ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

コミックマーケット97行ってきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コミックマーケット97行ってきました

2019-12-30 22:53
    コミケ感想です。


    ・コミケ初参加クソザコオタクなので行き方を色々ミスりました。
     降りる駅間違えたり当日券(リストバンド)売り場を通り過ぎていて引き返したり、
     入場後も目的地の南棟1、2がわからなくてなかなかたどり着けませんでした。
     次行くことがあれば準備はしっかりしたいと思います。

    ・りんかい線車内にコミケ的な袋を持った人がいたのですが、
     何かぶつぶつ言ったり電車内をうろついてて不気味でした。
     方面的にこれからコミケに行くのだと思われますが、
     なぜすでに荷物を持っていたのでしょうか。
     忘れ物でもしたのでしょうか。
     謎多きオタク。

    ・臭いオタクが複数名いました。冬なのに。

    ・リストバンド確認も手荷物検査もなく入場できてしまいました。
     全部チェックしてると渋滞起きて大変そうだし、
     元々が参加無料イベントだったこともあるし、
     あまりシビアに見ない方針なのでしょうか。

    ・リストバンドの両面テープのゴミがかなり落ちてました。
     ほかのゴミもちらほら。
     ダラシねぇし・・・
     体にたくさん花をつけた謎の人がゴミ拾いしてました。
     ナイス♂でーす

    ・コスプレはみんな凝ってました。
     特に鬼滅の刃コスプレが多かったように感じます。

    ・アイマス関連はこれまで同人誌収集していなかったこともあって、
     正直どの本を買ったらいいかがよくわからなかったので、
     はじめにアイマスエリアを少し眺めた後は主に評論エリアをうろついてました。
     評論エリアには多種多様なテーマの同人誌があって面白かったです。
     
    ・評論エリアで育児体験記を出してるサークルがあって、
     虚無の表情で一人ポツンと座っている女性売り子さんがいました。
     もし同人誌がほとんど売れていないのであれば、
     1冊でも購入することでその女性にとって、
     何かがほんの少しだけいい方向に変わったかもしれない、と
     スルーしてしまったことを少し後悔しました。
     まぁただの思い上がりかもしれないですが。

    ・人気サークルはすごい列ができててすごかった
     ゆうパック列もすごかった(偏差値2)

    戦利品


    これだけは買おうと事前に決めていたのはずぶブックとCOMさんの本でした。
    ずぶブックは取り置きしてもらっていたこともあって問題なく買えましたが、
    COMさんの方はわたしがチラッと見たときには既に撤収中の模様でした。
    会場入りしたのが遅かったのでもっと早く行くべきでした。残念!

    ・「趣味の製麺 第8号」
     表紙や中身のデザインが良かったので買いました。
     ラーメンをはじめ料理系の同人誌はかなり種類が多く、
     他にも色々欲しくなりましたが買っていくとキリがなさそうなので
     完成度がすごかったこれだけ買いました。
     内容もかなりガチ感あって一般雑誌として
     書店に並んでいてもおかしくないクオリティでした。

    ・「Go back for generations」「Dans le vieil e'tang」
     設定が凝っていて面白かったです。
     Go back for generationsの方はI did+I willと
     月曜日のクリームソーダをBGMで流しながら読むと良い感じでした。
     あとDans le vieil e'tangの世界観すき。
     ゴシックでクローズドでたまらねぇです。

    ・「みんなの地学塾」「地学の散歩路」
     元々地学が好きだったので、気になって一瞬立ち止まったら、
     「どうぞ!手に取ってみてください!」と男子学生に
     元気よく声をかけられたのでついつい買っちゃいました。
     いいですよね、地学。ロマンがあって。
     初歩レベルの地学参考書って地学自体の範囲の広さ故か、
     どうも暗記色が強くなってしまって、
     easyでinterestingな内容にすることが難しいんだと思います。
     帯に「わかりやすい地学の参考書がただ欲しかったんですよ」って書いてあるものの、
     実際この本でもそういった課題の解決には至っていませんでした。
     ただ、コラム、読書案内、巡検案内など随所に工夫が見られました。
     著者一覧を見ると教育学部の学生が多かったので将来が楽しみです。
     
    総評
    大きな文化祭みたいで楽しかったです。

    ⊂おわり⊃

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。