• ドンキー3 RTAを始めて2019年の目標を達成した話

    2019-12-08 22:13
    こんにちは。もう12月ですね。
    少し早いですが、年内のRTAの目標を達成したので年内振り返りも兼ねて。

    ドンキー3 any%
    平日の練習時間があまりとれそうでなかったので、目標は年内に50分切りと締め切りを緩めに設定。
    9/21~23の三連休を利用し、ざっくり覚える→1h切りを目標に開始。
    3連休では1h切れませんでしたが、まぁこんなもんでしょ。
    下のタイマーは初通し&3連休の成果。





    最終目標が50分切りなので、1hにこだわらずちょうど間の55分切りを目標に
    個別練習と記録狙いを兼ねた通し練で地道にタイムを縮める。
    意外と平日の練習時間も確保でき、10月中旬に55分切り。



    変なバグ技がほとんどないので、自分の足りないポイントがわかりやすく
    練習すればするほどタイムが縮んで楽しい時期でした。
    10月末にはW5のボス「ブリーク」をカットする1fの大技「ブリークカット(ブリカ)」を導入。
    ビギナーズラックの1発でカットできたため、割といい感じのタイムに。



    この頃には、11月~12月開催のドンキーコングラリーというイベント開幕が近づく。
    ただ、思うところがあり、50分が切れたらイベントに参加することを決意&Twitterで宣言。
    W7がめちゃくちゃ遅いので、特にW7とW3,4を練習して、11月中旬に自己べ更新。



    練習ではW7を9:30ぐらいで抜けられていたので、練習通りにできていれば50切りもあったのではないか...と悔やんでも遅い。
    この頃にはW2のボス「アーリック」も被弾なしで抜けられるようになったので
    W4から先に行くタイマーに変更。
    ドンキー3の面白いところで、W3と4はどちらでも先に行ける仕様になっています。
    ボスの倒し方や先頭のコングによって戦略が変わるとか変わらないとか。
    正直、そのあたりの検証を一切していないのでよくわからないです。

    そろそろブリカ1発で決めないと自己べ出ない雰囲気になってきたので、
    後半Wをさらに強化してブリカに余裕を持たせ50切りを目指す方針に。
    しかし、中盤のミスやブリカが決まらないなどで50分前半は出せるけど
    50分切れる気がしない日々が続き発狂しかける。
    この頃の支えは縮んでいくSoBだけでした。
    そして、ドンキーコングラリーの参加締め切り内に50分切れず、参加を断念。
    そしてつらい3週間を経てついに目標達成。
    ブリカ2発&W7チキンプレイでこのタイムは満足です。



    48狙うのもありですが、年内で終わらなくなりそうなのでまたの機会に。


    今年を振り返って
    年始に立てた目標は実は、102%の1時間半切りだったりします。
    でも2月のドンキー五輪に参加して他の作品を触ったことで気が変わり、
     ・年内に全作品(=1と3)に触れる(元々いつかは触るつもりだったけど)
     ・やるからには初心者の目標である101%と3any%の50分切り
    を目標に切り替えました。割と流されやすい
    だからドンキーラリーは目標達成できたら参加という制約を設けました。絶対ぶれるから

    今年1年は、名古屋オフで解説に挑戦したり、スマブラ64リレーにall stagesで参加したり、
    本命の101%では新人大会に参加したり、
    ドンキーシリーズRTAを堪能するという点では100点の年でした。
    それに、1や3で培った経験は102%にも還元されるはず!
    来年こそは102%1時間半切り目指して頑張ります。
  • 広告
  • 最初の配信環境とS端子を導入した話

    2019-09-16 00:31
    今回は、自分の配信環境について見直したお話です。

    これまでは右も左もわからなかったこともあり、割とテキトーに配信していました 今もだけど
    スマブラ64リレーに出場する(した)ので、配信玄人の方も間違って自分の配信に来るかもしれない。
    もしそんなことがあったとして
    「ドンキー走者は配信に力入ってないな」
    と思われると他の走者さんにご迷惑がかかるかもしれない。

    と考えたかどうかはさておき、気が向いたので少し前に自分の配信を改善しました。

    PCについて
    そもそも配信者になると思っておらず、PCゲームもするつもりがなかったので
    PCの用途は簡単な事務仕事と動画鑑賞ぐらいでした。
    なので最初に持っていたのは1万で購入したデスクトップ(リノベーション品)のみ。
    スペックは
     Windows 7 Home (32bit)
     CPU  Core 2 Duo
     メモリ 2GB
    これで配信ができちゃったんです。
    SFCのゲームしかやってなかったというのもある?

    さすがに新しいPCを買いました。
    コスパ厨なのでそこまでいいのではないです。
    懲りず大して調べずに買ったのでスペックなどは内緒。

    S端子導入について
    動機は「配信画面暗いですよね」というご意見を頂戴したこと。
    関西オフの時にS端子を使って云々という話を教えてもらったのを思い出して実践。
    参考にしたサイト

    配信中にケーブルが届いたので、配信後に早速ケーブルを替える。
    OBSの「ソース」の「映像キャプチャデバイス」から映像を取り込...めない!
    そこで初めて知る。プロパティ(歯車のアイコン)のデバイスのところに「映像を構成」という項目があることを。
    ここを開いて「VID INPUT」の「2/S-VIDEO」を選択しないといけなかったんですね。
    これまでは黄色を分配していて、繋いだ瞬間に映っていたのでシラナカッター
    しかも上に「画像の調整」というタブがあるじゃないですか!シラナカッター
    明るさとかちょっと調節しました。
    あと、別の配信者さんにアドバイスをいただき、インターレース解除しました。
    参考にしたサイト

    おかげさまで、初めてリスナーさんに画質良いですねと言ってもらえたり なお1回のみの模様
    自分みたいな人間もいますが、知識があって配信に気を遣っている人も多いので
    他にも聞いてみるとOBSの設定含めいろいろなこと教えてもらえるかも。
  • ドンキー1RTAを始めたら大会にも出ていた話

    2019-09-15 23:32
    こんにちは。お久しぶりです。あぶです。
    さて、今回は4月中下旬から始めたスーパードンキーコングRTAのお話です。

    前回のブロマガで少し触れましたが、ドンキー1は2と同じく想い入れの深い作品の一つです。
    2を始めたころの1の印象と言えば、

    飛鳥文化アタック(JR)! 大化の改新(SJR)! 1fのオンパレード‼

    やってみたいけど自分にはムリ\(^o^)/

    しかし、そんな絶望の中に一筋の光明の光が...

    SFR(Super Free Roll)

    ロープを使った仕込みにより1fではなく条件がそろえば自在にSJRを出せるようになりました 低難易度、高取れ高!!
    2018年に発見されたてホヤホヤの技です。
    結論を簡単に言うと、1fチャレンジの数が減ってRTAを始めやすくなりました!

    春は新しいことを始めるにはちょうどいい季節。
    というわけで、4月にひっそりとドンキー1RTAをスタート。
    使用したROMはU1.0。海外版は日本語版と大きく異なって(RTA的にはもはや別ゲー⁉)
    早いタイムが出しやすいといわれてます。
    そのため、speedrun.comのルールで走っており、ニコ生RTAのルールとは結構違うので注意!


    All Winkys
    なんだよ、Alll Winkysって?と思われたそこのあなた。当然の反応です。
    とりあえず操作に慣れるのに簡単そうで短めのカテゴリーをと思って見つけたのがこれ。
    全てのカエルに乗る、カエルのトークンボーナス内の大トークンに触れて終わり。
    10分程度で終わる優良カテです。口寄せの練習も兼ねてカエルと戯れてみました。



    自己べとSoBが一致する完璧な走りでした(ウソ)
    半分お遊びなのでこのカテはこれでおしまい!


    Old Summon
    All Stagesの後半練に勧められて始めたカテ。日本語で言うと旧口寄せ。
    1-1から4-5(U1.0だと中間バレル)にワープして、あとは普通に進んでクルールを倒す。
    後半は特に難しい、1fが多い ⇒ プレッシャーが半端ない
    なので結構タフですが、今でもAll Stages後半を嫌っていないのはこのカテのおかげです。
    ただ、一番最初に触るには難しすぎたかな?
    とりあえず、1fなしで練習を始めてGWに初通し。



    そのうちにゲームセーバーを酷使した1f練も開始しました。
    All Stagesを始めてからも後半練に記録狙いを続け、今ではそれなりのタイムに。
    6-1kremの新セットアップの発明やSFRの存在も大きかったですね。



    6-5で1乙してるので、もっと詰められる。
    今では初の試行回数1000回越えタイマーに。
    今後もDKC1を忘れないように定期的に触る予定です 予定は未定


    All Stages
    ドン1で一番メジャーなカテ。日本語で言うと全ステージ。目標は35分切り。
    Old Summonも通したことだし、同じくGWに初通し。



    ちなみにAll Winkysを触っているときにスマブラ64リレーでAll Stagesの募集が発表され、
    締め切り(5/18)までに1fなしで40分を切れたら応募することを決意
    と言いつつ初の大会応募なのでちょっとチキンに
    あと、GW中にドンキー1&2新人大会の発表もあり、こちらには101%で応募。



    無事5/12に40分切りを達成して応募。
    ドンキーは応募6名になったので2区間設けられ、とんこつさんと同じCチームに。
    主催様、運営様ありがとうございました‼
    エグいメンバーとのレースになったのと、短距離競技とは言え同じチームメンバーに迷惑はかけられないので、何としても当日(8/3,4)までに目標の35分切りを達成せねば!
    1か月後には割といいタイムに。



    余裕が出始めたので、101%の練習と興味のあったany%にも手を出す(後述)。
    1か月足らずでAll Stagesに復帰。



    7月下旬には目標達成。
    まだまだ伸びそうなので、初の比較枠で弱点を探る...予定も直前にJRが決まって自己べ更新。



    比較の結果、特に中盤に伸びしろを感じ、記録狙いを封印してひたすらW練と通し練。
    特にW4はかなりレベルアップしていざ本番!目標は35分台に収めること‼



    はい、1-1で乙りました...が練習の成果がばっちり出て、中盤で巻き返す。
    W5でグダったのと6-1JRが出なかったものの、6-5JRを決めて最終35分切りでフィニッシュ。
    個人的には初の大会、一発勝負として(1-1以外)満足の結果です。一応6人中2位。結果
    自己べを出してからSoBも40秒縮め、34分切れそう!ということで大会後も少し自己べ狙い。



    タイマーの背景がかわいくなった効果もすぐに現れ!?自己べを更新。
    6-1が出なくても自己べが出たことには手ごたえを感じつつも、33分台には届かず。
    新人大会も近づいてきたので、34分切りは断念して101%に移行。


    101%
    2月のドンキー五輪(ニコ生RTA基準)でボーナス位置は予習済みのカテ。
    とは言え、海外版では初挑戦。目標は50分切り。
    正直始める前は、All Stagesより長くて1fをミスった時のダメージが軽いのでは?とか
    50分切りも意外と早く達成できるのでは?とか思っていた。

    先にAll Stagesで動きがある程度できていたので、7月の3連休にはそこそこのタイムに。



    いったん中断して、スマブラ64リレー後に101%を再開 100%?通し練で腐るほどやらかした



    動作がよくなっていたので、JRが出なくても自己べ更新。
    相変わらず、SoBとの乖離の少ない自己べだけど、すぐ50分切れると思っていた。
    その予感は翌日の並走中に思わぬ形で的中する...



    道中がクソofクソだったけどJRが決まりに決まって50分を切ってしまう。達成感はない。
    結局(自分の実力だと50分切りは)1fゲーじゃないか!
    SoBが1分半近く縮んでるのエグい!

    大会1~2週間前に道中がクソだったことに心を痛めてW練と通し練に専念。
    割とW4まではある程度安定して(自己べのタイマー比で)1分近くマイナスがつくように。
    しかし、1fの壁は厚かった。ボーナススキップが決まらないのもじわじわ効いてくる。
    大会までにもう一度49分台は出たものの、自己べを更新できず当日に...。
    目標は1-1乙らないのと50分台に収めること。



    出た!JRが出た!そして自己べ大幅更新‼
    5-2はDDだったものの6-1birdも6-5も出た!
    4-1で1乙しちゃったりいくつかミスはあったものの、
    マップワープ後の3-5で乙防止の大会用ルートを使ったり3-3SJだったり安心と安全を重ね、
    グダらずピリッとした走りが大会でできたのは良かったです。
    JRが一つも出てなくても50分ぐらいの良タイムですね。
    あと、101%の部で優勝できました! 大会結果
    意外と1fのダメージが大きかった101%はおしまいで、次は呪いから解放されたカテに!


    No Major Skips
    SJなどの技やワープバレル、ショートカットを禁止したカテで、ぼくがドン1RTAを始めてから主要カテゴリーに仲間入りしました。
    さて、ここで思い出だしてください、ぼくが1f無理マン(せめて3f欲しい)で通常プレイ大好きマンであることを。
    タイミング的にも、ぼくが走るために主要カテに入ったといっても過言ではない!
    とは言え、これまでMiscellaneous(雑多な、その他の) Categoryに入れられており、
    それなりの目標もよくわからずとりあえず45分切りに設定して練習開始。



    初通しはこんなもんでしょ!と言いつつ、同日に45分台。



    設定が甘かったかと思いつつも、その後自己べが出ず鍛錬。
    1週間ほど頑張った結果、いくつか自己べを経て45分を余裕で越え、最終はこんな感じ。



    W5を縮めれば42分前半も行けそうと思ってチャレンジするも、
    平日の余裕がなくなってきて、しっかりとした練習が難しくなりこれ以上は断念。
    ドン1は超スピーディー爽快ローリングアクションゲーなので割と体力をもっていかれます。
    W1,2とか上手くなってきたのでちょっと惜しいですが、年内の他の目標もあるので仕方ない。


    any%(おまけ)
    不正ワープでW1 → 3-5 → 6-2 ...と進むぶっ壊れたカテ。
    6-3SFRを使えば8分台は誰でも達成できると聞いてチャレンジ。
    6-1を通らないし、W6もグダらなかったので6-5JRすら要らずに達成してしまった。



    8分という響きにあこがれて走ったものの、壊れてる感があまり好きになれず、おしまい。
    観てる分には楽しいんですけどね。
    3-5はもう通りなくない 裏切者とDKバレルと一方その頃は許さん...が一番許せないのはドンキーお前だ


    ドン1まとめ
    ドンキー1を始めたきっかけは、
     ・ローリングの爽快感を味わいたい
     ・SJRやってみたい/SJR使えば1fチャレンジ少なくて済む
    という単純な動機でした。
    目標はドン1を始める前に決めていたタイムですが、大会への参加を通じて
     ・大会本番一発勝負でそれなりのタイムを出すためにはどうすべきか
    を考えて練習を重ねました。
    それゆえにAll StagesではSJRを一切練習せず、少し遅くてもSFRを使った安心・安全の戦略でした。
    それでも
     ・一般的に早いと認識される(当初の目標)タイムは出せた
     ・大会でそれなりのタイムを出せた
    のでかなり満足です。それに加えて
     ・無理しなくてもそれなりの安全ルートでしっかり練習して
      乙らなければそこそこのタイムは出せる
    ことをこの身で体感できたことはこれからもRTAを続けるうえでかなり重要な気がします。
    ただ、ちょっと心残りなのはそこからもうひと段階レベルアップしたかったところですね。
    上で少し触れましたが、忘れてしまうのは惜しいのでOld Summonはちょこちょこ触るかも。
    濃い5か月をありがとう!

    次の目標は年内にドンキー3 any% 50分切り。平日厳しいですが頑張ります。