6-5下ルート編成(試製)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

6-5下ルート編成(試製)

2019-04-21 05:00
    4.21.2019. 作 ※更新予定はありません。
    要旨
    ・毎月のEO消化のための編成考察。
    ※当文は筆者の覚書です。運用の一切の責任を追いません。

    結論


    基地航空隊
    第一           第二

    一言
    • 大和型つかわないから安いけど、効率的かどうかはしらにょ・。・
    詳細
    航空戦St1
    ・ボス(Mマス):基地航空隊拮抗×拮抗 → 本隊制空権優勢(99.54%)。(下図参照)
    ※伊勢改二の瑞雲がツ級の対空砲火(5?)を受けたと仮定しました。
    (瑞雲熟練機の固定撃墜の逓減率については、現在未解明?)
    運営ツイートリンク

    ※航空戦の計算はばいなりさん作成の制空権計算機を使用しました。


    航空戦St2
    ・道中(Iマス):対空砲火(固定(50%)+最低保証撃墜)によってフラヌ軽母の攻撃機スロット22機を全滅させる(下図参照)。
     ダメコンを使用しない場合は、鈴谷・由良の増設スロにそれぞれ噴進砲や高角砲を積み、全艦50%の確率で完墜することが可能です。
    ※撃墜数の計算はNishisonicさん作成の対空砲火計算機を使用しました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。