• 2019年1月19日 あいの水尾川水門 メバル狙い

    2019-01-19 21:20
    鳴門 あいの水尾川水門 16:30~18:00
    土佐泊満潮17:27、干潮11:44(大潮)、天気:晴れ
    旧暦12月14日 月齢13.1 水温:測定せず


    1月16日たんぽぽ開花(徳島地方気象台発表)
    昨年は2月9日

    またもやメバルです。
    前回と同じ場所、同じ仕掛け。
    ただし今回はケミホタルあり。
    ------------------------------
    のべ竿 5.4m
    道糸は1号のナイロン
    浮き無し
    5Bのガン玉
    サルカンをつけてハリスは0.7号の針はチンタメバル7号
    エサはイシゴカイ
    ------------------------------





    釣り開始が16:30で満潮が17:27。
    始めてからほどなくして潮が止まる。




    ここ潮止まるんだ・・・


    で、下の方に仕掛けを落とすと





    まだいるし


    このほか
    ちょっと見辛いですが、これハオコゼ
    久しぶりに顔みました。

    このほか画像がないのですが、クジメが1匹。


    満潮時間帯を過ぎると、今度は水門に向かって潮が流れ始める。



    ここ潮、小鳴門海峡に向かっても流れるんだ




    肝心のメバルはさっぱりで、
    都合により18:00で終了。

    次回は別の場所にしてみます。




    にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村





    今日の釣り場、ココ


  • 広告
  • 2018年12月23日 あいの水尾川水門 メバル狙い

    2018-12-23 23:036
    鳴門 あいの水尾川水門 14:40~18:00
    土佐泊満潮18:49、干潮13:05(大潮)、天気:くもり一時雨
    旧暦11月17日 月齢15.8 水温:測定せず


    一応狙いはメバルです。
    ------------------------------
    のべ竿 5.4m
    道糸は1号のナイロン
    浮き無し
    5Bのガン玉
    サルカンをつけてハリスは0.7号の針はチンタメバル7号
    エサはイシゴカイ
    ------------------------------


    手袋と同じ色になってて見辛いですが、
    5Bのガン玉つけて脈釣りで狙います。

    17時半が日の入りで大潮で、18:49が満潮。
    大潮で日没にかけて上げ潮なら釣れる可能性大だろうと意気込んで
    14:30過ぎに意味もなく来てしまったわけですが


    ちゃんと歓迎してもらいました。





    しかも連発。
    いやもうほんとすごい釣れる。



    フグが。




    と、いいますのも

    ちょっと遠目で分かりにくいけれど
    イワシの回遊があるようで水門付近でたくさんの人がサビキをやってらっしゃる。



    で、潮の流れはこの水門から

    中に入ってきて水路を抜ける感じ。

    つまり、私のいる方にコマセが大量に流れてきているわけですね。



    そりゃフグもたくさんついてるわけですよ。

    実際マイワシも釣れたし。




    ちなみに日があるうちにこのフグ
    なんとツ抜け(11匹)。



    ですが、これがメバルの釣れない言い訳にはならない。
    なぜならメバルだってアミエビ好きだろうし。

    それにそもそも、
    夕方になってサビキの方々がいなくなってしばらくしたら
    フグ釣れなくなった
    ので、影響は一時的だったと思います。


    メバルはやっぱり夜行性。
    日没前後が本番だろう
    と仕掛けを流れに任せて沈めてみるも
    その後はさーーーーっぱり釣れず
    18時くらいで止めました。


    途中雨が降りましたが一時的。


    むこう数ヶ月分のフグを釣ったので、今年最後に
    いい厄落としになったと思いましょう。
    (来年はもう釣れないと思う)



    ※イワシはリリースしました





    にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村





    今日の釣り場、ココ


  • 2018年12月1日 粟津港(堤防) タチウオ狙い

    2018-12-01 09:232
    鳴門市、粟津 3:30~6:50AM
    粟津満潮06:32AM、干潮13:59(小潮)、くもり
    旧暦10月24日 月齢23.5 水温:測定せず



    徳島地方気象台発表
    11月27日 かえで紅葉



    前回のブログで最後に
    普段浮き釣りしかしていない私に釣り方をレクチャーしてくれる人募集。
    (てんや釣り)


    と書いたら本当に御覧頂いている方が教えてくださいました。


    現地で3時半に落ちあってご挨拶。
    (すみません。今更ながらなんでこんな早い時間を指定したのか、我ながら分からん)




    といっても巻き方やアクションの仕方、ではなく
    仕掛けにひと工夫というもの。

    まず

    太刀魚ゲッターにアシストフックを付ける。




    こんな感じになる。
    (アシストフックはそのまま頂いてしまいました。ありがとうございます)

    で、さらにケミホタルを付ける・・・
    わけですが写真忘れてしまった。

    動画から抜き取り

    赤い矢印の所にケミホルダーでケミホタルを装着しています。
    太刀魚ゲッターの腹部分。光がまぶしくて見辛い・・・。


    そして
    ワイヤーリーダーを使わない。

    ワイヤーリーダーだとタチウオが警戒して食いついてこない事があるので、
    使用しない人の方が多いらしい。

    聞く所によるとタチウオはルアーやテンヤのお尻の方から食いついてくるので、
    実はあんまりラインを切られることはないそうです。
    でも切れる時は切れます。その時は990円の太刀魚ゲッターがおさらばです。
    泣きましょう。ともに。



    ----------------------
    エギングロッド(エメラルダスMX)
    道糸:PEライン1号
    リーダー:フロロライン2号
    仕掛け:太刀魚ゲッター5号
    エサ:冷凍キビナゴ
    ----------------------

    先端から浮き釣りの人が数名いらしたので、堤防のやや真ん中あたりに陣取る。


    これはだいぶ明るくなった頃の写真ですが、
    今日は全体的に渋かった・・・

    しかし真っ暗なうちからそのブログ読者の方(先生)が2本揚げられる。
    ううむ。
    流石。周り全然つれてないのに・・・
    表層を巻いてアタリ、とのこと。


    はてさて、こちらはというと、
    投げて巻いてを繰り返すもアタリらしきものはあるけれども掛からない。
    たまに足元直下でもアタリがある。でも掛からない。

    こういう時はお互いに気を遣うわけです。

    アドバイス頂いた手前、釣れないとなんだか面目を潰したようになるし、
    アドバイスした側に至っては相当ハラハラされたんではないかと思うのです。


    釣れるように誘導したつもりが、釣れない!?
    でも自分はちゃっかり釣っちゃってる!?
    いやこれもう、ウデの差であってどうしようもない問題なんちゃうん!??

    そうだ釣れなかったら
    「下手くそでしたねw」で済ませよう!




    ・・・なんて事はないんでしょうけど
    明け方に私にガツン当たって

    指4本が揚がった時は、
    自分の事のように喜んでらっしゃいましたよ。ええ。
    (ほんまありがとうございます)



    ちなみに掛かったのは頂いたアシストフックでした。これまた流石

    結局この1本だけで終了。

    先にも書きましたが全体的に渋かったようです(浮き釣りも数名いらした)。

    シーズンもそろそろ終わりだろうか・・・


    釣りをするにあたっては他の方から情報やアドバイスをもらったりする事も重要ですが、
    今日教えて頂いて実感したのは

    一つの仕掛けや釣り方でそのままで満足しない。
    何か手を加えればもっと釣れるんじゃないか。
    もっと確実に掛けられるんじゃないか。
    その辺を探求していくことの大事さ。

    でございます。

    「釣りするなら当然だろ」
    と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
    これがなかなか出来そうで出来ないんだなぁ・・・


    関連動画


    にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村





    今日の釣り場、ココ