ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

艦これ 6-1 中部海域レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ 6-1 中部海域レポート

2014-09-26 20:26
    さて、当初はただの飛鷹・隼鷹の追加ボイスくらいだと思っていたのに、
    いつのまにかビスマルクのさらなる改装が予告され、
    ついには新海域が2つ追加という…。

    そして、中部海域が開放されたわけですが…、
    まずは第一海域の潜水艦主体となる作戦、「中部海域哨戒線」








    簡潔に個人的な感想を述べます。
    運ゲーです。

    ※以下、6-1は検証中であり、確定情報ではありません。
     攻略される提督の皆様は、ツイッター・Wiki等で情報を十分に収集したうえで、その信憑性等を考慮して、
     編成・装備の判断をお願いします。
    ルートは3つありますが、
    中央の大鯨ルート(?)が3戦目でボスという最短ルートになっています。
    (画像は、中央ルートです)
    下ルートは、潜水艦以外の艦(?)を入れた時のルートで、1戦目で戦艦とぶち当たります。
    上ルートは、大鯨なしのルート(?)で、対潜編成と当たるので、被害が中央に比べ増えます。

    というわけで、大鯨が未実装の提督方以外は、中央ルート、大鯨を入れるのがおすすめです。
    (ただし、大鯨で中央固定でないというWikiコメも未確定ながらも、確認されています。
     私は、大鯨+潜水5で10回程度出撃し、全て中央ルートでしたが、
     大鯨固定でない可能性もあり得ますので、最新の情報をもとに攻略をお願いします)

    ボスに行くためには索敵値が必要となります。
    試製晴嵐2積みで、ボス行ったというツイッター情報があり、
    また私は、試製晴嵐2+観測機1で、ボスに行っています。

    潜水母艦or潜水空母に偵察機・爆撃機系の装備が必要となってきます。
    また、道中において、試製晴嵐・瑞雲を装備させていると、多少ではありますが、
    事故リスクの軽減がはかれる場合もあります。

    運ゲーと述べたのは、まず、先制雷撃のターゲットが重要となってくるからです。
    敵は、軽巡・駆逐を中心とした対潜編成です。(ボス手前では重巡も出現します)
    つまり、先制雷撃が一隻に集中すればするほど、戦いは厳しくなります。

    また、大鯨を入れた編成では、雷撃フェイズにおいて、敵艦隊の雷撃が大鯨に集中します。
    大鯨のキラ付け・缶装備・ダメコン装備など、道中を凌ぐ戦術を考える必要があります。

    あとは、交戦形態も重要になってきます。
    道中においては、ひたすらT字不利又は反航戦を祈るしかありません。
    T字有利は、潜水艦の大破撤退・大鯨の大破撤退の要因となります。
    (T字有利や同航戦で、うまく潜水艦の攻撃がばらければ、先制で撃滅できますが、運次第です)

    意図的に、T字不利を出す手段・T字有利を回避する手段は現状ありませんので、お祈りです。

    というわけですので、クリアできる人はすぐクリアでき、はまってしまう人は苦労するステージです。
    6-1は、通常海域であり、期間限定海域ではありません。
    今クリアできなくても、ゆっくりと挑戦を続ければいいのです。
    大切な艦娘を失わないためにも、冷静な心を失わないように注意してください。

    「帰ろう、帰ればまた来られるからな」




    参考までに私の編成を。大鯨が低レベルですが、何とかいけました。
    2戦目でT字不利引いたので、ダメコン発動もせず、無事クリアできました。
    あっさり行くときは行く。行かない時は行かない。
    そんなステージです。














    そして、余談ですが、Bismarck dreiが実装されましたね!
    …戦艦に雷撃ですか…。通常の雷撃フェイズでの威力は、それほど高くはないと思いますが、
    夜戦システム上、夜戦攻撃力が上昇するのが強みですね。
    Bismarck自体の入手難易度が高い上、設計図を2個消費するのが難点ですが。
    新型偵察機「Ar196改」は、零偵の上位、零観の下位に位置する偵察機といったところです。
    対潜・命中は、零偵よりも高いステータス値となっています。



    しおいこと、伊401も大型艦建造で入手できるようになりました。
    伊401を求める提督の皆様方は、艦隊運用に支障の出ない範囲で、無理なく大型艦建造を。

    さて、では6-2に行ってまいります。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。