ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【艦これ】2018年冬イベのE4について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】2018年冬イベのE4について

2018-02-25 17:12
    こんにちは、閲覧ありがとうございます。


    丙攻略中心かつまったり勢なので間違いなく需要はないと思うけど
    自分自身のモチベ向上狙いで攻略日記みたいなのをつけていこうかなぁと
    情報はほとんど艦これ攻略wiki様から
    http://wikiwiki.jp/kancolle

    今度はE4をやっていく
    まず何よりの報酬としてGambier Bayが挙げられる
    甲限定報酬は戦闘詳報のみで、入手の回転率は悪いものの定期的に手に入るので
    最悪なくても何とかなる(できれば長波優先で使いたい)
    E1~3に比べて甲でやる理由が非常に薄い

    乙以上限定報酬補強増設夜間作戦航空要員
    後述の方は任務で入手可能ではあるもののそれなりの入手難度であることと
    数が限られている点もあり可能ならば是非手に入れておきたい(ただし攻略難度はお察し)

    丙以上限定報酬は130mm B-13連装砲
    こいつは今イベ実装の新装備
    しかし新艦娘の持参装備でもあるのでここで丙以上を選択するより
    艦娘を手に入れることを目標にした方がいいのかもしれない

    ということで攻略難度はとりあえず乙を選択......
    と行きたかったものの制空値等を確認したところほぼ間違いなく沼ると判断
    特に最終形態時のボスの装甲値が不明なのが怖すぎる
    最近は特効艦や基地航空隊前提の装甲値が用意されててそれはどうなの?って感じ
    結論としては【丙】を選択することに(乙でも間違いなく辛い)

    E4にて確認されている(らしい)レアドロップ艦の中でも特に気になるのは以下の通り
    Jervis大東RichelieuWarspiteArk Royal
    最初の2人は新艦娘なので是非とも欲しいところ
    その他海外勢は全て大型艦であるというだけでもかなり価値は高いが
    イベント海域で活用しやすい点やステータスが改二クラスだったりすることも多いため
    手に入ると結構嬉しかったりする

    個人的に欲しいのは新艦娘くらい


    海域マップ


    やることをまとめていく
    ・西村艦隊を中心とした遊撃部隊で南ルートの終点Nマスに到達しボスマスを出現させる
    ・栗田艦隊を中心とした水上打撃部隊でボスを叩く

    敵編成を見る限り、普段なら機動部隊での攻略も考えていきたいところだが
    ルートの関係で栗田艦隊の数と機動部隊を両立させるのが難しいのと特効の関係もあり
    どうあがいても水上打撃部隊でやるほうが間違いなく楽(というか正解なんだろなぁ)

    そんなことを考えつつも、まずはNマス到達に移っていく


    【Nマスへの到達を目指す】

    せっかく丙でやるのだからそのメリットを最大限活かしたいところ
    ということで西村艦隊の数による分岐も緩くなっているっぽいので
    強駆逐を投入して警戒陣を使う等の工夫がやりやすくなる(性能ゴリ押しとも)

    Nマス到達編成


    順番は
    1 2 3
    4 5 6 7

    遊撃部隊で下スタート
    西村艦隊3隻でH→K

    E2で大活躍の史実西村艦隊(西村札)に加え小沢艦隊(小沢札)の駆逐2隻を投入
    たぶん要らないけどCマスの防空を頑張ってもらいます

    丙においてはNマス到達のみで十分なので司令部を山城に
    満潮と時雨は見張員を乗せてMマスの小鬼対策を
    秋月型2名は対空カットイン仕様

    安定度を上げるために支援投入をオススメする
    万全を期すならば航空隊はCマスにでも飛ばす

    無事Nマスにたどり着いた提督にはボスマス(Xマス)への道が開かれる





    【ボス攻略を目指す】

    栗田艦隊の必要数を満たし最短ルートを通るのが基本となる
    今回はでの攻略になるため必要な栗田艦の数が緩くなっている
    更に、小沢艦隊や西村艦隊等の使用済み艦娘(誤解を招く表現)も上手く組み込める

    ボス攻略編成第一艦隊


    ボス攻略編成第二艦隊


    順番はそれぞれ
    1 2 3
    4 5 6

    連合艦隊で上スタート
    低速艦(高速化しても無効)が一定以下B→E(丙ならば上記の編成で無問題)
    栗田艦隊が一定以上E→I(丙ならば上記の編成で無問題)
    栗田艦隊が6隻でQ→S
    能動分岐S→R

    ここぞとばかりに小沢札の付いた加賀,秋月,初月を投入
    丙といえども事故が100%無くなるということはまずないので
    武蔵旗艦で司令部搭載をオススメしたいところ(耐久1のル級にワンパンされた顔で)
    火力面はこれでも十分なレベルなので妙高や雪風等を新規で投入する必要性は薄い

    偵察機2つ載せって意味あるのかな?
    あるとかないとかどっちの意見もあって悩んじゃう

    特筆する装備内容でもないかなぁ
    強いて言うなら能代は砲撃戦の手数が多いわけでもないので秋月砲2つと照明弾
    ただ重巡勢は連撃が出るかどうかで結構変わるので連撃構成(ボスでの昼戦火力が過剰気味)
    夜戦火力を重視するなら副砲3つ+魚雷とか結構強い(こっちの方がオススメ)

    前衛支援艦隊


    決戦支援艦隊


    とりあえず編成はこんな感じ
    ボス支援の方は旗艦だけキラ付けする
    装備は命中と火力を重視して組み合わせる

    航空隊


    全部ボス前のRマスに飛ばす
    ここは全難易度共通で撤退の原因になるマスなので手加減は無用
    特に今回は丙での攻略なのでボス戦は支援だけでも何とかなったりする


    出撃結果...

    大きな問題はなかったかなぁと
    さすがに丙ってだけあって比較的すんなりと通ることに成功
    ただボスの装甲が最終形態で200越えとかいう普通に頭おかしいレベルだったのがね......

    それでも高火力史実艦で十分フィニッシュまで持っていけるレベルなので
    ボスで沼ることは無かった


    完走した感想




    やっぱり連合なだけあって結構減ったなぁと(特に武蔵とかいう大食い)
    バケツに関しても大破撤退こそ少なかったもののRマスでの被害はやはり大きかった

    気になったのはボス前のル級6隻
    あれは個人的にどうなの?って思う
    エリネだったとしたら更に厄介かもしれないけど
    そもそも連合で第一に戦艦6隻とかやっちゃアカンやろって感じ

    こっちは戦艦の数を制限されることすらあるのに
    何故敵側だけそんなに有利なのか?ってどうしても感じちゃう
    基地航空隊や支援艦隊等有利なシステムも当然たくさんあるけども
    資源が限られている点と大破撤退等で消費が嵩むのに加えて
    空襲とかいう一方的に資源を減らそうとするシステムもある

    でも第二艦隊にツ級2隻とかやってるゲームなので今更な感じはあるか

    バランスに関して文句があるわけではないけれども
    プレイヤーに出来ないことを当たり前のようにしてくる敵というのは
    ゲームのデザインとしてどうなんだろうと思っちゃったなぁ
    でもこれから先どういうアップデートがあるかも分からないし
    味方と敵が全く同じことをやっててもそれはそれで面白く無さそうなので
    やっぱり上手いこと作ってあるんだろうなぁ

    といった感じ



    次はとうとうやってきたダブルゲージ
    実際のボリュームが1海域分だとしても「ダブルゲージは嫌だ」という人は多そう

    個人的には、編成を組んだりするのも時間を取るので1ゲージが短くても好きではない

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。