6-2下ルート編成
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

6-2下ルート編成

2018-10-11 11:53
    10.11.2018. 作 ※更新予定はありません。
    要旨
    ・6-2下ルート周回編成
    ※当文は筆者の覚書である(怪要素含む)ため。運用の一切の責任を負いません。


    結論


    諸項目
    • ネルソンタッチ:道中2戦目(Jマス)使用。
    • バルジ駆逐:四枚搭載で道中生存力↑。
    • 重巡:夜戦火力確保のために主砲2積み。
    • ダメコン縛り。
    詳細
    バルジ
    ・駆逐艦のバルジの枚数は1or2or4が考えられるが、以下には、4積みのメリット・デメリットを簡単に示す。
    ※汎用バルジ艦である陽炎型改二(素装甲53)をモデル艦とした。

    メリット

    道中大破率の減少:道中の敵火力レンジにおいて、厚めである最終攻撃力帯[79,110}計5隻の対策。(下図参照)
    ※防御面における考察の焦点は、敵艦が比較的残りやすい反航戦にあてるが妥当であると考えた。
    反航戦時、攻撃力帯[79,110}を装甲受けしやすい。(下動画参照)
     下動画を見ると、フラヲ改-フラヌの間の攻撃力帯を高乱数で装甲耐え中破できることが確認できる。

    参考:自軍防御力と主な敵艦攻撃力の分布を下図に示した。


    デメリット

    ボス戦での微戦力ダウン。

    (6-2道中に出現する主な敵火力艦情報 参照:艦これ英wiki

    (自艦防御力と主な敵艦攻撃力の分布)


    駆逐艦の装甲乱数別の被害分布の推移 ※搭載バルジ数ごとの比較
    帯色:青-割合ダメージ,緑-装甲耐え中破以下,赤-装甲耐え大破,黄色-ストッパー
    表示:上からバルジ4枚-2枚-1枚

    統計
    ※10.11.2018. 時点。※ poi-statistics 参照
    まるゆ:約1.865%(S勝利)
    出撃比S率
    317/400 (0.7925)
    出撃状態下限:重巡系小破未満、駆逐耐久max、戦艦空母耐久60%以上









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。