邦字新聞から見る『浅間丸』②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

邦字新聞から見る『浅間丸』②

2020-01-10 00:14

    前回の記事に続いて、今度は『海外邦字新聞データベース』の『日米タイムズ(サンフランシスコの邦字新聞)』から浅間丸がサンフランシスコに初入港した際の記事をご紹介
    http://rakusai.nichibun.ac.jp/hoji/contents/Nichibei/PDF/1929/10/19291025nba10.pdf
    ・1ページ目右下の広告を見ると、浅間丸の船内銀行として、当時海外拠点を持っていた住友銀行の出張所があったことがわかる
    ・3ページ目では浅間丸の紹介がされており、四宮源三郎船長が、同じくサンフランシスコ航路の大洋丸の船長としても乗船していたとある
    ・7ページ目左下には、日本郵船が浅間丸の広告を出している。デザインセンス抜群で、個人的にとても気に入っている

    浅間丸がサンフランシスコから日本へ発つ際の記事↓
    http://rakusai.nichibun.ac.jp/hoji/contents/Nichibei/PDF/1929/11/19291105nba10.pdf
    においては、3ページ目に二、三等船客は満員との記述がある。
    出発日の記事↓
    http://rakusai.nichibun.ac.jp/hoji/contents/Nichibei/PDF/1929/11/19291106nba10.pdf
    では、2ページ目に、日本への初土産と称して、車から海産物、果物などが積み込まれたとある。

    このように、当時の新聞からも浅間丸処女航海時の熱狂ぶりがわかる。
    前回の記事にも書いた通り、ご紹介した浅間丸の企画展が日本郵船歴史博物館で1月13日(月)まで開催されている。
    本当に残り期間がわずかであるため、興味がある方はもちろんのこと、一度行った方も訪れててみてはいかがだろう。
    1/11(土)には、新春コンサートも開催されるのでそういったことに興味がある方も是非行ってみてほしい。

    企画展リンク
    https://museum.nyk.com/exhibition_archive/exhibition_2019_10.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。