ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

R戦闘機101機フェルト化計画【6機目】1日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

R戦闘機101機フェルト化計画【6機目】1日目

2015-11-19 18:58
    久しぶりのR戦闘機フェルト化計画です。管理人もめんです。

    さぁ、モーニンググローリーから早3ヶ月!
    長い事地球を離れてダライアス星にいましたが、帰還しましたぞ(`・ω・´)ゞ

    さてさて久しぶりのフェルト化計画となるのはこの機体!




    R-9AD ESCORT TIME
    エスコート・タイムです。

    単機作戦における擬似フォーメーションを可能とした機体。おとり(デコイ)を発生させる機構を搭載している。


    夢溢れる、デコイ機構搭載機ですよ!


    誰ですが、要らない子と言った人は。
    先生怒らないから前へ出なさい。絶対怒らないから。

    とはいえ、本編では影も薄く
    TAC2では開発できるようになる時期が遅く
    しかも同時に上位互換機まで開発できるようになってしまうので
    素材として生贄にささげられてしまうという…

    そんな生贄へのエスコートいらないよ!(涙を拭う

    とまぁ、要らない子上位に食い込んでしまうエスコート・タイムですが
    フォルム等々、近未来感のあるスタイリッシュなデザインとなっています。



    レディ・ラブからの派生機なのですが、デザインは至ってシンプル。

    R-9ADシリーズはコックピットが他のものより
    少しスリムになっていて、スッキリしております。

    それでは今回も参りましょー!
    作業場にR-TYPE3のカセットを飾り忘れてたので、置きました(笑



    FINALは押入れに入っているので、出すのがちょっとめんどくさくて…




    フェルトの色の種類が少ないので
    コックピットはやや薄い色になってしまうのが残念…(´・ω・`)





    シンプル故にチープな作りにならないように
    細かいディテールをしっかり作りこんでいかないとです!



    パーツの数も少ないので、重ねる順番も気をつけなければ…





    今回はコックピットが今までと違って
    機体にはめ込まれている感じになっています。

    ということは、もう1枚本体と同じ形のパーツを挟んで
    コックピットの部分が見えるように重ねなければ…





    本体複製中



    コックピットの部分だけ切り抜いたところです。



    パーツの順番等を考えすぎて
    管理人の頭が沸騰しそうなので、今回はここまで!

    デザインが複雑ならパーツ作製に苦戦し
    デザインがシンプルならシンプルで苦戦するという…

    こいついっつも苦戦してんな!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。