ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

対ゼルダについてのメモ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

対ゼルダについてのメモ

2017-04-25 00:56

    2018/02/08追記
    投稿した分からゼルダ動画貼る

    7:33~ファルコ対ゼルダ


    7:55~マリオ対ゼルダ


    0:00~カービィ対ゼルダ


    3:54~ゼルダ対アイク

    アイクでの対ゼルダが無いの申し訳ない
    マリオが今より強くて草

    メイト勢とか高ランクの方々には物足りないけど一応貼った
    個人的に対ゼルダ特有のことやってるのは1個目のファルコ対ゼルダ
    具体的には復帰阻止

    4つ目のゼルダ対アイクは個人的にやりたいこと通せてるので
    アイク側としては1スト目のバースト手段に気をつけてほしいかな?
                                         以上追記分

    とりあえずメモする

    性能の関係上やはり待ち気味な相手が多めなので置き技を狙うなら回避読みで狙う
    →ラインを奪った状態で狙うべきか

    弱2連を使ってくることも多いので1回目をガードしたとき確認できたならばSA技での反撃でバーストが狙えることもある
    →ロイの上B、マックの上スマ

    横スマは最初の引きモーションの関係もあってか2回連続で使われることもあった
    →横スマの後隙にD掴み等で差し込もうとしたら2回目の横スマをもろに喰らった
    →→相手のDAが届かない間合いでの様子見がローリスク
    →→2回目まで待ってからの差込を狙う等ある程度読み合いをする必要がある?

    横強が地味に長かった?
    →アイクで対戦中横強読みの横強が発生負けすることが多かった
     それなりにリーチを意識したつもりだったが間合い管理が甘かったか
    →横スマも引きモーションが関係しているのか読んで横強を使ったが逆に潰されてバースト

    地上技の範囲が意外と広い点に注意

    下スマの発生とベクトルに注意
    →技の後隙を理解していなかったので上記の2連横スマはもちろん
     横スマの後隙に差し込むつもりのD掴みを下スマで潰され不利な状況に何度も陥った

    密着時は掴みを擦る方がいいか?
    →これは単純にガーキャンフロル対策
     CFでの戦闘時弱に頼ることが多かったのでやられなかったのが奇跡

    復帰阻止は積極的に行っていいかも
    →空中での拒否行動があまり強くない印象だった
     相手のレベルによるのかもしれないが復帰時の行動が
     回避7:暴れ2:フロルによる強引な復帰1の印象
    →→ネールによる回避行動も頭に入れて復帰阻止は行う

    下投げコン
    →基本的に確定なので掴まれたら諦める
    →→相手の技選択と操作精度、読みによってはベク変から反撃が確定するので意識しておく
      稲妻キック喰らっても大丈夫なように下投げベク変時には
      ベク変ミスが起きないように意識する

    上に飛ばされた際の行動
    →安易な暴れ行動は厳禁。フロルの餌食
    →→この場合の暴れ読みのフロルはリスクの塊なので何もしないのが吉である



    追記事項があれば更新するかも


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。