ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 任天堂 デジタルイベント 雑速レポ

    2014-06-11 02:38

    冒頭はクレイアニメを使用してのコント?からスタート

    ○スマッシュブラザーズ 3DS/WiiU
    Miiを使ったスマッシュブラザーズのオリジナルファイターをカスタマイズできる、Miiファイターを発表

    3DS版の各種モードをムービーで簡単に紹介

    そしてスマッシュブラザーズ 3DS/WiiUで対応予定のamiibo(アミーボ)の紹介、NFC(近距離無線通信規格)を使ってフィギアに内蔵されたチップデータを利用してゲームで遊ぶ事を目的としたシステム。
    (WiiUでは既にディズニーインフィニティで使われているシステムの任天堂版)
    フィギアのデータは必ずしもそのゲーム専用と言うわけではないので、そのゲームを遊ばなくなったらフィギアが無用の長物にならないのは嬉しい

    ○毛玉のヨッシー
    WiiUでより立体的な表現になった毛糸のカービーの続編? 立体的になったことでアニメーションや表現が豊かになり、よりファンタジックなゲームを楽しむことができそう。

    ○ピノキオ隊長
    スーパーマリオ3Dでミニゲームとして収録されていたピノキオ隊長のゲームが単品でゲームとなり発売されるとの事、意外と奥が深く難易度も程よいミニゲームだったので、どんなステージが用意されるかが気になります。

    ○ゼルダ新作
    タイトルは未定、オープンワールドをコンセプトにした新作ゼルダ、まだPVというレベルのゲーム紹介でしたが、どんなゲームになるかは気になる1作です。

    ○ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
    これはすでに情報が紹介されたポケットモンスター ルビー/サファイアの3DS版リメイク

    ○ベイオネッタ2
    ベイオネッタ2の続報、ストーリーを紹介するPVのあとベイオネッタの1作目も同時に収録されているという情報も発表

    ○ゼルダ無双
    コーエーの定番無双シリーズのゼルダ版、どうやらゼルダオールスターになりそうで、リンク以外にもゼルダ、インパ、ミドナなどがプレイヤーキャラクターとして用意されるとのこと、もしかしたらあのキャラクターも参戦するかも?

    ○タッチカービー新作
    WiiUでタッチカービーの新作が発表、イメージとしては毛糸のカービーに近い様ですが、毛糸ではなく粘土の様な質感なのが特徴的でした。

    ○ゼノブレイドクロス
    モノリスソフト ゼノブレイドクロスの新PV、今回のPVはストーリー紹介がメインの様で特にゲームに関しての新しい情報はありませんでした。

    ○マリオメーカー
    簡単に言ってしまえばオリジナルマリオステージを作れるエディターソフト、WiiU用ということでファミコン風のマリオだけではなくポリゴンのマリオでも制作したステージで楽しめるのは印象的でした。

    ○Splatoon
    新規IP、任天堂にしては珍しい4vs4のTPS対戦シューティングゲーム、とは言えそこは任天堂のゲーム、ルールは敵を倒すのではなく、お互いのインクを使い地形を自分の陣営の色に染める事が目的、自分の陣営の色に染まった地形では特殊なアクションが可能と戦略的な要素もある。 今回特に気になった1作

    最後はスマッシュブラザースの新規参戦としてパルテナの鏡より女神パルテナが参戦と紹介、ブラックピッドも最後に登場したが、参戦するかは不明(2pカラーかも)、さらにゲーム画面はぼやけていましたがスターフォックスらしきゲームが見えて終了となりました。

    時間は40分ほど、紹介されたソフトも任天堂販売のものばかりですが、なんだかんだ言っても任天堂オリジナルの強さは目を見張るのもがあり、新ゼルダもそうですが、新規IPとなるSplatoonも大いに気になるところです。


  • 広告
  • E3 ソニーコンピューターエンターテイメント プレカンファレンス 雑速レポ

    2014-06-10 12:55

    ○ディズティニー
    7月にβテストのスタートと新色?の白PS4にβテスト版をバンドルする事を発表

    ○ジ オーダー
    中世を舞台にしたモンスターとの対決を描いたTPS、新PVの紹介

    ○エント ワインド
    インディーズ系の新作ゲーム、今日からの配信を発表

    ○インファマス セカンド サン
    これは追加コンテンツの発表

    ○リトル ビック プラネット3
    PS4で発売となるLBPの新作、色々と奥行きなどの追加要素があったが、前作との大きな違いはちょっと解り辛かった

    ○ブラッドボーン
    フロムソフトが開発しているという噂になっていたプロジェクトビーストの正式タイトル? 印象としてはデモンズソウルもしくはダークソウルに近いが、より近代的(これも中世前後)になった感じがする。

    ○ファークライ4
    ファークライシリーズの新作、場所はインドの奥地山岳地帯らしき場所、ガジェットやギミックそして同時プレイなどをふんだんに紹介していた、そしてゾウの強さが目立っていた!?

    ○デッド アイランド2
    音楽を聴きながら軽いノリで走る人の後ろで、次々と人がゾンビに襲われるシーンが映し出される、なんともシュールなPV、ゲーム内容に関しては詳しくは解らず。

    ○ディアブロ
    一瞬映像が出ただけで解説の内容や翻訳などが解らず、なにかあるらしい。

    ○バトルフィールド ハードライン
    事前に発表のあったBFシリーズの新作、現在βテストの開始を発表していた。

    ○ディズニーインフィニティー2
    去年発売されたインフィニティーの2作目、今作から版権を持っているアイアンマンやスパイダーマンで有名なマーベル社のキャラクターも新規に追加される。

    ○マジカ2
    PCで好評だった魔法を合成して敵と戦うクォータービューのシューティングアクションゲームであるマジカの新作、PVが結構シュールでなんとも言えない味があった、ゲーム内容は前作の正統的なバージョンアップで特に大きな変化は現状解らず。

    ○グリム ファンタンゴー
    パラッパラッパーなどを手掛けたスタジオの新作、イメージイラストタイトルだけで詳細は解らず

    ○インディーズゲームの一斉紹介
    インディーズ系ゲームの紹介なので紹介は飛ばします。

    ○レット イット ダイ
    グラスホッパー開発、ガンホー販売の新作ゲーム、ステルスアクションの様だが対戦の要素もありそうな雰囲気、PVだけでは詳細は解らず。

    ○ジャイアント スクイッド
    雰囲気が良いアドベンチャーゲーム? 深海版 風の旅人みたいな印象を受ける、PVでは横スクロールゲームの様にみえたがゲームの詳細は解らず。

    ○ノー マンズ スカイ
    大型の宇宙型ゲーム、惑星を自由に歩いたり、戦闘機に搭乗して宇宙空間で戦闘をしたりをシームレスで楽しむことができる? イメージとしてはスターウォーズの戦闘と地上戦どちらもオープンさらにシームレスで楽しめるゲームの様な印象をうけるが、かなり大がかりなゲームの様子、まだまだこれからの情報がきになるところ。

    ○プレイステーションカメラやHMDの話、フリートゥプレの紹介、プレイステーションナウ PSVやPSTVの紹介
    この辺りは新作ゲームの紹介とは違うのでバッサリ省きます。
    ビブリボンというタイトルが途中で挟まれたが話だけで詳細は解らず。

    ○モータルコンバットX
    噂を否定していた、モータルコンバットの新作、PVをみたかぎりゲーム内容はさらにグロテスクさを際立たせたところが目立っていた。

    ○パワーズ
    これに関しては翻訳を聞いても今一つ何の事か解らず
    ラチェットアンドクランクの映画の紹介やYoutubeを利用するためのアプリ?の紹介、そのほかPS4のアプリケーション関係の紹介があった。

    ○ザ ラスト オブ アス
    PS3版のPS4リメイクの紹介、リメイク内容などの詳細は解らず

    ○GTA5
    PS4版の移植、話ではPS3や360でのプレイ内容を移動できるなどの話もされていた? 詳細に関しては不明

    ○バットマン アーカムナイト
    バットマンアーカムシリーズの新作、今回のPVではバットモービルでの爽快な移動と、タンク形態への変形と戦闘が印象的だった、さらにスケアクロウがかかわる追加コンテンツの発表も

    ○アンチャーデッド4
    アンチャーデッドの新作、今回のPVだけではゲーム内容は詳しくは解らず

    さて、今回もまた急ぎ足でのレポートになりますが、個人的に注目したのは”ノー マンズ スカイ”でしょうか、そのフィールドの広大な印象を受けるPVはインディーズのゲームとは思えないほどのボリュームを感じましたが、それだけに実際にゲームとして発表されたときどんなゲームになるんか気になるところです。


  • E3 マイクロソフト カンファレンス 雑速レポ

    2014-06-10 04:03
    最近ブログ更新がご無沙汰でしたが、さすがにE3のレポートはしたいと思っていたので今回も雑な速報レポート、略して雑速レポを投稿したいと思います。

    全部が終わった後、まとめも制作したいと思います。

    まずスタートはコールオブシリーズの新作
    ○アドバンスドウォーフェアー
    かなり未来的な世界になり、ブラックオプス2に近いイメージなゲーム内容になっている。

    ○Forzaの無料新コンテンツの発表

    ○Forzaホライゾン2のPV
    レンガ道の街並みや雨の表現を前面に押している印象、前作より建物が密集した街らしいエリアがある。

    ○L4Dの新作?
    2K、L4D開発の新作とのこと、ムービーの印象はエイリアンと戦うL4Dと言った感じでしょうか、レーザーやミサイルなどつかい大型のエイリアンを協力して倒すそんなイメージを受けました。

    ○アサシンクリードユニティ
    アサシンクリードシリーズの新作、場所や時代はフランス革命、今作から4人同時のコーププレイが可能になるらしい、敵の人数が増えたり建物の中なども作りこまれたりと進化がうかがえる。

    ○ドラゴンエイジ新作

    ○サンセットオーバードライブ
    すでに情報はたくさん出ているサンセットオーバードライブ、ライトなノリを前面にだしているのが印象的だった。

    ○デッドライジング3追加コンテンツ
    デッドライジング1や2の主人公が乱入したり、カプコンのキャラクターのコスプレや特別なミッション?などが追加され、パロディーで悪乗りな感じを強める追加コンテンツみたいです。

    ○ダンスセントラル追加コンテンツ情報
    追加コンテンツでディズニーファンタシアのミュージックをマイクロソフト独占で配信するらしい。

    ○フェイブル レジエンド
    フェイブルシリーズの新作、いままでのフェイブルとは違い、コープと対戦をメインとしているらしく、対戦はTPSのアクションゲームに対して、RTSの様なシステムでモンスターや魔法を操って、MAPを進行するプレイヤーキャラクターと対戦をする様です。

    ○プロジェクトスパーク
    これは何度も情報の出ている作品なので説明は省きます

    ORI
    オリジナルの横スクロールアクションらしきゲーム、優しい感じのキャラクターと独特な世界観、ゲーム内容までは詳細には確認できず。

    ○ヘイロー マスターチーフコレクション
    ヘイローシリーズの1~4までを網羅、さらにONE様にブラッシュアップしたとの事、ヘイロー5のコンテンツの一部も楽しめるらしい。

    ○ヘイロー5 ガーディアンズ
    来年発売予定のヘイローの新作、ストーリーの詳細は解らないが、対戦のムービーがすこし紹介された。

    ○INSIDE
    リンボの開発の新作、リンボと同じような雰囲気だが、自分以外にも人が居たり、水の中を泳いだりとリンボとは違う世界観のゲームの様子。

    ○ID@XBOX
    インディーズゲームの一斉紹介、独占やすでにPCやスマートフォンで発売されているゲームなどが一度に紹介されたので詳細な説明は無し

    ○トゥームレイダーの新作
    来年発売のトゥームレイダーの新作、PVだけだったので詳細は解らず。

    ○ウォッチャー3 ワイルドハント
    ウォッチャーシリーズの新作、野生の大型モンスターとの戦闘をメインと紹介していたのが印象的だった。

    ○ファントムダスト
    初代で発売されたファントムダストのリメイク? PVだけだったので詳細は解らず。

    ○ザ ディビジョン
    トムクランシーシリーズの新作、TPSでスプリンターセルみたいな印象を受けるが、スプリンターセルがワンマンアーミーだったのに対して、こちらは複数の味方を引き連れて戦うのが特徴的だった。

    ○スクラルバウンド? 英語表記は”SCALE BOUND”
    プラチナゲーム ONE独占の新作、かなり現代風の主人公がドラゴンの様な味方と共に、大きな甲殻類の様な敵と戦うPV、敵に攻撃が成功すると主人公が鎧を纏っていく演出があった、PVの終わりにはヤマタノオロチの様な蛇の化け物が登場し、ドラゴンに乗って戦うところで終了、どんなゲームになるかは今後の詳細情報待ち。

    ○クラックダウン(邦題”ライオットアクト”)新作
    PVではMAPの建物を豪快に破壊しながらターゲットを倒し、最後には街全体が炎の海に飲まれるという終わり方をしている。
    前作までは建物の破壊まではしていなかっただけに、今作でどれだけ建築部の破壊表現があるかはちょっと気になる。

     今回特に気になったのはこのカンファレンスで初お目見えとなったプラチナゲームの新作とライオットアクトの新作、そしてゲームシステム的にちょっと注目したいのは敵側になってモンスターを操りプレイヤーと戦うというフェイブル レジエンドでしょうか、全体的には独占があり、定番あり注目作品の新情報ありだったのですが、自分的にもっと刺激的なサプライズは無かった様な気が、とりあえず可もなく不可も無くと言ったところでしょうか。