ニコニコ超会議で焦がしてみた&焦がしてもらった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ超会議で焦がしてみた&焦がしてもらった

2016-05-06 19:12
    さて、大型連休もすぎて5月病患者が増えそうな今日この頃。超会議以降は逆に連勤だった私、でやっと休みがもらえましたので、今更ながらではありますが超会議での活動をレポートさせていただきます。
    前篇後編に分けたりせずダラダラと書き連ねますので、面倒な方はブラウザバックで。。。
      
    私は「まるなげひろば」内の企画「ニコつく2016」にブースとして「焦がしてみた製作所」を出展させていただきました。
    私のブースの向かいで「超真田丸」をやっていましたので、イベントのたびに通路が混むわ混むわ。振り返って私の出展見てくれてもよかったのよ・・・?まぁ、そうはいっても私の場合は卓上に製作物を広げて、触ってもらって、焦がしの体験してもらって、というものでしたが。
    しかも何に失敗したって、机のサイズと将棋の駒・将棋盤のサイズを測り間違えたおかげで1日目は対局できるほど板を広げられなかったというねorz

    そうそう、こういう画がほしかったの。焦がし体験をしてもらっています
    ※焦がしてもらって将棋盤はページ下部にまとめて記載します
    あと、艦娘コスの人に駒を持ってもらって写真撮らせていただいたりもしました!
    ・・・が、写真は残念ながらここにはうpできません、だって私、お名前とか聞いてうp許可もらわなかったんですもんorz 北上様や飛龍ちゃん&蒼龍ちゃん・・・残念&申し訳ない。
    (それ私だ!という心当たりの方、名乗り出ていただければ幸いです。。。)

    そんなこんなですが、1日目も2日目もやってることは同じ。流石に2日目は対局できるように板を広げはしましたが、実際に将棋をしたい方は隣の建物の『超将棋』でプロやロボットとやってますもんねorz

    ・・・で、2日目。ワタクシ出演してまいりました。大和超券。

    いやぁ、何がプレッシャーだったって、私の登場の2個前が『日本うんこ学会』で真面目な事を大掛かりにやって、直前が『ALTOLITS』の二人でステージ前にファンの人がたくさんというね。「え?このバトン引き継ぐの?」って状態でした。
    (さらに言うなら後続も人気の『大道芸人うー』さん。なんというプレッシャー・・・)
    ・・・で、せっかく出ましたので、タイムシフト見ながらコメント返ししていきたいと思います。

    アンタッチャブル柴田」→誰か芸能人に似ていると言われたことは今までありませんでした。しいて言えば仕事場ではC-3POに似てるで通っております。
    営業マン」「ジャパネット」→スーツに眼鏡でしたもんね。ですがこれ、キャラのコスなんか持ってませんし、おしゃれな服がある訳でもなかったんでとりあえずスーツ着て行った、というだけなんですがね。
    艦娘ってこんなかわいいのか」→これはタイムシフトを見て痛感しましたが、視聴者の皆様やブラザートムさん、そもそも艦これがわからない方もいるんです。プレゼン能力の低さが浮き彫りに・・・
    松崎しげるなら」→どうやら超会議初日にいらしたようですね。私のオファーが2日目だったので断念しましたが、絶対来るネタだとは思いましたよw会えれば焦がしましたよw
    トムさんのファルコン」「直で描いたのか」→

    このシーンですね。ぶっちゃけて言えば、トムさんのダブルサングラスの画像や、それが髪の毛にかかっている部分はとても焦がしにくいのです。ファルコンみたいな坊主頭ならすごくわかりやすいですし。焦がす過程は別記事や動画で触れてるので細かくは省きますが、直接ではありません。一度転写している、下書きのある状態です。
    ランキング常連やん」→多くの作品を見てくれている方がいて本当に感謝。ですがマイナージャンルですので、今から参加してもすぐにランクインできますよw
    ん?今なんでも焦がせるって」→これも予想してたコメントの一つ。おととしだったかな、ニコニコ神社でサシャの鍋蓋をあげた相手が扉の向こうでは『ホモ特有のステップ』を踏んでたとか。つくづく縁がありますねw私はノンケですが。
    まいぷると目を合わせろw」→トムさんと一緒にMCしていた女性ですね。いやぁ、あの緊張で女性と目を合わせたらきっと黙りこくってしまいます。というかトムさんのオーラ目の前にしてトーク振ってくれたらきょろきょろ出来ませんよw
    慣れてるな」「魚屋には見えん」「落語家か」「講談師」→ぺらぺらと喋ってたらこんなコメントが。 いやあ振り返ってみると恥ずかしいほど喋ってますねw リハの段階で「トムさんが拾ってくれないこともあるからどんどん自分から推して行ってください」と言われてたのを真に受けすぎましたw しかもマイクを通した自分の声ってなんだか違和感。こんな声なのか・・・あと、慣れてはいません。緊張で足カックカクでしたw

    捌いてみたをぜひ』→これはトムさんから頂いたご意見ですね。ですが料理のジャンルには先人たちが多数いるので参戦は難しいでしょう、申し訳ない。
    焦がしてみたの人がラップに勝っちゃうってw』→これもトムさんのコメント。これには私自身もびっくりです。俗にいう信者もいないような私が大人気の歌い手さんに勝っちゃうとか。帰り道に背中を刺されないか不安でした(苦笑
    彼女出来ないのは喋る間がないからだよw』→好きな事を喋りだすと相手が引こうが止まらない、それがオタクですw そして、営業モードじゃない時の私はかなり無口です・・・のでぜひ(殴
     
    ともあれ、気に入っていただいた&上場出来たのでなによりです。素晴らしい思い出になりました。

    そして、ここからがある意味この記事の本番。
    来場してくださったみなさまの焦がし体験、こんな感じになりました!
            
      
    一部私が焦がしたところもありますが(まずウチさあ・・・とか)それを見て「やってみたい!」と言ってくれる人がいたのは本当にうれしい限りです。

    ・・・と。無事に超会議も終わり、皆さんで撤収作業に入る中で一人声を上げる私。
    みなさーん、でひ『寄せ焼き』していきませんか~?
    ぶっちゃけた話、来場してくれたお客さんたちの焦がし体験が少なくてスペースが余っちゃってたんですが、それを差し引いても、『一人でブース出してた私、なかなか皆様のブースにごあいさつに行けなくて。ぜひここで一つコメント書いてやってください。消えない思い出カッコ物理ってことで』という意味合いが大きかったのです。
    そこで出展していたブースの皆様、そして運営のスタッフさんにペンを渡して寄せ書きを。
    しかしここでも大きな落とし穴が。ユーザーさんに書いてもらってる途中で・・・
    『撤収が速すぎて電源落ちた、電熱ペン、起動しません!焦がしてみたできません!』
    ・・・ナンテコッタイ
    ですが懲りずに色鉛筆を持って皆様のところにあいさつ回り。「アカウントとかマイリスとかあったら書いてってください!!」ということでこちら。
    まずはユーザー出演者の皆様。コメントありがとうございました!
         
      
      
      
      
      
     

    そして運営スタッフの皆様。撤収作業のお忙しい中ありがとうございました!
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
     

    さてさて、このレポートを持って私のニコニコ超会議2016は終わりになります(たぶん)
    赤字で運営がどうのだの、オフパコ超会議だのと言われてはおりますが、それは一つの側面であってほしい。一人のニコ厨なユーザーとして、こういう『バカデカい文化祭』に参加させていただいたことに感謝です。楽しい二日間を過ごすことが出来ました!
    ではでは、来年の超会議でお披露目する作品を考えますのでこれにて。ノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。