ブリガンダイン GrandEditionというゲームのお話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブリガンダイン GrandEditionというゲームのお話

2013-09-23 01:08
  • 2
PS1で出ていた古いゲームなのですけれど、いまPSN+に入ると無料でダウンロードできるのでPSPに入れて遊んでいます。

ゲームはシミュレーション。ファンタジー世界を舞台に、モンスターを召喚して使役する≪ルーンの騎士≫達が、それぞれの仕える国の大陸の覇権を巡り争う・・・というもの。

モンスターの特性を活用して部隊を編成したり、騎士の特徴(あまりモンスターを多く支配はできないが単独でも強い、とか)を考えて配置したり等々結構面白いです。騎士もそれぞれにストーリーが設定されていて、イベントや戦場での会話でそれが演出されたりもします。

登場する国家は、古い大国アルメキアで長年功績を挙げていたがある夜叛逆を起こした男が起こしたエストレガレス帝国、亡命した王子を擁立した西アルメキア、その同盟国であり魔法王国の異名もあるカーレオン、狂王と呼ばれる国王が治めるイスカリオ、神に仕える巫女が統治するレオニア、そして長年アルメキアと敵対してきた強国ノルガルド。

この戦乱を鎮めるのは果たして誰か・・・


と、この先はネタバレあんど、今回ブロマガに書こうと思ったことになります。



この戦乱は、実は遙か昔神々によって封じられた世界を滅ぼす魔物アウロボロス復活を目論む邪悪な魔術師が引き起こしたものだった、というのがゲームの終盤で明らかになります。ルーンの騎士がモンスターを召喚し使役するためにはマナを消費するのですが、神々はこのマナによってアウロボロスを封じていたので、それを消費することで封印の力が弱くなります。

叛逆を起こした騎士ゼメキスの背後にいたのも、エストレガレス滅亡後に戦乱を長引かせようと、強国となった勢力を弱体化すべく干渉してきたのもこの魔術師。

ゲーム後半、大陸の統一が目前になるにつれその妨害が明らかになり、最後には復活したアウロボロスとの戦いになります。この魔術師とアウロボロス、むちゃくちゃ強いのですよねー。
しかも、このゲームには属性が設定されていて、この強敵はどちらも「白属性」の攻撃に弱いので、白属性攻撃が強いモンスターを育てないと、最悪詰んでしまうことになります。

で、問題が起こるのは西アルメキアとカーレオン。
この両国はどちらも初期状態では非常に弱い勢力で、序盤に同盟を組みます(イベントで)。以後、相手勢力に攻撃をしない限りは相手から絶対に攻撃を受けません。お互いに背中を預けている感じになるので、弱い戦力でもなんとか戦えるのですが・・・

ですが・・・

問題は「相手の国が結構頑張っちゃった」時に起こります。まだ自分のモンスターも騎士も成長しきっていないのに、同盟相手が頑張った結果戦乱が終わりそうになる・・・。
いま、私が遊んでいたのがそんな状況でして。

となると、「同盟関係を裏切って戦争する」のがいいんでしょうけれど、なんとなく躊躇われたので「同盟国が現在騎士を配置していないあたり」から自軍が撤退すると、敵国がそこに入り込んでくるので、必然的に同盟国はそちらにも戦力を割かねばならず、別の戦場では戦力が薄くなるので一方的に同盟国が勝ちづける状態をくいとめ


って、これじゃやっていることがラスボスを復活させようとしている魔術師といっしょじゃない!!!!!


広告
×
ブリガンダインいいですね!
私はイスカリオで狂王プレイばっかやってましたがw
86ヶ月前
×
イスカリオはいいですねえ、どいつもこいつもまともなのいないですし・・・w
エストレガレスで遊んでクリアできたことがない、頑張ろう、自分
86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。