ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

対リュウについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

対リュウについて

2018-02-08 21:43

    こんにちは
    閲覧ありがとうございます

    とりあえずメモする
    けれどもその前にこれ


    対リュウをがっつりやったことあるキャラだけ貼った
    左は自分自身がやってみて感じた相性
    右は突き詰めるとこうなりそうって感じのやつ



    んでもって動画
    アイク対リュウ
    理想としては1戦目と3戦目のようなバースト手段が通ること
    特に復帰阻止は全力でやらないと勝てない

    自分が知ってるリュウの特徴としては
    ・ヒットストップの関係かガードに対する固め?が強い(ガード後の硬直やノックバック)
    ・上に加えてガードを割るのもつよ(鎖骨割りを筆頭)
    ・判定が妙に強い
    ・単発火力に優れている空中攻撃からコンボや連携に移行するなど火力が凄い(語彙)
    ・コマ昇龍とセビが強いっす
    逆にマイナス面
    ・上弱とかヒットストップずらしが効きやすい(できるとは言っていない)
    ・頭おかしい程伸びる技があるが基本的にリーチが短い
    ・足が遅すぎぃ!
    ・復帰が微妙

    こんなものかな?
    相手のマイナス面を見る限り「リーチが長く足が速いキャラに弱い」と思える
    実際クラウド君だとかなりやりやすくニワカ仕込のシュルク君でも五分までいけたり
    ルフレは大体初戦がわからん殺しで2タテ
    相手が慣れてきても相手の間合いに付き合う必要が無いためやりやすい

    次は「フォックスとCF共に機動力が高いキャラだが何故一個ずれているのか」について
    速さを活かした差込性能はどちらも高く対リュウにおいても同じ理由から
    差込そのものは通しやすい
    密着時の戦闘力がトップクラスのリュウと近い間合いで殴りあわなくてはいけない関係から
    上手くDA等で差し込んでリターンを取っていくのが両方とも基本になるが
    なによりも大きいリュウの弱点である復帰を咎め辛いのが大きいなぁ

    シークは似たような間合いでの戦いになるけど結局のところ
    シーク側が壊されないようにするかリュウ側が壊すかのどちらかってだけかと


    本題はアイク
    機動力がないとは言え長リーチでリュウの密着を防ぐことが可能なはず......
    ならば何故キツイのか
    まず単純な話アイクというキャラで密着を完全拒否するのは難しいということ
    拒否するなら剣士枠でもシュルクの方が優れているどころかシークやゼロサムの方が圧倒的
    一言で表すなら立ち回りが弱すぎるということ

    アイクの優れているところといえば
    技を当てた後の展開がよく回避狩り等でアホみたいな火力を出せるという点
    しかしキャラパワー差は大きくなくとも多段ヒットするバースト技を持たないという点に
    セビが面白いほど噛み合う

    立ち回りが弱い点に加えて、回避狩りをしたい場面でセビがド安定になるため
    アイクの大きな強みをごっそり奪われる
    ただこれだけ
    これだけだけどとてもつらい

    個人的に考えてる勝ち筋は
    ・徹底的にリーチを活かした戦いで場外に出していく
    ・バースト帯では密着のリスクを背負いつつも上投げ空前を狙う

    投げコン狙うなら立ち回りで徹底的に勝つ必要がある
    掴みを狙った接近に弱技を当てられようものならコマ昇竜が飛んでくる
    バースト帯がかなり早いコンボなのでバーストのリスクが無い状態でのチャンスが少ない

    結論としてはどうすればいいのか微妙なところ
    なので今回のメモはきついことだけとりあえずまとめる
    現状、リュウと当たった時の安定策はクラウド出すことかなぁと

    追記事項があればまたいつか

    閲覧ありがとうございました
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。