ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ママ6】出産予定「日」ではなく予定「期間」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ママ6】出産予定「日」ではなく予定「期間」

2020-02-15 20:57
    こんにちは、アビィーです。
    今回は、産後の経験や体験を連ねていくので、苦手な人はBACKよろしくです。

    自分の誕生日は少なからず特別な日だよね。産まれる前には出産予定日があり、それもまた親にとっては特別な日であり役場や産院などで必ず確認される必要な情報。むしろこの情報がないと、私の場合は産院予約すらさせてもらえなかった。

    その予定日は妊娠する前の最後の生理が始まった日やそれまでの周期とかで算出されるらしい。妊娠期間は42週(10か月)までで、短いと早産になり長いと過産になる。適性の出産期間の範囲は37週から41週の5週間(1か月超)だから、この期間になればいつ産まれてもおかしくないと医師は言っていた。想定期間長すぎじゃねw
    イメージとしては前後1週間くらいかと思ってた。

    37週目に入ってから毎日のように未知の陣痛来るかも、破水するかも、と変に身構えてしまいそれが産まれるまでずっと続いたのは精神的に疲れたw
    本で知識を得たところで予兆や本番などの感覚的な変化や痛みなんて分かるわけがない。だから出産予定日(40週0日)より早く産まれてもいいからこの試練から解放してくれと毎日のように今日こそ産まれてくれ! と願っていたが…。
    ま、Babyはお母ちゃんのお腹の中が大好きなようで、全く出てこずw
    最後はもうあきらめて、好きなだけ居てくださいって感じ。本人が選んだ誕生日が予定日とは違ったのでしょうね。陣痛が起こるメカニズムは母体からではなく、胎児からの要因と聞いたことがある。高校か大学の授業で先生が言ってたな。

    つまり、予定日というものはあくまでめあす。外れることの方が多いのだから。
    予定は未定。お父ちゃんの育休や家族の振休の予定も立てにくい。
    ・・・だとしてもお母ちゃん的にも 頑張りようがないので仕方ないね。

    とりあえず出てきてくれてよかった。
    貴重な経験をありがとう Babyよ
    そういうことで今回はここまで、アビィーでした。バイバーイ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。