させ、オーブを削ります。フィニッシュには《紅蓮の将姫 ヒノカ》をCCさせ、スキル『叱咤激励』を可能な限り使用し、弓や運び手、シーダの戦闘力を60まで引き上げます。あとはツバサのスキル『ツバサに夢chu♪』でそれぞれの戦闘力を70まで届かせ、ラッシュを叩き込みます。



    ヒノカを使えなかった場合でも、デッキ全体の支援力は高めなので、必殺連打でフィニッシュまで持ち込めることも少なくありません。《天真爛漫な司祭 マリア》のスキル『リザーブ』でツバサの回避ではなく、2回分の必殺を確保するなんてことも。

    この場合、《幻影の天馬騎士 シーダ》も結構重要です。スキル『カルネージフォーム』により場持ちの良さは非常に高いです。つまり、攻撃に参加できる場面も多いということです。ツバサのスキルで戦闘力が自動的に10上昇し、支援で戦闘力が40加算されれば、必殺で戦闘力100までなら叩き出せます((0+10+40)×2=100)。この一撃が勝敗を決することも少なくないので、《美声の聖天馬 シグレ》が持つ飛行ユニットの支援力を上げるスキル『天馬の叫び』も重要になってきます。



    これまでの紹介したデッキと比べると、かなり攻撃的なデッキになりました。
    本当はグランドフィナーレをしたかった・・・。
    第5弾の情報も少しずつ公開され、更に戦略の幅が広がりそうで楽しみです。
    今後も楽しくサイファを続けられればいいですね。

    ここまでご覧いただきありがとうございました!
    それではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。