続 ダビスタ96完全解析を読んでのメモ書き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

続 ダビスタ96完全解析を読んでのメモ書き

2019-11-17 11:59
    解析サイト由来の情報を含むのでそういうの苦手な方は閉じてください。

    寝る前に財前さんのブロマガ(ar1722137)を見ていて、パノニカってシェルシュルドール×アスワンで48,38,Aになるから同系で根性削るよりいいのでは? と思った。
    パノニカの血統をそこまで見た事がなかったけど、2代〆だとネイティヴダンサーとネヴァーベンドが残る優良牝馬だったのを知った。同様にシェルシュルドールも母父であればネイティヴダンサー、ネヴァーベンド、ニアークティック、ネアルコが残せる。
    アスワンの血統はニアークティック、ネアルコ2本、ネイティヴダンサー、ネヴァーベンド、ナスルーラがあるので、ニアークティック1本、ネアルコ2本、ネイティヴダンサー2本、ネヴァーベンド2本になればスピードアップ2点×3+スピードダブルアップ3点×4で18点に安定Cで48点……で47点のNT2×2よりよさげと思ったけど計算間違ってるかな。

    で、パノニカのようにアスワンに都合がいいスピードダブルアップを2本持っている牝馬は他にはネヴァーベンド+ナスルーラばっかり。なので自分で作るしかない。ストーコペイカ、ボドニアンティーク、マックスファクターの3頭は3代〆だとネヴァーベンドが残るけどナスルーラが消える位置に持っている。もしくはシルクスクリーン、タケノマジック、ディヒターリーベ、プリンキピア、ミズノアーチの5頭は3代〆でもネイティヴダンサーが残る位置に持っている。
    そこに同系で同じ位置に持つミルジョージ、イブンベイ、マグニテュード、クリエイター、ルション、パドスール、ミルフォード、ランドヒリュウ、グレートローマンでネヴァーベンド2本残せる牝馬を作って、そこにシェルシュルドール×アスワンで同様の爆発力にできそう。当然ながら2×2は避けた方が気性がマシになるのでリヴァーマン産駒のルションとストーコペイカ、ブレイヴェストローマン産駒のランドヒリュウ、グレートローマンとボドニアンティーク、マックスファクターの配合はNG。

    ここをネヴァーベンド系ではなくオグリキャップにしてネイティヴダンサーを残そうとするのが財前さん流。その方が牧場の予算が苦しいものの、繁殖牝馬を生産する時にスタミナも跳ねる可能性があり、ナスルーラが残らないので気性も安定するか。というか最終的にスタミナアップの本数が増えるからネヴァーベンド残すよりいいよね。ただ、オグリキャップで不受胎引くとミズノアーチだと破産しそうではある。

    シェルシュルドール×アスワンへの理解が深まったので45分目標でまずはそれっぽいタイムの2番手を目指すのだ。(今は財前さんが1時間切りなのに対して1時間以上遅いw)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。