ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ママ2】会陰裂傷とその後
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ママ2】会陰裂傷とその後

2020-02-08 14:08
    こんにちは、アビィーだよ。
    今回も産前産後の体験や経験を連ねるので、苦手な人はBACKよろしくです。

    出産時には痛みを伴うことは話に聞いていたが、まさにそう。産むまで終わらない絶望と痛み逃しの絶叫のなかひたすら耐えるしかない…。
    子宮口の開き具合や陣痛の強さ・間隔などが出産の進み具合のめあすになるのだが、私の場合本当に時間がかかった。

    会陰裂傷は出産時に胎児が通過するタイミングで会陰部(膣や肛門辺り)が裂けて傷ができることで 私もなった(TT)
    産院によっては、胎児の通りをよくするためにあらかじめ切る処置をするところもあるらしいが、私の産院ではしなかった。そのかわり自然に切れた。両サイド2か所も。

    気になる痛みの強さについてだが、会陰裂傷の痛みは特別感じなかった。
    出産自体の腰の痛みが強すぎて切れたことにも気が付かず、産後に縫合するために局所麻酔入りの注射で陰部を刺された時も全然気にならないくらいw
    局所麻酔が効いてからの縫合は痛くないのわかるけど、局所麻酔を打つための注射は本来は痛いはずなのに!自分の陰部が引きちぎれたり、針刺されること想像してみ?痛くないとか冗談でも言えんでw

    どんだけ脳内物質出てるんだよ。
    人体の不思議。

    ま、左右両サイド1か所ずつ裂傷したので2針ずつ、計4針縫われた。抜糸をしなくてもそのうち体に吸収される種類の糸で縫われたから、抜糸される心配はなかったけど、痛いし怖くて永らく縫われた場所を見ることもできなかったw

    実際に確認してみると、おそらくここが切れたんだろうと思える場所を発見。
    形としては問題ないが、縫合された箇所の繋がりが少しいびつになってる感じ。
    問題はないが、気持ち少し痒いのは今だけなのだろうか?かさぶたが痒くなる原理に近いと思うが…。

    そんなこんなで、貴重な体験をありがとう Babyよ。
    裂傷しても問題なく今日も生きてゆく!それでは今回のこの辺で バイバーイ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。