ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

作問をする過程の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

作問をする過程の話

2021-06-24 21:05
    明けましておめでとうございます。新年早々私は何を書いているのでしょうか?
    アタック25が終了するニュースが流れましたが、今作ったものでなく1月1日に作って塩漬けにしたものです。
    塩漬けということでそれに関連する問題をちょうど使う機会があったので公開します。
    あくまでもどのような手順で作っているのかという個人的なメモ扱いです。

    まずはニュースや話題などで答えとなる単語を見つけます。
    ※今回の言葉は『ボツリヌス菌』とします。

    まずはどうするかというと複数のサイトを探し、語源から事件、雑学に至るまで徹底的に調べ上げます。
    今回の単語から抽出できる内容は
    語源はラテン語で肉詰め、ソーセージ。本来は土にあって肉類で増殖する。加熱だけでは十分に殺せない嫌気菌。筋肉が動かせなくなって意識があるまま徐々に死ぬ。増殖したものは強い臭いがある。カレー蜂蜜での事故が稀にある。過去辛子レンコン事件というのがあった。etc

    自分が理解していない分には問題を作ることが難しいので理解し整理する作業が入ります。
    うろ覚えで作問する場合も多いですが、裏取りをしていない場合は大抵ろくな事がありません

    次に抽出した情報から問題を組み立てます。
    ラテン語でソーセージを意味する言葉が語源である

    ソーセージのラテン語読みがその由来である
    別名、外国語名、語源から作るのが楽です。この3点を禁止されると作問班が発狂しますのでおすすめできません。
    人によっては前者の方向で作る人もいるので好みです。ちょっとだけクイズ構文の組み立て方が違うという差でしかありません。
    後者の場合若干のクレームを受けることがあります。これを回避するための「諸説あります」という保険を書いておきましょう。

    次に問題文の補強作業です。
    肉類の食中毒が多かったことからその名が付いた(ソーセージのラテン語読みがその由来である)細菌の名前は何でしょう?
    これでとりあえずは問題として成立しました。
    ここで雑学を入れすぎると回りくどくて長い文章になるので短く的確にを目標とします。

    次の作業はヒントを入れる作業です。
    はちみつや辛子蓮根などの中毒でも知られる(細菌の名称はなんでしょう?)
    近年では美容整形にこの毒が使われる(細菌はなんでしょう?)
    問題の難易度を下げる作業です。それなりに分かる人が答えられるように追加していきます。
    ではこの問題はこのようになります。

    近年では美容整形にこの毒が使われる、ソーセージのラテン語読みがその由来である細菌の名称は何でしょう?

    肉類の食中毒が多かったことからソーセージのラテン語読みがその由来であるはちみつや辛子蓮根などの中毒でも知られるその細菌とは何でしょう?

    問題文の整形をおこなったところ2種類出来ました。
    ここまできたら数日間寝かした後に選択をし完成に至ります。

    いかがでしたか

    作問と簡単にいっても相手に意図を伝えるための結構な労力がかかっています。
    裏取りにも膨大な時間がかかります。気安く作ってなんて言えるものではないのです。
    でも発見も多いです。エピソードの長文読むのも楽しいです。理由をつけて普段触れないことを調べるモチベーションも得られます。
    ぜひとも作問してみませんか?沼)

    最後にこんな駄文をここまで読んでいただきありがとうございました。
    本年もよろしくお願いいたします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。