• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 次回配信予定
    • 2019/10/21
      アクセスジャーナルNO.79(2019年10月21日)慶應アメフト部監督に反社関与重大疑惑

    アクセスジャーナルNO.78(2019年10月14日)近く上場か――このご時勢に大手企業の株券出回る

    2019-10-14 07:00
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            アクセスジャーナル <メルマガ版>

        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!

                    2019年10月14日号:VOL.78

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     1.反原発町長「暗殺指令」の著者に聞く
       ――元助役の後ろ盾は「関電」の内藤元副社長。地元支社長らには
         自宅をプレゼントか

     2.口封じのため!? あの「武田病院グループ」(京都)から、
       理不尽な理由で追放された武田家長女一家

     3.今週の相場展望(10月7日~10月11日)&MY注目銘柄

     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(745)
       「近く上場!? このご時勢に大手企業の株券出回る」

     5.再建屋「オーロラ」が手掛ける「淡島ホテル」に第三者破産申立
       ――「被害者の会」設立で徹底追及も

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.反原発町長「暗殺指令」の著者に聞く
       ――元助役の後ろ盾は「関電」の内藤元副社長。地元支社長らには
         自宅をプレゼントか
    ----------------------------------------------------------------------

     「関西電力」(9503。東証1部)の幹部らが高浜原発(4機)のある福井県
    高浜町の元助役・森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で
    関電は10月2日、2回目の記者会見を開いた。

     だが、その席で、森山元助役がつい最近まで関電側に大きな力を持っていた
    のは、そもそも高浜原発の営業開始(最後の3・4号機が85年)まで、当時、
    原発の“裏仕事”まで関電側で担当していた実力者・内藤千百里元副社長(昨
    年1月、94歳で死去)の下、尽力した実績あってのことではないかと本紙では
    指摘していたが、その内藤氏の名前が出ることはなかった。

     今回の金銭など授受の背景には、その関電側との癒着、言い方を替えれば“
    恥部”を握っていたからだとすれば、スンナリ理解できるひじょうに重要な背
    景に関することと思うが、これは本紙のオリジナルではなく、今回、注目の森
    山氏が助役をしていた(77年から87年まで)同じ高浜町の今井理一町長(当時)
    に対する「暗殺指令」が下っていたことをレポートした『関西電力反原発町長
    暗殺指令』(11年12月発売。宝島社)の著書、齋藤真氏の受け売りに過ぎない。

     取材したのは関電の2回目の記者会見前日のことだった。

     以下、その主なやり取りを報じる。

     なお、10月3日に発売された『週刊文春』、『週刊新潮』の森山氏に関する
    記事のなかに、齋藤氏の発言の信ぴょう性を裏付ける箇所が何点かある。その
    部分は、インタビューのなかで注意書き(*)として入れた。

    ――今回の関電の問題が高浜町の元助役との報道を見て、真っ先に齋藤さんの
    本のことが浮かびました。それで保管していた著書を改めて見ると高浜町で
    「エムさん」と呼ばれる原発関係の影の仕切り人というのが出ていておや!? 
    と。これは森山さんのことで間違いないんですよね。

    齋藤「間違いありません」(以下、「」内はすべて同)

    ――ただ、そこには助役をやっていたとの記述はない。

    「私は、そうは聞いていませんでした。そうではなく、“同和の実力者”と聞
    いていました」(*『週刊新潮』で森山氏は若い時分から解放同盟の活動をし
    ていたとの関係者コメントを載せている。また、解放同盟福井県連は50年も前
    に1、2年だけとコメントも)
     
  • アクセスジャーナルNO.77(2019年10月7日)「関電問題」元助役の後ろ盾は内藤元副社長か

    2019-10-07 07:00
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            アクセスジャーナル <メルマガ版>

        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!

                    2019年10月7日号:VOL.77

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     1.「ソニー」の信用を悪用か
       ――「ジャスミー」の仮想通貨詐欺疑惑(3)

     2.今週の相場展望(9月30日~10月4日)&MY注目銘柄

     3.「関電」幹部金品受領問題――元助役の後ろ盾は内藤元副社長か

     4.あの傷害致死事件被告がやっていた「違法建築」の手口

     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(744)
       「ソフトバンク、レオパレス創業者のMDIと業務提携」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.「ソニー」の信用を悪用か
       ――「ジャスミー」の仮想通貨詐欺疑惑(3)
    ----------------------------------------------------------------------

     ソニーの元社長と幹部が設立した「ジャスミー」(東京都港区)。しかも、
    そのジャスミーが掲げる事業コンセプトが、ネットワークサービスの多くがGA
    FA(Google、Apple、Facebook、Amazon)などに代表される巨大な企業が独占
    するなか、そのデータ主権を我々生活者の手に取り戻した「ジャスミー IoTプ
    ラットフォーム」を展開すると、何とも魅力的だったこともあり、仮想通貨の
    名を借りたかなりの被害が出ていると思われることから、今年8月27日、8月
    31日と報じたこの疑惑、追加情報が入ったので報告する。

     本紙が注目しているのは、ジャスミーが7月16日、同社HPに、「近時、当
    社の名を語って仮想通貨を販売する者がいると問い合わせがあるが、当社は一
    切関係ありません」旨の注意喚起IRを出した件ではない。

     時価総額ではビットコインに継いで2位の仮想通貨「イーサリアム」(EH
    T)のかたちで、5億円ともいわれる借入れを行っている(仮想通貨消費貸借
    契約)と見られる件だ。

     この借入人、2回目記事ではB社に止めていたが、
     
  • アクセスジャーナルNO.76(2019年9月30日)登録取消になった東郷証券のその後

    2019-09-30 07:00
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            アクセスジャーナル <メルマガ版>

        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!

                    2019年9月30日号:VOL.76

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     1.青山メインランド社長恐喝事件で新たな逮捕(続)

     2.中国上場飲食企業の日本店舗で、
       中国人社員が日本人客を首絞めし警官出動

     3.今週の相場展望(9月24日~9月27日)&MY注目銘柄

     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(743)
       「登録取消になった――東郷証券のその後」

     5.本紙取材申し込みを無視
       ――詐欺被害に会ってもIRしない「穴吹興産」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.青山メインランド社長恐喝事件で新たな逮捕(続)
    ----------------------------------------------------------------------

     本紙の記事が悪用された、「青山メインランド 」西原良三社長に対する恐
    喝事件で、警視庁組織犯罪対策3課に、まず7月9日に小林英雄、堀川嘉照両
    被告(起訴済み)、次いで7月13日に松浦正親、山田浩貴両被告(起訴済み)が
    逮捕されたのは本紙でも既報の通り。

     それから2カ月近く経つも、4人とも保釈は認められず、接見も親族以外は
    認められていない模様。公判日も決まらずおかしいと思っていたら、9月11日、
    新たに川又誠矢容疑者が小林・堀川両容疑者の方の共犯として逮捕されたのは
    本紙既報の通り。

     その川又容疑者逮捕の際、追って詳報を報じるとしていたが、この間、先に
    報じるべき記事が次々出て来たためすっかり遅くなってしまったが報じる。

     この川又容疑者、芸能プロダクション社長だが、実はマスコミ、芸能関係な
    どの事情通の間ではかなり知られた存在だった。

     そもそも、川又容疑者が有名になったのは、人気を博したものの暴力団幹部
    も関わる恐喝未遂事件が起きてTV報道が解消になった人気格闘技団体「PR
    IDE」の選手引き抜きを巡る被害者としてだった。本紙で2006年6月に
    報じている。

     その後、芸能プロダクションの経営に関わりながら、トラブルシューターと
    して知られ、本紙では13年10月、プロ野球巨人軍選手の件で記事にしている。

     そこに持って来て、今回の恐喝事件、先に逮捕されている4人は逮捕時、大
    手マスコミで実名で報じられ、松浦正親被告以外は顔もTVで流れた。ところ
    が、川又容疑者は逮捕された事実さえ大手マスコミでは一切報じられていない。

     これは、どういうわけなのか!?