ニンジャスレイヤーについて 2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニンジャスレイヤーについて 2

2015-04-14 22:57
    ニンジャスレイヤーは原典である小説(Twitter版は無料公開、書籍版はTwitter連載されたものに大幅な修正・加筆されているエピソードもあります)と、三種類のコミックス版、また音声ドラマとして公開されているものがあります。

    通称無印版 もっとも原典である小説に近く、エピソードも時間軸に対してバラバラに選ばれているため、全体を把握するのは難しいでしょう。


    通称グラキラ 美形化に目を奪われがちですが、小説版に登場する「敵対しているニンジャ」を独自解釈した描写はワザマエ。


    通称キルズ。アクションの強化、ストーリーの明確化が行われており、ニンジャスレイヤーという物語について「普通の作品のように」読むのであれば一番読みやすいでしょう。


    さて、これらの作品はそれぞれに原典となる小説版に拠りつつも、独自の味わいがあります。これらに触れ、描かれていない部分について興味を持ったのであれば小説を読むことが推奨されます。















    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。