• 【解説とか】もこ田めめめを焦がしてみた【裏話とか】

    2019-11-03 09:56
    毎度、うp主でございます。
    さて今回は、先日投稿した動画の写真付き解説編でございます。
    ……こらそこ、再生数稼ぎのテコ入れとか言わない。


    こちらがその動画。
    毎度、コメントや広告をしてくださっている皆様には本当に感謝です。本当にありがとうございます。

    では本題の解説編へ。
    というよりも、動画でカットした部分の写真をちょこちょこ載せていくばかりですがw


    まずはMMDでのポーズ作成。いやぁ、難しい、の一言に尽きますw
    背景に画像を設定すればポーズのトレースも容易だとかなんとか聞きましたが、それさえロクに分からず、ひたすら見比べながら軸回転でチマチマとやっていました。
    それから、今回のポーズは動画内でもコメントをいただきましたが、いわゆる「シロちゃんのポーズ」です。憧れの存在のポーズを真似る子って良いですよね、とか。
    まぁメタなことを言えば、大きな動きがない、それでいてわかりやすいポージングなので採用しましたw

      
    で、画像出力すればこっちのものです。トレーシングペーパーで輪郭線をなぞり、カーボン紙で木に転写。これは今までのウッドバーニングでも同じ工程です。
    ここでも一つ裏話をすると、焦がしをメインで見せたいときには私は「チャコペーパー」を使います。主に布地に目印を付けるモノですね。赤とか青とかですぐ消える=よく見えない線を使って撮影すると「下書きしてないの!?」というコメントを稼げますのでw
    一方でカーボン紙は書類の転写なんかに使うモノで、そうそう消えません。それゆえ倍速の動画でも明確に下書きがあるのがわかります。
    今回は彫刻するので輪郭線をハッキリさせようとカーボン紙を使いました。

      
    で、ある意味メインになってしまった彫刻です。
    動画内でもお話ししていますが、ドリルもなければ糸鋸もないので、ひたすらに彫りました。彫刻刀、カッターナイフ、デザインナイフがメインです。
    広く深く彫る部分には(なぜかこれだけ持ってる)電動彫刻刀も使用しましたが、騒音が激しくて近隣のご迷惑になるので多用はできませんでしたw

      
    そしてやすり掛け。
    以前は紙やすりをよく使っていたのですが、適度な曲がり具合や硬さから、最近は模型用の「神ヤス」を愛用しています。いやぁ使いやすいこれで120番より荒い番目が出たら買い占めるんだけど……模型用じゃそんなに荒いのは必要ないですよね(´・ω・`)
    倍速再生の動画(ちなみに今回の動画は64倍速です)ではやすり掛けパートは面白みも何もありません。同じ角度で定点っぽく撮影した画像を並べれば多少違うのでしょうが、まぁやすり掛け自体も作品のメインではありませんのでバッサリとカットしましたw


    で、ここからが本当の本番。焦がし作業です。
    私が制作する場合は、色の濃い部分から順番に焦がすのが定番ですが、自分なりに理由付けをするなら、「他の部分の濃さの基準になる」だけでなく、「ピントが合いやすくなる」からかな、と。
    どうしても作品の上で私の手が動く、ペン先を変えるなどで手が画面の外に出ていく時にパッとピントが合ってくれると、動画投稿者的には助かりますね。倍速だと大して影響なさそうですが……


    衣装の縦ラインは構想を練った段階で決めていました。
    元のデザインの再現でもありますが、色ムラになりにくいという利点があるかな、と自己分析。
    前作(エミネムさん)でのコメントに対する返答になってしまいますが、ペン先は結構な種類があります。太い細いだけでなく、ナイフのように平たく薄くなっているものがあるので、これを採用しています(もっとも、カービング用とされているペン先なので本来の用途とは違うんですがねw)

      
    靴下は動画内では早い段階で焦がしていますが、作業前にはいつ、どのタイミングで焦がそうかと悩んだものです。
    いわゆる「点描」で焦がそうとも考えていましたが、そうしなかった理由は、「なんでか知らないが、彫ったり削ったりした面の焦げ方はいつもと違う」と感じたからです。表面が粉っぽい感じで必要以上に黒くなりすぎる感覚がありました。
    彼女のアイデンティティーを失敗するわけにはいきません。そこで格子状に焦がしていくことで安定した濃度で広い面を焦がすという手法にしました。
    個人的には「トーン貼り」と呼んでいましたが、Twitterで「どちらかというとカケアミっぽくね?」と言われたので今後はそう呼ぶことにしますw
    いずれにせよ、おかげでグローブや靴の黒い部分に点描を採用して素材の違いも表現できたので結果オーライといったところです。


    表情ですが、こればっかりは動画撮影止めてじっくりやろうかとさえ思いましたw
    多少なり丸みがある部分に描こうとすると、目がくっつきすぎ、離れすぎになりやしないかとヒヤヒヤものだったのです。そうやって考えるとフィギュアの造形とかすごいよなぁ、と感動もするものです。
    あと手こずったのは「まゆ毛」ですね。細い線一本描けばOKという子ではないですのでどうにか描きましたが、髪の毛との段差に引っかかったり、濃くしすぎると「平安時代かな?」になりそうで薄く薄くじっくり焦がしたのも良い思い出ですw


    と、長々書きましたがこれで完成です!
    いつものようにコンビニでスキャン。スキャン濃度を変えるとくっきり見えるかな、と思います。(上の画像では一番左が濃度設定なし、中央が濃度濃いめ、右側が濃度薄め、と設定したものです)
    ちなみに言うと、711なコンビニのコピー機は木材のような厚みのある素材もしっかりスキャンしてくれます。あなたとコンビになったり、艦これとコラボしたりすると、「カバーを閉じてください」とエラーになっちゃいます。や、木材をコピー機にいれようなんて人は想定外ですからソレが普通なんですけどね。

      
    蜜蝋を塗りこんでいるので照明や角度を変えてみれば光沢の具合も変わって見えます。これだけは実物を持っている私の特権ですねw






    各部を拡大してよく見ると分かりますが、彫刻といっても、本当に頭は丸く、腕や足はしっかり筒状に、というわけではありません。部位ごとに段差を付けて、せいぜい角をとった程度、といえばわかりやすいでしょうか。
    そこに焦がしで影とか濃淡とか付けて、あたかもスゴい立体であるように見せてるイカサマなのですw


    私のお気に入りの角度で一枚。
    アナログ技術がVの世界に入ることは……まぁ当分未来の話になるでしょうが、いつか「バーチャル焦がし屋」なんて言われてみたいものです。


    次回作は流石に彫刻しないでしょうが、のんびり製作していきたいと思います。
    リクエストなどありましたらお気軽にどうぞ。言うのはタダだからね!w

    技術的な面でもご質問等ありましたら可能な限りお応えしたいと思いますので、当ブロマガでも動画内コメントでもご意見くだされば幸いです。
    それではまた次回ノシ


    ……あ、そろそろ年賀状焦がしもやらなきゃ(汗
  • 広告
  • 【解説とか】アイドル部の皆を焦がしてみた【裏話とか】

    2019-02-17 21:56
    毎度、うp主でございます。
    さてさて、今回の記事もタイトルの通り、うpした動画の写真つき解説編でございます。


    こちらがその動画。
    ★広告してくださった皆様、本当にありがとうございます!★
    BGMにからめて「なんてったってアイドル部」とかコメント来ると思いましたが、そんな事はなかった……w

    さて、解説といっても今回は完成品以外の画像も用意していませんので、そちらの写真を見ながらお送りいたします。
    掲載順はみんなの誕生日順にしています。
    (製作順はこの通りではないですが……)


    まずは私にアポクリン腺を教えてくれた、木曽あずきちゃん。
    髪の毛を色濃く焦がしたので、衣装は淡い感じにアレンジ?しています。というか淡くしないと影の部分を表現するのが大変になっちゃって……(言い訳)
    肩部の模様は正しく再現出来ているだろうか……これもちょっと不安です。


    先日お誕生日を迎えた夜桜たまちゃん。
    動画で焦がしていためめめちゃんとちがって「髪の毛の輪郭線」がハッキリわかります。今後もこういう子がいますので探してみてください。
    一方で鎖骨部分は濃淡差だけで表現しようと力を入れました。


    ウチの会社の取締役、花京院ちえりちゃん。
    制服の襟周りは黒地に赤ラインという、モノクロ泣かせなカラー。範囲が狭かったのがせめてもの救い……だったかな?
    それでもペン先の交換回数はトップクラスだったと記憶しています……w


    動画で実際に製作風景を紹介しためめめちゃん。
    彼女を抜擢した理由は「流れる髪の毛を焦がす風景が面白く映りそうだったから」です。
    私がアイドル部の沼にハマったきっかけの子だから、というのもありますがね。
    背景はツイッターのヘッダー色などから参考にしていますが、もう少し広かったら靴下色にしていたかもしれません。


    私はレッドブルよりモンエナ派、牛巻りこちゃん。
    動画で「製作にかかったのは8時間くらい」と説明していますが、彼女のような淡い色が広い範囲で続く子は、焦がしすぎないように(なおかつ立体感などを出せるように)神経を使うのでもう少しかかります。
    ※イラストのトレス・転写もコミコミの時間です。


    艦●れでもハイパー雷巡コンビにはお世話になってます、北上双葉ちゃん。
    和紙を焦がしていくのは私自身初めてだったのですが、作業していると紙が反ってくるのには苦戦しましたね。あとは、下に敷く素材もゴム製のカッティングシート等だと熱で溶ける可能性が……w
    そして何より、修正がきかない点です。木材ならやすりで削れば多少の修正も可能なんですがね。


    ぴのらぼの出版おめでとうございます!なカルロ・ピノ様。
    先ほどのリコピンとは逆に、黒いところは黒い、白いところは白い、という方々は製作時間も多少短くなります。が、次のもちにゃんの場合は?というのは後述。
    そうそう、素材としている和紙自体も色を3色ほど用意しています。お気付きになった方はいるでしょうか?


    動画内で「一番時間かかった」と紹介した猫乃木もちちゃん。
    彼女の場合は白黒のメリハリはありましたが、「黒いところが隣り合わせで境界線(=黒い線)を消してしまうおそれ」「リボン部分など細かい部分が黒い→高温で焦がす→気を抜くと穴が開く」「趣あるボディを忠実に再現」と多くの条件が重なった結果、のべ11時間くらいかかったと記憶しています。


    「未亡人的な色気」という動画内のコメントに妙に納得、八重沢なとりちゃん。
    上記では注意すべき点として挙げた「焦がしすぎて穴が開く」というものも、紙ならではの表現としてアリだと思っています。裏から別の色(素材)の紙を貼ったり、光を通してみたり……
    仮にこのイラストでやるなら、最後に色を塗った(水彩色鉛筆と綿棒で塗っています)輪郭周りの背景部分が妥当でしょうか。


    この子も意外に苦戦しました、金剛いろはちゃん。
    理由は「肌の面積」です。今回は全員ちゃんと(?)肌色を薄く焦がして背景との差をつけているのですが「同じ色、特に淡い色が広い面にわたっている」というのは、一定のリズムで点描を行う集中力を切らさないようにしなければなりませんので……


    高温の電熱ペンを持っていても一丁締めは欠かしません。ヤマト イオリちゃん。
    そうそう、今回製作した彼女たちの元イラストは、みんな3D化した記念の最初の自己紹介動画のサムネイルからなんです。めめめちゃんのようにドアップだったりあずきちゃんみたいに少し離れ気味だったり個性色々。
    そういう意味ではお顔と衣装のバランスがちょうど1:1くらいの彼女はとっても製作者思いですねw


    部内唯一の眼鏡キャラ、この子は清楚に違いない!神楽すずちゃん。
    レースの影や皺などは今までの木材焦がしでも多々挑戦しているので慣れたものですが、眼鏡だけはまだまだ修行が足りません。上手な人はフレームの影だけでなくレンズによる反射や微妙な輪郭線の歪みなども表現できるそうです。


    動画内でも紹介しましたが、今回は「ウッドバーニング」ならぬ「ペーパーバーニング」なので、額縁や写真立てに収めることが可能です。
    が……これがまた大変で。
    今回の私の場合、最初に「元となるイラストを用意」して「焦がしやすい、かつ解像度などの都合のつくサイズに調整」それに合わせて「焦がす紙のカット」をしてからいよいよ「製作」をして、最後の最後に「作品に合うサイズの写真立てを探す」という順序だったのですが……
    うん、順序がおかしいですね。最初に額縁やら何やらのサイズを決めるべきでした。イラストのトレースや転写を必要とせず、自分自身に画力があればこんな苦労もなかったのでしょうが、元になるイラストを優先しすぎたツケが最後の最後に回ってきて、写真立て探しだけで半月以上かかっています……w


    最後に全員の集合写真。……そうなんです、投稿までに額縁が12個揃いませんでしたorz
    ちなみに中央のシロちゃんは過去に動画では紹介していません(Twitterでは載せましたが)
    過去に私が何度か挑戦している「痛イバル」のアレンジです。


    こちらは動画には入れませんでしたが、シロちゃんの焦がしにアレンジを加えず、純粋なウッドバーニング作品にしています。木目がちょうど日差しのように見えるのでお気に入りです。

    さてさて。長々お付き合いいただきありがとうございました。
    紙を焦がす、という製作ジャンルはウッドバーニング以上に未開拓の地で、先ほども挙げましたが、
    「ワザと穴をあける、ということも可能」という特徴のほかにも
    「木材以上に多くの素材がある」
    「切り絵などの紙工作とも組み合わせが出来る」
    「沢山作っても(木材よりは)かさばらなくて保存も容易」
    などなど、いろんな可能性があります。
    もっと言うと、未開拓のジャンルゆえ、今から始めれば即テッペン取れる!
    だからみんなもやろうぜ!
    ……と、説得力があるんだかないんだか分からない勧誘をして、この辺で終わりたいと思います。

    リクエストやアイディアの提案がありましたら、この記事でも動画でも、気軽にコメントくだされば幸いです。
    それではまた次回の記事でお会いいたしましょう。ノシ
  • 【解説とか】月ノ美兎を焦がしてみた【裏話とか】

    2019-01-20 13:02
    どうも。ブロマガの更新が実に5か月ぶりとなるうp主です。

    さて今回は、こんな動画をうpしました。

    この動画で製作した作品の写真をじっくり見ながら解説とか裏話とか、そんなことをダラダラと書いていこうと思います。お暇な方はごゆっくりどうぞ。。。


    まず元になったイラストはこちら。ねんどろいど化が決定した、月ノ美兎さん。
    以前は「四天王くらいしか知らない(それもニコ動のMADなどで)」な私でしたが、この方の動画もずいぶん見るようになりました。
    リアルタイムでライブ配信を視聴したりは出来ていないのが残念なところ。近いうちにお邪魔したいものです。

     
    で、今回使用した木材(?)がこちら。文具屋さんはともかく、画材などを多数取り扱っている店なんて初めて行きました。おそらく今までの素材の中で一番高価なものになりましたw
    ちなみに、この「手のデッサン人形を焦がす」というアイディアは私が考えたものではなく、Twitterのフォロワーさんでウッドバーニング仲間の方が製作された作品を見て非常に感動したためです。
    その方は手全体をキャンパスに見立てて素敵なイラストを焦がしておりましたが、私は手に描くということでタトゥーっぽく、そして最近マイブームの「痛イバル」をプラスしようと考えたのです。
    ※痛イバル:痛車などと同様の「痛い」と、タトゥーでよく見られる「トライバル」柄を組み合わせた言葉。これもTwitterで別の方が生み出した概念(?)で、元は部族の階級などを表すトライバル柄が、タトゥー=入れ墨=怖い、というマイナスの印象を払拭しようと取り組んでおります。


    製作途中の写真がこの1枚しか存在しませんでした……
    左手の焦がしをあらかた済ませて、色をつける前段階です。
    ということで、さっそく完成写真を見ていきましょう!


    はい、こちらが右手の完成形になります。
    こちらは、美兎ちゃんのイラストを痛イバルで仕上げつつ、花や葉っぱをイメージしたデザインを入れてみました。雑草的な意味で。
    あとはリボン風のワンポイントも個人的にはお気に入りです。


    近年では、皮膚を彫って墨を染み込ませるようないわゆる入れ墨ではなく、植物由来の染料を直接肌に塗る(これも染み込んだりするそうですが数週間で落ちるらしいです)ヘナタトゥーなんてものがあるそうです。そちらでは割とこういった曲線主体のデザインが多い感じです。


    お顔周辺のアップ。実は瞳は当初ハイライト以外のデザインも盛り込むつもりでしたが断念。動画内で転写した後に鉛筆で(周囲のデザイン下書きと一緒に)イラストを見やすくするために上書きしたのですが、その時点で「こりゃ駄目だ」となりました。
    曲面に転写したからか、目が離れ気味になっちゃったのも悔やまれるところですorz
    ※動画のコメントで「丸みのところは作業怖くない?」とありましたが、作業の怖さ(ヤケドとか)は慣れのためかほとんどありません。が、ペン先が思わぬ方向に滑ってしまってデザインが変になるかもという心配は終始ありました。


    手首側の一枚。指先側と対称になるような形をイメージしています。
    こちら側も色鉛筆での彩色を考えたのですが、あんまりカラフルにしすぎるのも変かなと思ってやめました(タトゥー、というか入れ墨でもカラフルなものは多々あるから変ではないのですが……)


    手のひら側の名前焦がし。手の甲側は小指よりにデザインを集中させたのでこちらは親指側に。本当はこの筆文字っぽいフォントをさらにトライバル柄っぽくできないか、とも考えたのですが、手の甲以上に曲面が手ごわかったので断念しました。。。


    こちらは左手側です。
    動画内でも少し語りましたが、ものすごい偏見で言えば「いかにも外国人のタトゥーって言ったらこんな感じのヤツでしょ」っていうデザインを意識しています。


    指先の拡大図。右手もそうですが、小指から薬指、中指と、デザインの大きさ(長さ?)を拡張していっております。


    こちらの美兎ちゃんは色塗りは(瞳と制服以外)なしで、髪の毛の線を濃く太く、周囲も真っ黒にすることで締まって見えますね。ちなみにこちらの瞳はしっかり色分けしています。(色鉛筆未使用)


    手首側。こちらのデザインのほうが細かい印象がありますが、私が使用しているペン先がナイフ形の物なので、こうした直線が連続するものはむしろやりやすかった感じがします(それでも連続するデザインが隣り合っているのにはだいぶ神経をすり減らしましたが……w)


    はい清楚。
    バーチャル空間だと身体的なリスクなくタトゥーやボディーペイントが出来るでしょうから、そういった意味では挑戦のし甲斐がありそうですね。
    個人的には美兎ちゃんは左うなじとか、右わき腹とかの、チラッと見えるような位置に小さなハートのタトゥーを入れていそうなイメージがあります(ド偏見)

     
    並べてみるとこんな感じです。
    小指側にデザインを集中させたのは、曲面が多少なだらかだから、というメタな理由があるのですが、こうして並べて撮影することを考えたら、『くっつけたら一つの大きなデザインになる』などのアイディアも面白いかもしれません。


    メインのお顔周辺アップ。
    痛イバル版のグラデーションはもう少し濃くても良いかもしれませんね(と記事を書きながら修正作業しております)
    個人的には左手のほうが好きなのですが、皆様はどうでしょう?美兎ちゃん自身が入れるなら右手っぽそうですが……

     
    別の角度でも並べてみました。
    こうしてみると、左手のほうが密度があって大きく見えますね。
    右手のデザインは女性ウケの良いようなデザイン(というかタトゥーのデザインを検索すると女性の手はだいたいこんな感じ)だと思うのですが、細い線や小さい点だと、実際に焦がしている面積よりもこじんまりして見えるのでしょう。

      
    立体モノですので、いつもの作品以上に光の当たり方で見え方が変わります。
    左から「自然光(室内灯)のみ」「卓上のスポットライト(を左手前から)」「カメラのフラッシュ」の3枚です。
    関節があるのでニス塗装とかはできないですがそれでもだいぶ違って見えます。



    デッサンのための人形なので関節を動かして遊べます。
    ……が、製品の個体差か、右手の関節で緩いところが三か所ほど。
    立てておくと薬指が勝手に曲がり、横に寝かせれば小指の先っぽが逆関節になり、モノを持たせようにも親指の機嫌次第ではポロっと落ちて……
    関節は普通のドライバーで締められそうなのでいずれ調整しておきたいですね。

    そんなわけで今回の焦がしは私自身も挑戦的な内容でしたが、楽しんで作業できました。
    にじさんじやアイドル部、個人勢などなど、多くのVTuberのかたが誕生していますが、私はもうしばらくアナログ作業で活動していこうと思いますw

    それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
    私が撮影したかった一枚を掲載して終わらせていただきます。
    また次の動画でお会いしましょうノシ